チャムのアトピー:私の独り言

チャムは我が家にやって来た時から、目の回りなどの毛が生えていなかったりお尻の回りなども、見る人が見ると直ぐに「この子はアトピーがありますね!」って分かる様でした。

写真のチャムの目の回り…やっぱりちょっと赤く肌が見えています。

動物病院に行くと、最近はアトピーの子がとっても多いと先生方は口にします。

じゃあなんで、昔にはなかった様なアトピーが現代の犬たちに多いのかってことだと思うんですよね…、なんでだろ…。

先日ある雑誌を読んでいたら、スウェーデン農業大学が立ち上げた特別なプロジェクトにより、アトピーにかかりやすい犬種が10種あげられ(その中にはゴールデンレトリバーやラブラドールレトリバーはもちろん入っている)研究が進められたそうです。

アトピーを持った小犬を作る元になる要素として、市販のドライフードばかり食べている母犬から産まれた小犬は、動物性タンパク質を食べて来た母犬から産まれる小犬よりアトピー性皮膚炎にかかる確率が5倍も高くなっているそうです。

その市販のドライフードを作る過程で、保存の為の熱処理をしており、その熱処理のおかげで、悪玉菌はもとより、善玉菌まで殺してしまうそうです。それによって、犬は菌のない、きれいな物だけを食べる事になり「温室育ち状態」になってしまうのだそうです。

それが原因で、身体の中の免疫機能が戦う相手を失い、身体に何の害もないハウスダストなどにまで過剰反応してしまっているのが現代のアトピー性皮膚炎にかかっている子たちの現状だそうです。

チャム…いまもまだ1年中ずっとではないのですが、やたらめったら「カイカイ」になってしまう時期もあります。

我が家の3ガールズは生肉と骨、そして生野菜を食べさせているので、チャムのアトピーもそれ以上酷い事にならないのかな?と思う事もありますが、どうにか治してあげたいと願う私達です。

童顔なチャム…こんなかわいい顔してただ今7歳でございます〜♫

ドライフード、生食…の両方を経験し個人的に私が思う事は、きちんと計算された生食の場合、毛並みから血液検査の数値まで、とっても素晴らしいものになると言うことです。

チャム姉の遊んでいるブルーのゴムの棒が欲しくって欲しくってたまらないルナ…あんまりおねだりすると「うぅぅぅぅ』って叱られちゃうので、ちょっとお手手だけ乗せて自分の番が来るのを待っています。

 

 

 

 

About tlc4yoko

I’m living in Kamakura, Japan with British husband and 3 lovely labs. Tipi passed away on May 13th, 2011, about 12:50. Now she is running around the sky with a healthy young body and visiting us quite a lot. Now we have Boy GR called Fenn.海辺のまち鎌倉にイギリス人の主人と3匹のラブラドールと暮らしています。ティピは2011年5月13日12時50分頃にお空に帰り、病気から解放され元気な身体でお空を走り回っています。私達の所にもよく遊びに来ます。現在は、ChumlyとLunaの下にGRのFennを迎え、若いLunaとFennはイギリスより帰国された磯野麻衣子先生よりイギリスのガンドッグトレーニングを習いトレーニングに勤しんでおります。 (ブログ内に掲載されている写真、画像の無断使用を固くお断り致します。) PINTERESTにペタペタと保存してますので見に来て下さい。 http://pinterest.com/yokoaldred/ 2010年の2月〜2010年7月のブログはmixiを利用しています。
This entry was posted in Doggies. Bookmark the permalink.

6 Responses to チャムのアトピー:私の独り言

  1. みんまま says:

    あ~ルナちゃんのお手手がかわいい~っ♪

    怒られないギリギリの線をちゃんとお勉強してるんでしょうね。

    そーいえば、先日のブログで病院での待合室の写真に、友達とそのワンちゃんが
    一緒に写っていたので、思わず、友達に連絡を取ってしまいました(笑)
    こんなことってあるんですね。

    • tlc4yoko says:

      みんまま、こんばんは〜☆

      わぁ〜、もしかしたらそのお友達に失礼な事してたんじゃないかなぁ…申し訳ない…
      ネットの世界ではやっぱり写っちゃ嫌な方もいるでしょう…
      お友達で良かった…(ホっ!!)

      ルナは調子がいいし、まだ子供だし…で、みんな振り回されてます(笑)
      でもティピなんて、ルナの天真爛漫さに最初はビックリしてたんですが、いまではなんだかこんないつも青空な子も良いなぁって思ってくれている様です。

  2. アルムパパ says:

    こんばんわ。情報ありがとうございます。
    と~っても、勉強になります。

    アルムは生食をはじめて今日で10日が経ちました。
    皮膚のカイカイは相変わらずですが、この短期間でいくつか変化が認められました。
    糞の量が減り、体臭・口臭がほとんどなくなりました。
    体臭が変わるということは、胃腸から吸収された食事が皮膚、および毛穴にまで影響を与えているということですよね。さらに免疫能にまで影響を与えるとすると、犬にとっての食事の重要性は計りしれません。

    まだ始めたばかりですので、引き続き生食を継続し、長い目でアルムの様子を観察したいと思っています。

    またいろいろとお教えくださいませm。

    P.S. チャムちゃんのつぶらな瞳に心打たれますネ。

    • tlc4yoko says:

      アルムパパ、こんばんは〜☆

      チャムももぉ何年も食べているのですが、相変らずです。
      でも、家に来た当初の体臭はなくなり(でも3ガールズの中では体臭がある方です…と言うのもティピもルナもとっても良い匂いがするんです…体臭がすごく良い匂いなの…笑)、歯もきれいだし…♫
      免疫システムへの影響は大だと経験しています。

      いまのティピの状態も、先生から何度もティピの生命力と活力を褒められ、それはきっと我が家のご飯にあるのでは?とまで言われています。

      チャムのカイカイを100%治せていないにしても、その他の面で多大な+な影響をもたらしてくれている生食ですので、私は他の食事は考えられません。

      アルムパパ、又、アルムの変化を教えて下さいね…とっても参考になります。

      あ…、そうそう、次回のイベントのお知らせ…月末から来月の始めには出来ると思います…DVDも!!

  3. Tomoko Yamashita says:

    ルナちゃんのあの手・・可愛いったらないですね。
    ね~~ね~~次はあたちに貸してね!って表現してるのですかね~??

    市販の生食パックっていうのはどーなんでしょう??
    解凍するだけなんですが、自分で作った方が安心できますよね・・
    パパがどーしても賛成してくれないので今は無理なんですが・・

    • tlc4yoko says:

      Tomokoさん、おはようございま〜す♫

      3ガールズのご飯は、市販と言ってもまたその意味合いがちょっと違うものなんです。

      レセピーがそれぞれの犬の体重や年齢によってありまして、それはそれは吟味された素材(どこの誰がどのようにして育てた物かがハッキリしているもの)が、全て計算し尽くされて入っています、その分、お値段もそこそこします。

      多頭飼いの方などは、そのレセピーに沿ってご自分で作る事も出来ます。

      その場合も、そこのレセピーで作る訳ですから、素材は全てそこの会社の指定の物を使い、お肉10キロパックでしたらその中に全てサプリメントも入っていると言う訳です。

      オーストラリアのドクターが出している生食もありますが、それは出来上がった物を買うわけで…多分、Tomokoさんが仰っている「市販の物」とはこの様な物の事だと思います。

      私は、それに関してはどぉしても納得が行かず…基本的には『中味が青空!!』なもの!!と言う事で、いまの会社の物を選びました。

      いま現在の私が調べ上げた犬たちが食べる食べ物の中では、この食べ物がベストだと思っています。

      ‥それには、私自身『自己流』で作った時の大きな間違いがあるからです。

      自己流に作っていた頃は人間の食べ物の様に、『旬でない野菜を茹でてあげたり』、『腫瘍のある子にご飯をあげたり』…、また、
      生肉をあげる際の一番大切な『骨分』をあげてなかったり…の色々なミスがあり、その時期にはティピの『毛並みが悪かったり』『血液検査の数値もバラバラ』だったり、『フケが出たり』の色々なバランスが取れていないから起る症状がありました。

      自分で作る物の素材も、ここまで追求した物を入れられたらすばらしいし、自己流でここまでバランスをとる事って本当に難しいと思います…なので、『新堂』の完全生食となってしまう訳です。

      こんなに生食を勧めていますが、『自己流生食」をするくらいなら、『良質のドライフード』の方がまだ良いのかもしれません…バランスが取れているから。

      生肉をあげる事に賛成して下さらないパパの気持ちもよく分かります(笑)だって私自身、生肉をあげる最初の時に、『これで下痢して吐いてすごい事になっちゃうんじゃないか』ってすごく心配しましたもの…。

      (先に、お値段もそこそこと言いましたが、『新堂』の物よりも高いフードもたくさんあります。)

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s