Monthly Archives: November 2010

多和田悟氏の『犬と話をつけるには』11月23日の“その日”

11月23日、『盲導犬クイール』を訓練なさった、多和田さんに1日と言う長時間をおつき合い頂き、場所は富士山のすそのに位置する富士宮市にある、富士ハーネス(盲導犬の里)を使わせていただき、合計14頭の犬とオーナーの躾け教室を行いました。あえて言わせていただきまね… 犬以上に人間のしつけ教室ってことです。 23日の朝はあいにくの雨…それも鎌倉は土砂降りでした。3ガールズのオシッコと簡単な散歩を雨に打たれながら済ませ、5時には鎌倉を出発…、途中、ゆうちゃんをピックアップし、ナビに任せ、時間通りに現地、富士ハーネスに到着…1番乗りは、スタッフとして1日カメラとビデオを担当してくれる吉田さん親子…(写真を載せたいのですが、それはまたいつか…ね) 車を降りると、やはり気温は鎌倉とは全然違います…ツゥ〜〜〜ンとする冷たい空気…うぅ〜〜〜寒っ!! 3ガールズは現地についてからの朝ご飯…それぞれにガッツキ…それぞれにオシッコとウンチを済ませ、ルナ以外は車の中で又してもネンネ… 続々と集まるスタッフ達と持参したおにぎりを頬張り、しつけ教室にお見えのお客様とご愛犬たちにご挨拶。 また、今回のイベントにはなくてはならない存在のイベントの主催パートナーでもある水戸さん。完全生食の会社『新堂』のオーナーでいらっしゃいます。 写真を載せたいけれど、許可をいただいていないので水戸さんのご愛犬、アルコイリス…通称アルコをご紹介します。 満面の笑みを振りまいてくれたアルコは、動き回っている私たちをも癒してくれました…「ありがとう、アルコ♥」 そして、今日のメインの多和田さんは奥様と愛犬のバーティーとベノをつれて参加して下さいました。写真は後ほど…デモンストレーションをしてくれている所をご覧下さいね。 『犬と話をつけるには』の1日の内容は、多和田さんに犬について話していただくスピーチ、参加者から多和田さんに質問があった場合などのクェッション&アンサー、そして参加した犬たちへのワンポイントレッスン…また多和田さんを囲んでのランチタイム…と言う内容で行われました。 我が家のルナも参加犬の中では一番の若齢犬としてこのイベントに参加し、1番最後の自分の順番を11ヶ月にしては落ち着いて待ってくれました…だって6時間位は待っていたと思います。その間2回、外に連れ出し、1回は午後のウンチ…司会を勤めた私の姿を目で追いながらも、良い子でいてくれたと思います。 主人とおりこうさんに待つルナ 各14頭と家族たちがワンポイントとは言えないくらい密度の高いトレーニングを受け、順番待ちをしている方達も、また自分の番は終わったという方達も、食い入る様に『多和田マジック』に目を吸い付けられています。 多和田さんの指示通りにデモンストレーションをしてくれるバーティー アイコンタクト…素敵な動きでウットリです。説明していらっしゃる間も、バーティーに「おりこうさん」と頭を撫でる多和田さん。 タイミングが絶妙なんです…そこが私たちと違う所なんだな、きっと。 そしてレッスンの最中に仰った事なのですが、「僕はコマンドをちゃんと聞いてくれるその時にしか出さないんです」って。 「私はそんな確信なくコマンドを出してるなぁ」と司会をしながらも考えてしまう様な事が多々ありました。 そして、ベノ君の開場を湧かせたこのポーズ…♥ 多和田さんが、『ベノ、かわいい♬』と仰ったその後にベノ君、こんなにかわいい事をしてくれました。 参加の皆様から『わぁ〜、かっわいぃ〜』の嵐 全体像もお見せしましょう。 ベノ君と言ったら、我が家の末娘の実家のおチビちゃん、ティキの未来の旦那様…しっかり触らせていただきました♥ さてさて、我が末娘、ルナの番がやって来ました。 度胸がすわっていると言うか… ルナの全身を見た多和田さんから開口一番に頂いたとっても嬉しい言葉は『この子はtikiloveの子だね〜』でした。 私がルナの実家の母さんの犬に対する色々な考え方や育て方に惚れ込んで、ルナを家族に迎えた事はルナを迎えたその前後のブログでも紹介してるので、ご存知の方も多いかと思います。 なので、犬のプロ…それも人間に仕える犬を作るプロの多和田さんに『tikiloveの犬』と言われた事がとっても嬉しい褒め言葉でした…なので、その後はあんまり覚えていないのです(笑) その後のルナのレッスンの様子をご紹介しますね…(後は親バカ丸出しです…笑) 多和田さんの横をスイスイと歩くルナ ルナに挨拶をして下さる多和田さん ルナも多和田さんにご挨拶 多和田さんのお話しを興味深く首を傾げて聞くルナ…分かってるのかなぁ(笑) ルナのあつい視線に多和田さんも気がついて下さり…『お前は良く人の話しを聞いてるなぁ』と頭を撫でて下さった…(『やだぁ〜、アタシ褒められちゃった…魔術師のおじさんに…』的な表情のルナ) 私がルナのレッスンで舞い上がっていながらも(笑)学んだ事は… No !を教える No !の後にして欲しいコマンドを言う→出来たら直ぐにGo~~~od !! … Continue reading

Posted in Doggies | 8 Comments

「アタチだって〜」のティピ七変化

いつもだったら私がルナの朝の散歩に行くのですが、今朝は主人がルナの散歩に行ってくれました。 シィ〜〜ンと静まり返る我が家…やっぱりパピーのエナジーたるやすごいですね…ルナが居ないだけで、とっても変な感じ。 しかし、この一瞬をここぞとばかりにやって来たティピ…そりゃあティピだってって奴なんですが… いままでこんな事した事もなかったのに、ルナがしているのを見て「アタチも‥♥‥♡」って秘かに思っていたのでしょう…コンピューターでメールチェックをしていると、何となく熱い視線を感じふと見ると、足下のティピが『アタチもそこに登ってみたいのですが…』と言ってるかのごとくに見つめているではありませんか…。 さてさて、じゃあおいでなさいませ…と私。『ティピ、アップする?』と伺っている間に、ティピばあさん、「よっこらしょっ!!』と登って来ました。ルナの様には慣れていないので何となく『私の座るスペースないじゃん…』って感じなのですが…可愛いったらない、このティピばあさん♥ 満足げに横たわってみたりするティピの後ろ姿… カメラ目線なんかしてみちゃったりして… 『ちょっとママ落っこちないでよね〜』と気にかけてくれています。 『ママったらアタチの事可愛いとか言ってるわ…可愛いって言う歳でもないんだけどさ…アタチ…』 そして、ママったらアタチの人間の弟、ケイスケにすっごい勢いで『ティピと私を撮ってぇ〜』って騒ぐから、なんかアタチ緊張気味だわよ…カメラ目線外しちゃったじゃないさ… そうだよね…最初は一人っ子のティピだったんだものね… そこにチャムが来て、その後にルナが来て…、ティピは優しいからいつもいつも良いお姉さんになってくれて…本当にありがとね、ティピ。 ちょっとした朝のひと時だったのですが、ティピと昔の様にラブラブな時間を過ごせて幸せな私… この後、シャワーが待ち受けているなんてつゆ知らずのティピでした〜♥

Posted in Doggies | 7 Comments

National Geographic’s Photography Contest 2010 : 息をのむ様な写真たち

本当に、その瞬間を写真に納めるって難しい事なのですが、すばらしい瞬間に居合わす人達も居るもんですね… 本当に言葉にならない様なすばらしい写真もあります…ぜひ、皆様も週末のひと時をこの写真たちでお楽しみ下さい。 National Geographic’s Photography Contest 2010

Posted in カメラ, Diary | 2 Comments

心の中のBen

なんだか今日は亡くなったマイケル・ジャクソンのBenやOver the rainbowが頭から離れなかった日です。 何でなんでしょうね〜、皆様にもそんな日がありますか? 孤独だったマイケルの一番最初の友達になったネズミのBen…きっと私達の心の中にはきっとその人それぞれのBenがいるはず… 私のブログをかわいがって下さる皆様と、だいぶ気温も下がった今夜はBenを聞いて過ごそうかと思います。 Michael Jackson * Ben* Ben, the two of us need look no more We both found what we were looking for With my friend to call my own I’ll never be alone And you … Continue reading

Posted in Diary | 4 Comments

救われた小さな命

イギリスはNortholt(ノーソルト)と言うロンドン西部の町で起った、イギリスならではの小さな命の救出劇です。 Northoltの町に住む4歳の少年が、泥んこになった生後1週間のコッカー・スパニエル子犬をトイレで洗おうとしたがそのまま子犬は流されてしまいます… 4時間後、家から20メートル先の排水管に引っかかっているところ、配管会社の特殊カメラを使い無事に救出できる訳ですが… 英語はともかく、写真を見るだけでも子犬の小ささ…そしてどのくらいは慣れた場所で見つかったかも分かります。 やっぱりイギリスなんだなぁ〜♥(イギリス贔屓ですみません…主人がイギリス人なので仕方ないって事で…) しかしですよ…よぉ〜く考えてみたら、ハッピーな話しって訳でもなく、こんな小さな子供が産まれて1週間の子犬を大人の監督下なく遊んでいたと言う事には怒りすら感じます!! 主人なんてあまりにバカげていてムカつくと言っております…(怒っちゃったよ…我が家の主人) ★産まれたばかりの子犬は、十分すぎるくらいの平和な時間の中での睡眠がなくてはいけません。 ★★小さな子供が回りにいる家庭では、子供達が子犬を触れる時間を限られた物にしなければならないと思います。

Posted in 異文化, Diary | 2 Comments

流行りの最先端をいくワタクシ…(笑)

しっかり流行り出した風邪を引き寝込みました。 今回最初の頃のどが痛く、いつもだったらアッと言う間に高熱になるのに、そんな事もなく…あわよくばすんなり普通に風邪引いただけで終わるかなと思っていたのですが、ダメでした…(笑) 土曜日んいなって熱がお昼過ぎてから上がり出し、解熱剤を飲んでも効き目なし!! 寝込んでいる私に付き添ってくれる3ガールズ…みんながみんなベッドルームに集合していて、人口密度の高いベッドルームです(笑) まずは一番熱の高い時に看病してくれたティピ…ティピを抱えてようやく眠りにつけました…(ティピはやさしね〜) そして『私も看病するぅ〜〜〜』と言ってティピにへばりつくルナ 『ベランダに出ようよぉ〜』『ママぁ〜、オシッコぉ〜』と甘えた声を出すルナの口元…ちょっととんがっちゃってます(わかるかなぁ〜?) やはりワタクシ担当のルナちゃんは、私が寝ているもんだから1日中ベッドで過ごしています。 そして、私とルナの大好きな番組…ANIMAL PLANETを仲良く2人で見る事に…ルナは一生懸命にテレビのスクリーンに写る犬を目で追いかけます。 首を傾げたり本当にかわいい♥ みなさま、外から戻られたらウガイと手洗いを忘れずに…。 そしてビタミンCを沢山とってくださいね。

Posted in Diary | 6 Comments

風邪をひいた時には…

風邪っぽいです!! 喉もいたいし、鼻水も出るし…熱は微熱のままですがこれから上がって行きそうです。 子供の頃、風邪をひくと直ぐに『学校行かなくって良いよ…うちで暖かくして本でも読んでなさい…ママに本屋さんを寄越す様に言ってあげるから。』と言ってくれた父の事を思い出します。 父は大学教授をしていたのですが、学校に娘の教育を任そうなんて、これっぽっちも思わなかった人で、学校は行かなきゃ行けないとされているから一応は行くけれど、行ったからって良い事ばかり習って来る訳でもなく、悪影響こそはあるけれど…って思ってた人でした。 風邪をひいた日は、お昼前になると駅前にあった本屋さんがバイクでその当時の私の年齢にあった本をドシャ〜っと抱えて持って来てくれて、その中から読みたい本を数冊選んで買ってもらい、私はと言うと、ベッドルームにこもってひたすら本を読んだ事を思い出します。 黙々と本を読む私に『オヤツの頃には一番熱が上がるんだから、小さな文字を読んだりしてると熱はもっと高く上がりますよ』と言われたのも思い出します。 昨日の夜からなんだか熱っぽく、早めに風邪薬を飲み出した事が良かったんでしょう、朝になっても熱はそれ程高くならず、今日は会社の銀行回りもしっかりこなすことが出来ました。 このご時世、本屋さんに出前してもらうってのも何ですし、アマゾンを探した方が楽しそうだし…銀行回りを終えたその足で、ちょことだけ駅前の本屋さんに行き、万が一熱を出して寝込んでもいい様に、その時用の読み物を探しに行きました。 そこで見つけた季刊誌『考える人』「ドリトル先生」と言う言葉の響きと、そして私の好きな「イギリス」と言う言葉にもぉ買わざるを得ない状況で、購入して来ました。ペラットめくってみた限りでは、今後も読んでみようかと思える雑誌です。 特集は「ドリトル先生」…これからミルクティを片手に読もうと思います。 そしてもう1冊…『 THE BACKPACK BOOK』 こちらは名前の通り、世界のバックパックが紹介されています。 この歳になってもバックパックほど気楽に歩ける物はないなと思うのですが…皆様はお使いになってますか? バックパック。 さてさて、主人が『ミルクティが入ったよ〜』と言っておりますので、これから読書タイムと致します。 皆様も呉々も風邪など召しません様に…

Posted in Diary | 4 Comments