安楽死とは言えない安楽死・・・

次号のHawaii Peopleフリーマガジン  http://www.hawaii-people.com

内に設ける事になったAloha Doggiesと言うページの撮影に友人達のワンにご協力頂きました・・・お疲れ様でしたぁ~ 

日曜日は撮影にあたった時間は運良くも雨にはならず、気持よく撮影し、それぞれのお話を伺う事も出来ました。 

撮影に参加した私の会社の若手スタッフ達も、私以外の人間から、動物愛護の抱えている問題など、その実態を話しを伺うだけにしても垣間みる事ができ、今後の彼らの動物との関わり方を左右する1日となりました。 

人間の勝手から生まれている子犬達をオーナー自らの手で保健所に持ってくる・・・その子達の結末は、一般の人達がひたすら信じている『安楽死』・・・でもけっして、それは『安楽死』ではなく、中には生きたまま焼かれる犬もいます・・・こんな実情を先日どこぞのテレビが取り上げてくれた事で、一般の人達にも少しは知れた事かと思っています。

子犬を抱き上げ何をするのかと思えば、前足2本を折って、悲鳴を上げている子犬を腕から落とし、ただかけ去る中学生・・・なんか陰険な国民ですよね・・・

この撮影には、私の26歳の息子も参加したのですが、自分が犬を飼ったりする時には、恵まれない環境にいる子達の中から引き取るって言ってくれた事が私にはとてもうれしく、Hawaii Peopleと言うフリーマガジンの発行をしてよかったと思う一瞬でした。 

今後もこのAloha Doggies と言うページを使って、色々なメッセージを送れたら良いなぁと思っていますし、Happy Doggies達をご紹介して行けたらと思っています。 

たった1ページの事ですが、このページを作るのも、私にとっては初めの1歩・・・これからも1歩づつ、小さな1歩を重ねて行こうと思っています。 

とっても好評を頂きまして、3号は、前号を読んで下さった方々にお送りしようと思った時にはもう我が社に1冊も残っていない・・・(苦笑)ごめんなさいね・・・ 

小さな1歩が物言わぬ動物達の命をつないでいかれたら・・・と願うばかりです。

About tlc4yoko

I’m living in Kamakura, Japan with British husband and 3 lovely labs. Tipi passed away on May 13th, 2011, about 12:50. Now she is running around the sky with a healthy young body and visiting us quite a lot. Now we have Boy GR called Fenn.海辺のまち鎌倉にイギリス人の主人と3匹のラブラドールと暮らしています。ティピは2011年5月13日12時50分頃にお空に帰り、病気から解放され元気な身体でお空を走り回っています。私達の所にもよく遊びに来ます。現在は、ChumlyとLunaの下にGRのFennを迎えました。 (ブログ内に掲載されている写真、画像の無断使用を固くお断り致します。) PINTERESTにペタペタと保存してますので見に来て下さい。 http://pinterest.com/yokoaldred/ 2010年の2月〜2010年7月のブログはmixiを利用しています。お読みになりたい方はメール下さい。
This entry was posted in Doggies. Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s