ホメオパシー否定への波紋…そして私が思う事

最近になって日本でもホメオパシーを投与されていた乳児が亡くなってしまいましたね…亡くなってしまった小さな命に合唱…

ホメオパシーを用いたり用いなかったりって、やはり、私達一般患者となりうる人達が、もう少し自分の中での物事への「知識」などをゲームじゃあないけれどレベルアップしていかなきゃいけないんだと再認識しました。

私はホメオパシー等を長年使っていますが、私の持病の甲状腺腫とバセドー病のメインの治療にホメオパシーは用いません。

しかし、3ガールズとの散歩の時に擦りむいたり、捻挫したりした場合にはホメオパシーも用いますし、オーストラリアのブッシュフラワーレメディも用います…それに日本では有名なバッチ・フラワーレメディも用います。

もし、若い貴女が失恋したのなら…、どこかの角に頭をぶつけちゃったなら…、愛犬が動物病院嫌いですごくハァハァ言い出してしまう様な子なら…、その恐ろしい気持ちや悲しい気持ち、痛くてドキドキした気持ち、次には何が起こるんだろう…と言う様な不安な気持ちは西洋医学の医者の所に行くよりも、ブッシュ・フラワーレメディやバッチ・フラワーレメディのレスキューレメディで対処してみるのも良いと思います。

私は、海外の学校を卒業した息子の『日本語のテスト嫌い』にレスキューレメディを用いました。

そんな感じに使うのなら、本当に体にダメージを与える事なくすばらしい物なのですが…ホメオパシーって。

でも、西洋医学の治療を用いなければならない様な状態を見過ごしてしまう…これは医者の責任でもありますが、私は患者である私達にも責任がある様に思います。

それは、私達に医者を変える権利があるからです。

医者は神様でもない、またみんながみんな「神の手」とされている医者達である訳でもなく、例えば、殆どの人間が「良い人」と言う枠の中に入っても、その「良い人」の枠はとても広くって「すっごく良い人」もいれば「まぁまぁ良い人」も居る訳です。

だから、人間の医者や病院を選ぶのも、動物病院を選ぶのも、実は「あなた自身」な訳で、だれも『その病院に行かなかったら…』と脅している訳ではないのです。

もっと知識を持ちましょう!!

そして、せっかくのすばらしい物を、この無知な社会がゴミの様に扱ってしまわない様に…利用する私達がもっと賢くあるべきだと、心から思います。

私はテレビの「お茶の間ショッピング」で今更ですが『グルコサミンで救われた‥』と言う様な体験談を聞いていると悲しくなります。グルコサミンなんてもうズぅ〜〜ッと 前から西洋では使われていたし、サプリメントとしてたくさんの人たちが食べていたからです。日本はほんとうに遅れているんだと思います。

シリアスな病気にはやはり西洋医学の『悪い場所を徹底的に治療する』方法が必要なのと同時に、その横に、西洋医学では無い物を心のケアに用いるのも良いかとは思います。

私を今から53年前に取り上げて下さって産婦人科の医者はとても先見の目がある方で、またとても勉強家であられました。

彼はその時にはもう、患者への治療に西洋医学だけではまかなえない事がある事を勉強され、東洋医学も用いられていました。彼は不妊治療で有名な方で、日本国外からも患者が治療に見えていたのを思いだします。

患者さん達が口々に仰ったのは、『今までの大病院では色々な指定や指示があったのに、◯◯◯先生は「ご夫婦なんだからご自由になさい‥」と仰るだけなんです‥私をここに紹介して下さったご夫婦も、他の大病院で8年かかって子宝に恵まれず、◯◯◯先生にかかって半年で健康な赤ちゃんに恵まれたんです』…と言う様な話しで、実際に、その先生は「ご夫婦なんだからご自由になさい‥」っていつも仰ってました(笑)

日本の西洋医学の医者達があまりにもナローな物の見方をするのにはビックリなのですが、ホメオパシーの様な歴史のある体への外が一切ないすばらしい物を葬ってしまうのも私達人間ですし、これを上手く利用して行くのも私達人間だと思います。

日本の中では、ホメオパシーだとか、ブッシュ・フラワーレメディだとか、バッチ・フラワーレメディなどはまだまだなじみが薄いと思いますが、呉々も、使う私達がもっともっと賢くならないといけないと同時に、このすばらしい療法たちが間違った扱いを受けないと良いと思います。

西洋においても日本においても亡くなってしまわれた命が、安らかであります様に。

About tlc4yoko

I’m living in Kamakura, Japan with British husband and 3 lovely labs. Tipi passed away on May 13th, 2011, about 12:50. Now she is running around the sky with a healthy young body and visiting us quite a lot. Now we have Boy GR called Fenn.海辺のまち鎌倉にイギリス人の主人と3匹のラブラドールと暮らしています。ティピは2011年5月13日12時50分頃にお空に帰り、病気から解放され元気な身体でお空を走り回っています。私達の所にもよく遊びに来ます。現在は、ChumlyとLunaの下にGRのFennを迎え、若いLunaとFennはイギリスより帰国された磯野麻衣子先生よりイギリスのガンドッグトレーニングを習いトレーニングに勤しんでおります。 (ブログ内に掲載されている写真、画像の無断使用を固くお断り致します。) PINTERESTにペタペタと保存してますので見に来て下さい。 http://pinterest.com/yokoaldred/ 2010年の2月〜2010年7月のブログはmixiを利用しています。
This entry was posted in Uncategorized. Bookmark the permalink.

6 Responses to ホメオパシー否定への波紋…そして私が思う事

  1. HILO says:

    私も同感です。
    西洋医学が全てではないし、ホメオパシーだけも危険だと思う。
    世の中にはたくさんの代替療法があって、それなりに認知されてるはずなんだけどな〜

    そうそう、こちらには選ぶ権利、選ぶ自由がある。
    抗生物質やら予防接種もよく考えて選んでます。

    何だかもっとうまくできないのかな〜とため息をつく私です。

    • tlc4yoko says:

      HILO、その通りだよね〜、患者の私達だってちゃんとした認識を持つべきだよね。

      私もため息つきまくりだよ〜

  2. みんまま says:

    同感です。
    お店でバッチフラワーを扱ってるので、時々講習会を開いています。
    夏は花火や雷が苦手な子が多いので、レスキューが大活躍です。
    アスペンやミムラスも勧めています。
    ホメオパシーについては、まだまだ 勉強不足でわかりませんが
    てぃなが靭帯を痛めた時は、辻堂の病院で全く良くならなかったのが
    ホメオパシーで治りました。
    (堀先生は、『こんなことあるんだなぁ~』って。)

    飼い主がもっともっと勉強して、いいとこ取りをすればいいと思いますけどね。

    一部の人達がホメオパシーを万全と考え、宗教化しちゃったのは
    残念です。

  3. tlc4yoko says:

    みんまま様、Blogに遊びに来て下さってありがとうございます。 ホメオパシーだけでなくその他の代替療法との出会いはけっこうな年月になるのですが、常に使用する私達の頭が広く「その門」を開いていないとダメだって言う事です。

    てぃな、良かったですね…それに堀先生の『こんなことあるんだなぁ~』って言うスタンスが好きです。
    動物病院の先生も大変って言ったら大変じゃない?、中には「宗教的」にその言葉を信じちゃう人も居るから…
    そんな時の堀先生、小声で言って下さるからなんだかいっつも笑っちゃうんですが…

    これからも正しい時に使っていかなきゃだわね!

  4. Gumi Bear says:

    私も動物のホメオパシーを勉強しましたけど、知らずに使うのは危険ですよね。
    イクラ自然治療がいいとはいえ、知識なく使うとこういうことが起きるのです。。残念。。

    • Yoko says:

      Gumi Bear さん、私もいくら自然療法が良いって言ったって、代替とかでやったらイカンですよね。
      日本の人は『アバウト』『だいたい』が大好きなので、本当に危険だと思います。
      そして、最近は『なんちゃってヒーラー』の多い事…、ちょっとワークショップを受けてタイトル貰って、『はい、私はヒーラーです』ってのが多いんですよね。恐ろしいです。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s