Monthly Archives: October 2010

生肉食の威力

先週の火曜日に腸炎を起こし、腸の中に悪玉菌が増えてしまったルナ…超音波で見せて貰ったルナの腸は殆ど動いていませんでした。 その日は注射をしていただいて、翌日の水曜日からお薬1日2回と腸に優しい動物病院で販売している缶フードを1日4回に分けて揚げる事に…。 しかし、ウンチは形はあるけれど柔らかい粘土状の物。水曜日から金曜日まで缶フードとお薬をあげましたが、一向にこの形はあるけど軟便と言うのは変わらず、いつもの快便には程遠い物でした。 動物病院の主治医の先生も、我が家が生食をあげている事をご存知なので、『缶フードは早々にやめていつもの生肉をあげて下さって良いですよ、しかし野菜はナシでね!』と仰って下さっていたので、早速っ!!と思ったのですが、我が家のルナのご飯はもう野菜ピューレを混ぜて私が作ってしまっているのですよ…どぉしましょ!!と言う事で、「新堂」に電話して野菜ピューレと分け手ある生食に手羽先をミンチにして送って頂きました。 土曜日から野菜ピューレ少なめの生肉食を、同じく1日4回に分けて食べ出したルナ…ウンチは先週の火曜日から比べると一番良いウンチをしています…まだ完ぺきとは言えないけれど。 生肉食の威力だね…お薬は今夜で終わったので、明日朝のウンチを持って動物病院に行って血液検査もして貰おうと思ってます。 余談ですが… 今日はウンチのお姿がちょっと良くなったルナを連れて主人と買い物へ… 鎌倉の表駅にはスターバックスがあるのですが、超混み!!なので、目の前にあるコーヒー屋さんに… 上手く外のテーブルが空いているので早速ルナと座りました。 そこにどこからか『きゃぁ〜、私、犬怖いのぉ〜、犬嫌いなの〜、犬だわぁ〜、どぉしよ〜』と言う声が… 本当にどこかで叫んでいるんです… 一体どこでだれがどんな凶暴な犬に向かって行っているのかと思って、身を乗り出して上の写真の右側の方を見てみると、そうですね、私達からは5メートルくらいは確実に離れた所にいるその小太りな黒いジャケットを着ているオバさん…ルナを指差して大騒ぎしてるんです。 ルナはと言うと、『何ごと??』とレイダウンしたままですが、声の主を捜しています。 まったくもってムカつくオバさんっ!! 回りにいた老夫婦も『こんなにおりこうさんなのに変な人ですね…』と声をかけて下さいました。              

Posted in Doggies | 6 Comments

又しても届きましたキッチン・ウェア

主人のキッチン・ウェア買いには本当にアングリと口が開いてしまいます。 しかし、いつも『おいしい物を作ってくれるから、まぁいっかぁ〜』と思うワタクシですが、届いたそのものも、またしても結構デカイ!! 今回は、この箱を開けたらちゃんといらない物を捨てて頂く約束をしました。 今回届いた品物↓ Cuisinart社の4-Quart Programmable Slow Cooker そしてこれを使うには変換機を購入しなくてはならず、先ほど注文した所です↓ アップ/ダウントランス 1500W 110V~130V 100V TI-19 もう主人は早くお料理したいらしく…もっと子育ての忙しい時にこんなにお料理してくれていたら…とか考えを巡らすワタクシです。 いずれ、作ってくれた物をblogでご紹介して行きますね。  

Posted in Diary | Leave a comment

それぞれに…

今日の鎌倉は冷たい雨が朝から降り続けております。 こんな日は出来る事ならばどこにも行きたくないワタクシであります。 今日は仕事をしている私の足下に、珍しくティピがやって来ました。今年の秋になってから何回となく私の足下で日中を過ごす様になったティピ…たまにルナと一緒にくるまっている時もあります。ティピはとっても独立心の旺盛な子で、日中は自分のベッドや私達のベッドでへそ天状態で寝ている事が多く、引っ付き虫になりたい私はよくティピを求めてべッドルームに行った物です。 人間もそうだけれど、老犬になると色々な習慣が変わって来たりするのかな? ティピは最近、よく私の足下に来て日中を過ごします。 黒い犬を部屋の中で撮るのは、むずかしいですね…メガネをかけないで撮った言い訳です。 イビキをかきながら眠るティピ ルナは?と言うとティピが私の足下に来ている間は私のそばのパピーの時のソフトクレートに入っているか、私とレザーチェアーをシェアーして私の腰をあっためてくれています。 悪玉菌騒ぎで、ご飯も病院からの缶フード…海にも行けず(海は菌がウヨウヨでバッチイからと主人に言われて、行けないのです)でストレスのある生活を強いられているルナを、前日Dogactuallyで見つけた『Ea~sy~~~』でリラックスさせてあげようと思たのですが、我が家のルナちゃまは私が『Ea~sy~~~』と言うたびに『えぇっ!!なんてっいったのぉっ!!ママ!!』と、ギョッとした様なお目目で私を見るので、おかしくってリラックスどころではありません。 なので我が家は普通の声で『Relaxね〜』と言う事にしました。この『Relax』と言う言葉だとルナは直ぐに「お座り」の姿勢になりその後自分から「ゴロン」の体制になります。なので、ルナちゃまと私はトレーナーのKさんから習ったマズルコントロールの練習に変更。 へそ天のお腹を撫でてあげたり…マズルコントロールで『しぃ〜た向いてぇ〜、うぅ〜えむいてぇ〜、ぐるっとまわって、ルッちゃんの目』と言って練習しています。 ルナはこの練習が大好きです。またこの練習をする様になってから、彼女の私への集中度も増した様に思います。 ルナのご報告…みなさまご心配下さり本当にありがとうございます。 あれから2日…なのですがまだ軟便が続いています。ウンチ袋で拾うと形はなく粘土状です。まぁ食べている物も違うからいた仕方ないのかも知れませんが…明日も軟便の様でしたら、動物病院にもう1度行こうかと思っています。 さてさて、我が家の次女のチャムさん…彼女はいつも陣取るイスが決まっています。でもこれらは全部人間の家族の物なので私達から「どいて」って言われたらどかなくてはならないのですが。 寒いのかな…今日はへそ天ではなく丸まってます。 こんな雨の日は3ガールズそれぞれが、気持ち良いホクホクした所でヌクヌクと眠っております。  

Posted in Doggies | 2 Comments

我が愛しのジェームス様…

子供の頃から007と言う肩書きにとってもお目目が♡だったワタクシ…中でもジェームス・ボンド役は「ショーン・コネリー」と私の中で決まっています。 その他のボンドさんも良いのですが、何と言ってもあの色気とインテリジェンスはショーン・コネリーだって言い切れると思います。 さて、今朝私より早くにベッドの中でiPadを抱えて何やら目覚めていた主人から、目覚めとともに言われたのが、『ジェームス・ボンドのアストン・マーティンがオークションで売られてるよ!!』と言う言葉 開口一番とは言いますが開眼一番??にこんな事言われちゃったら、2度寝も出来なくなってしまい、私もiPadを抱えてその記事に釘付けでした。 英文でも良い方はこちら↓  英文はともかく、あの素敵な「アストン・マーティン」が輝かしく鎮座致しております。 Aston Martin DB5 driven by James Bond among the classic cars at the Automobiles of London auction 私 があんな若い頃からアストン・マーティンが好きだったのも、ボンドさんが乗っておられたからでしょう…。しかし、かれこれ昔に友人達で待ち合わせした軽井 沢に現れる事が出来なかった1ファミリーの愛車はそのアストン・マーティンで、日本の夏の湿度が理由でと友人の奥方は申しておられましたが?(本当にその 理由かは疑問ですが…)オーバーヒートしてしまったそうです。 さて、このオークション価格、何と£2.6m!! 日本円に換算すると3億3千5百万円ちょっとの様です。 うぅ〜ん、ちょっと夢の様な金額に、又してもジェームス様のお車は私にとっては夢の彼方のお車となりました。しかし、こんな金額を出して買う人が今のご時世にいるのだろうか… 私としては、持つべき人の物になってくれる事祈るだけ…お隣の国の人が買わないと言いなぁ。

Posted in Diary | Leave a comment

サンクスギビングにはターキーを…

我が家ではお料理大好きになっている主人が、お料理器具買いに走っておりまして…まぁおいしい物を作って家族たちを楽しませてくれているので、それはそれでとてもありがたいと思っているワタクシです。 今朝、そろそろみんなが仕事モードになている頃にFedexの配達がありました。 玄関で受け取ろうと思ったそのFedexの箱の大きさにビックリ…重たくはないけれど大きなその箱を2階の我が家に運んで貰ったのですが、3ガールズのお出迎えに犬好きのFedexのオジさんはニコニコ顔。 中身は主人が今年のターキーを焼くためのロースターでした。RIVAL 社のものです。 前から欲しい欲しいと言っていたのですが、今年はもうポチルしかなかったのでしょう(笑) 全身をお見せすると、こんな感じ。 中を見て〜、大きなターキーが入ると思います。ターキーの焼き上がり温度を計る温度計も買ったんですね…奴は…(笑) 後は、Costcoに行って大きなターキー様を買ってくれば、こちらの準備は万端と言う所でしょうか…

Posted in 異文化, Diary | 2 Comments

ルナ、辻堂犬猫病院へ

今から考えるともう2日くらい前からルナは不調を訴えていたんだと思います。 今日の午後になり『お外に行きたいコール』を私に送り続けるので、これはきっと何かだろうと外に連れ出すと下痢とまでいかない軟便でした。 家に帰って来てからも常にドアの方を意識して、しまいにはお歌を歌う様に又しても『お外に行きたいコール』… 一体全体なんなんだろうと『ベランダに行く?』と聞くと、普段は日中のオシッコやウンチは絶対と言っていい程お外にいきたがり、ベランダでするのは早朝と夜遅くのみなのに、サッサとベランダに向かって走って行きます。 そこで外に出てからが今日のルナの動物病院行きが幕をおとす訳です。 ベランダに出たルナ…私の『オシッコ、オシッコ』の呪文に合わせて円を描く様に歩き始め、その辺で私も「あ、これはただ事じゃない…何か変だ」と察知… ガボガボっと消化出来なかったご飯やおやつなどを吐き出しました。その後も『お家に入る?』と聞く私に、まだ入りたくないと言うルナ…吐き戻した物を動物病院にもて行く為にカカ(ウンチ)袋へ…そんな事をしていると、お水が飲みたいと言ってルナがやって来ました。 少しだけお水をあげます。 その後、『キュインキュイン』と言いながら又しても円を描く様に吐くタイミングを探していると言うか…そして又してもガボっと吐き戻しました。 その後、ルナは身体を自分から横たえたので、私の心配度も急激に上がってしまったのですが、電話した辻堂犬猫病院の担当の院長先生の指示で歯茎の色や舌の色、そして呼吸などをチェックし、歯茎や舌は赤みがあるし呼吸も落ち着いている事などから、主人が帰って来る1時間後を待って行く事になりました。さもなくば、地元の近所の動物病院の先生に往診を…とまで考えていたのですが。 主人が帰って来る頃には、身体の中にため込んでいた物を全て吐き出しているルナはいつもの調子とまではいきませんが、ある程度まで「お転婆ルナちゃん」に戻っていました。 仕事が終わってすっ飛んで帰って来た主人の車で、そのまま辻堂犬猫病院へ…車の中ではやっぱり疲れたのでしょう、直ぐにグッスリ眠ってしまいました。 病院では超音波で腸の動きを見ましょう…と言う事で、モニターを先生と私達とで見たのですが、ルナの腸はまるでと言っていい程働いてはいませんでした…先生曰く『悪玉菌がたくさんになってしまっている』との事。原因は色々と考えられるそうです。例えば…急激な気温の差でお腹を冷やした…とか、ストレスフルな環境にいた…とか、食べなれない物を食べた…とか、あげたらきりがないそうです。 ルナの場合は、きっと食べなれないものを食べたって事の様な気がします。 …と言うのは、トレーニングのご褒美…とっても良い物をあげてはいるのですが、ルナの場合産まれてから生肉食+生野菜を食べていて、加工された物を食べた事がないと言うのが原因かな? 割合としては少ないにしても身体がビックリしちゃったのでは…と私は思っています。 なので、実家の母さんにお願いして素材を乾燥させただけの様な物を送って頂く事にしました。 動物病院では、抗生物質の注射を打っていただき、ビオフェルミン、パセトシン、ペラプリンと言うお薬が3種類出されました。 家に帰って来てからは、こんなカッコで私の背中を抱えて爆睡しております。 疲れたんだよね、ルナ。 もう大丈夫だから、グッスリ寝ようね〜☆ 思い出した事リスト 1)一昨日の早朝に主人が『ルナの息が食べ物の匂いがする』と言った事→消化されていない物が体内にたまっていたからだろうか? 2)今朝、お散歩寺におやつをあげようとしたら「いらない」って言った→上と同じ理由? 3)海浜公園でボール遊びをしてたのだが、直ぐにレイダウンしてしまった→もう具合が悪かったから まぁ、天使の様な寝顔で爆睡中のルナを見ながら色々と思い起こしているのですが、具合が悪い時の犬達はきっとたくさんのサインを出してくれているのでしょう。 動物病院の先生は、「今は流行っていないけれど胃腸炎などの子が多かった時期があった」と仰っていました。 皆様もご愛犬の様子がちょっとでも変だったら、まずはプロフェッショナルな動物病院の先生の元にいきましょうね。 的確な処置をして頂けば愛犬たちの苦しむ時間は大幅に減る訳ですから…。 さてと私も落ち着いてミルクティでも飲むと致しましょうか…

Posted in Doggies | 10 Comments

3ガールスの体温が程よい季節〜♥

異常なくらいの猛暑もやっと過去の物となり、最近は3ガールズの誰かれとなく一緒にベッドで横になると、その体温の心地よさったらありませんな…ネンネの国への特急が必ずやって参ります。 日中はまだTシャツとジーンズでルナの散歩に行く私ですが、夕方になるとちょっとやっぱり肌寒さを感じる鎌倉の由比ケ浜は海辺の町です。 先日、Twitterで『ユニクロでダウンジャケットを買っている人を見かけた』と言うTweetを見かけたのですが、そろそろ、皆様方の中には今年の冬のイデタチを考えていらっしゃる方もいらっしゃるのでは… そこで、今日は私のBlogからこんな事を発信したい…と思います。 お願いだから! 本当にお願いだから! 『こんな事を言うんだったら、皮の財布も皮のバッグも持てないね…』なんて事を言わないで下さいね…。 毛皮のコートやジャケット…そしてストールなどは私達の生活に「必要」ないんです!! 今まで気にかけた事がなかったと言う方々も、知ってしまった今日からはぜひ気にかけて頂きたい…だって毛皮を着るってこの世界では『見てみて〜』の象徴だと思うんですもの。 かの有名なブランド達(EMPORIO ARMANIなど…)もあえて毛皮を着ない!あえて 着ない事を選ぶ人達の為にフェイクファーの素敵なコートやジャケットを販売しています。 きょうのBlogは『毛皮はいらないQ』

Posted in Diary | Leave a comment