伝統的なファミリークリスマス

クリスマスの今朝…本当に寒かったですね。

本格的な冬がクリスマスと共にやって来た様です。

毎年、我が家のクリスマスはイギリス人の女友達の家で、ヨーロッパのクリスマスを祝います。20数回目のヨーロッパのクリスマスですが、25日のクリスマスのその日は、パーティアニマル達にはご遠慮頂き、イギリスの普通の家庭で祝うファミリークリスマスを彼女の小さなアパートメントで付き合いも長い友達達だけで祝います。

もちろん、パーティ大好きな彼女は、12月の初旬に大々的なクリスマスと彼女の誕生日を兼ねたパーティを開き、たくさんの人達が訪れて祝います。(6畳3つのこのアパートメントに50人の人達が集まるって信じられますか?笑)

6畳が3つある普通の小さな日本を代表する様なアパートメントなのですが、そんな事を忘れさせる様なステキなアパートに変身しています。

建物自体は古いので、大家さんと交渉して壁は全部白くペンキで塗り…天井も真っ白に塗ってあります…それも彼女、ちゃんと1人でやるんですよ〜。

ヨーロッパの人たちの殆どは家の面倒を見る事を知っています。ちゃんと家の手入れをして長く住むって言う習慣があるんですね。

白い壁には、外国人らしく日本の帯をインテリアデコレーションに…

みんなで食べるクリスマスの食事も、これ又美味しいのです。

色々なお手伝いをした主人はようやくキッチンから解放されてソファでくつろいでいます。

みんなで会話もはずむのですが、今回彼女が見せてくれた300年前の銀のスプーン…裏にちゃんと刻印までしてあります…。

そして、1年に1回…まちに待ったクリスマスプディング…クリスマスプディングとはイギリス独自のものです。

火がぼわぁ〜っとついたままのクリスマスプディング…(これは1人用になった小さなもので、この写真を撮る前に大きな方はしっかりみんなでいただきました。

ブランディソースをかけて…

私たち夫婦のお友達は日本人やイギリス人…それと方を並べて多いのがドイツのお友達です。

ドイツ人の友達はシュトーレンを作って来ました。

ジャーマンローストの美味しいコーヒーと一緒に…

外は北風ビュ〜ビュ〜なクリスマスの午後を暖かい家の中で、美味しいクリスマスランチと1年間心待ちにしたクリスマスプディングで、心もお腹も満腹な私たちです。

夕方遅くに帰って来た私たちに息子から電話…『夜9時頃になるけれど、クリスマスケーキを食べようね♬』ですって…。

1年に1回、今日くらいはデザート類の食べ過ぎも片目をつぶっておきましょうか…(笑)

オルドレッド家のクリスマスの1日はまだまだ終わりそうにありません。

皆様は楽しいクリスマスを過ごされていますか?

♬ Merry Christmas to you all ~♬

About tlc4yoko

I’m living in Kamakura, Japan with British husband and 3 lovely labs. Tipi passed away on May 13th, 2011, about 12:50. Now she is running around the sky with a healthy young body and visiting us quite a lot. Now we have Boy GR called Fenn.海辺のまち鎌倉にイギリス人の主人と3匹のラブラドールと暮らしています。ティピは2011年5月13日12時50分頃にお空に帰り、病気から解放され元気な身体でお空を走り回っています。私達の所にもよく遊びに来ます。現在は、ChumlyとLunaの下にGRのFennを迎え、若いLunaとFennはイギリスより帰国された磯野麻衣子先生よりイギリスのガンドッグトレーニングを習いトレーニングに勤しんでおります。 (ブログ内に掲載されている写真、画像の無断使用を固くお断り致します。) PINTERESTにペタペタと保存してますので見に来て下さい。 http://pinterest.com/yokoaldred/ 2010年の2月〜2010年7月のブログはmixiを利用しています。
This entry was posted in 異文化, Diary. Bookmark the permalink.

4 Responses to 伝統的なファミリークリスマス

  1. ターミ姉ちゃん says:

    良いですね。本当の意味でのクリスマス。
    日本のクリスマスは、本来クリスチャンでも何でもない人達が
    ただただお祭り騒ぎをしているような感があり、私はあまり
    好きではなかったのです。(私はクリスチャンではありませんが
    中学から大学までがフェリスだったので)

    カナダにいた頃、クリスマスには飲食店が休みだったのが
    印象的でした。
    家族で過ごす人が多いんですよね。
    外でドンチャン騒ぎをしないのは、とても良いことだと思いました。

    ヨーロッパ風のクリスマス、良いですね。
    私、カナダに行く前はイギリスに行きたかったのです。
    S・ホームズも大好きですし、イギリスの不思議な雰囲気は
    今も好きですね。
    そうそう、ずいぶん前にイギリスに行った時に買った、黒ラブ模様の
    カシミアのセーターは、今でも宝物です。
    シェットランドから、ずいぶんたくさんセーターを買ったなあ。

    日本を離れても良いなあと思っていた頃を、思い出してしまいました。

    Happy Christmas!

    • tlc4yoko says:

      ターミ姉ちゃん、Merry Christmas !!

      クリスマスもあと15分程でおしまいですね…
      私は「なんちゃってクリスチャン」で、勉強して行くうちに、色んな疑問が出て来て、その疑問を神父様に伺ってる内に神父様の答えが何となくおかしいなぁと思え、それからは私の教会は4本柱があって屋根がある我が家の「お手洗い」となりました。
      私はお手洗いの中が大好きで、けっこうメディテーションなんぞしたりもします。

      そうよね…なんだか飲んで酔っぱらってのクリスマスパーティってちょっとひいちゃうな。
      …なので、私たちの友人の彼女も沢山いる日本人のお友達は違うパーティに呼んで、今回は本当に小さな集まりだったんです。

      カナダにいらしたんですか…ターミ姉…
      カナダって犯罪が少ないんですよね…。イギリスは犯罪、けっこう多くって、子供達を安心して学校に通わせられないって、子供のいる友人が言ってました。
      でもやっぱり私もイギリス行きたいなぁ…
      もう今となっては3ガールズもいるし、遠出は考えられなくなりましたが…
      主人の姉がイギリスのコッツワルズのそばに住んでいるのですが、『会いに行かなくちゃね〜』と言う話しは出るのですが、日々の色々に追われて、そして3ガールズの事を考えたりすると、そう簡単に行けないですね。

      私も日本を離れても良いなぁとずっと思ってました(笑)

  2. ターミ姉ちゃん says:

    私に体力があるうちでしたら、3ガールズをお預かり出来るかもです。
    少なくともルナさんはOKですので、勧進帳に入れておいてください。

    変な西洋かぶれではなくて、他国の文化を正しく理解したいと
    思います。

    ヘタな英語がサビつくので、何か機会があったらお誘いくださいませ~

    • tlc4yoko says:

      ターミ姉、ありがとうございます♬
      何かあったらぜひお誘いしますね…我が家の主人なんか、いつも話し相手がいなくってショボンとしています。

      次の多和田さんのイベントの際にご参加頂けたら、ぜひ!!主人と話してやって下さいね〜、宜しくです。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s