お散歩のパートナーにはチャムを…

チャムさん(7歳)…我が家にやって来た時からは考えられないくらい精神的なバランスのとれた子になりました。

我が家にやって来た頃は、公園に行っても道を歩いていても他の犬がきになって仕方が無かったチャムです。

チャム自身はご挨拶に行きたい訳なんですが、とってもしつこいのが玉にきず…ご挨拶に行っても『しつこいね、あなたっ!!』って言って唸られたり致します。

唸られたチャムも『ごめんなさい』って言えば良いのに、吠え返したり唸り返したり…。

我が家の毎日のお散歩数回には、必ずトレーニングの要素が組み込まれていますので、そんな事を根気強く、遊ぶ時には遊ぶけれどお散歩の時などは他の犬を気にしない様に…ってトレーニングして来ました。

最近、我が家はティピの白血球の数値が急激に下がってしまった事もあり、ティピのお散歩はオシッコとウンチが終わったら直ぐに家に戻り、ティピはその後はお留守番…その後、私と主人のどちらかが2ガールズのどちらかとお散歩に出ると言う方法をとっています。

この2日間、久しぶりにチャムを連れてお散歩に出ている私ですが、本当に目まぐるしく上達(バランスがとれて来たと言う意味)したと思います。

家の外で出くわす他の生き物に対して、ティピは何も問題の無い子なのでちょっと横に置いておくとして…チャムとルナに関しては、お散歩の最中に私達人間が、彼女達より早く犬や猫や鳩(彼女達の興味の対象となる生き物)を見つけ、いち早くリードを通してサインを送らなくてはなりません。サインと言うか、言葉掛けなのですが、我が家の場合英語で『Leave it』(放っておきなさい)を何回も送ります。

ルナにも今そのサインをちゃんと聞く様にトレーニング中なのですが、久しぶりのチャムはとっても良くサインを聞き取る様になっていました。

『Leave it』とサインを送られ、私の顔を見てそれを確かめ合うチャム…。

そして、今日出くわしたのは公園でも良く会うメンバーで中にはお友達犬のピレネーもいます…。結構たくさんいるでしょ…みんな良い子達の集まりです。

その中の誰かがチャムに向かって吠えだしました…この横を今までのチャムだったら私を引っ張り一緒になって唸ったり吠えたりしたかも知れないのに、今日のチャムは私の『Leave it』のサインをちゃんと聞き、スタスタと横を歩いてくれました。

私にヒールして歩くチャム…(親バカながら「おりこ〜♫」の連発〜)

私と犬達は散歩の時に良くアイコンタクトをします。

でも、先日読んだシーザー・ミランのTwiiterのTweetでは『アイコンタクトをすると言う事は同等になってしまうのでアイコンタクトなしでドンドン歩いて行くのが良い』って書いてありました。

どぉなんだろぉな…主人に聞いたら、主人はアイコンタクトをするよりドンドン前に進むって言ってました。

我が家に2歳でやって来たチャムがこんなにバランスの良い子になったんだから、ルナにも早くそ〜なって貰いたい…。

まぁルナの場合はまだ1歳と言う事もあり、お子ちゃまってのが気を散らしてるって言う事もありますが…(笑)

皆さんはどの様になさってますか?

About tlc4yoko

I’m living in Kamakura, Japan with British husband and 3 lovely labs. Tipi passed away on May 13th, 2011, about 12:50. Now she is running around the sky with a healthy young body and visiting us quite a lot. Now we have Boy GR called Fenn.海辺のまち鎌倉にイギリス人の主人と3匹のラブラドールと暮らしています。ティピは2011年5月13日12時50分頃にお空に帰り、病気から解放され元気な身体でお空を走り回っています。私達の所にもよく遊びに来ます。現在は、ChumlyとLunaの下にGRのFennを迎えました。 (ブログ内に掲載されている写真、画像の無断使用を固くお断り致します。) PINTERESTにペタペタと保存してますので見に来て下さい。 http://pinterest.com/yokoaldred/ 2010年の2月〜2010年7月のブログはmixiを利用しています。お読みになりたい方はメール下さい。
This entry was posted in Doggies. Bookmark the permalink.

6 Responses to お散歩のパートナーにはチャムを…

  1. ゆう says:

    花梨は散歩時は今のところ何も問題ないかな?
    犬とであっても放っておくことが出来る。
    Millieは吼えるタイプ。チャムに似てる(笑)
    でも、放っておくように指示すると今は80パーセント出来るようになった。
    そして、まだ来日1年のSallie,今訓練中です。
    あなたと同じように、先に動物を見つけ、Sallieの尻尾をトントンと軽く叩き、静かに~と言うと、必死で我慢してる感じかな?
    吼える犬がいる家の前は、何とか我慢できるようになったかな。
    日々の訓練がとても重要。
    うちはいつも3姫一緒での散歩なので、私がいち早く状況判断することが重要。
    散歩後は3姫より私がぐったりです(笑)

    • tlc4yoko says:

      ゆうさん、こんにちは〜♫ 凄い風だね〜(鎌倉はとにかく凄い風)

      ボォ〜ッとしてお散歩出来たら良いなぁって思うわ。
      何しろ彼らより先に…って言うのがあるからね。
      でも、ゆうさんの所にしても、家にしても、こちら側の言う事を聞いてくれるって言うのが良い事だよね。

      ルナは最近、何かお喋りが多くなったと言うか、催促ッて言うか、あそんで〜って言うのが多くなって、それをどぉするか思案中。
      やっぱり無視かな…?

  2. riri says:

    ロフェは道で出会うワンコたちとあいさつしたくて、遊びたくて大変です。
    お座りして待ち構えています(吠えはしません)。
    そのまま、やってくるワンコちゃんには進んでいただいて、
    お見送りしてから歩き始めますが、
    本当は気にせず、座りこまず、歩き続けてほしいです。
    どうしたらいいのかなーーと悩んでいます。
    トレーナーさんの力が必要かも、、と思っています。

    • Yoko says:

      riri さん、こんにちは。

      ルナは不安なのかなぁ…犬が行ってしまった後のルナは必ず体をブルブルっとしています。それに、背中の毛が立ってるかも…
      ルナの訓練士のK さんに聞いてみますね…しばらくお待ちくださいね。

  3. Tomoko Yamashita says:

    なっちゃんは、鳥もウサギもマングースもまったく興味なし!完全無視です。
    たまに公園で鳥にからまらることありですが、ほっといてくれ!っていうように唸ってさっさとその場を離れてます。
    興味あるのはヒート中の女の子犬だけ。
    去勢(女の子はなんていうのかな?)してない女の子にも興味があるようですが、大体の犬には興味なしです。
    去勢してないので、マーキング命ですが・・ だからなっちゃんは、日本には住めません。

    • tlc4yoko says:

      Tomokoさん、おはよ〜♫

      そうか〜、なっちゃんはマーキング命なのね〜。

      日本は犬のウンチやオシッコに関してちょっと過剰!!です。
      ペットボトル…それも500㍉くらいのにお水を入れて持ち歩いて、犬がしたオシッコの上にかけて、「流してる」つもりなんでしょうけれど、犬のオシッコを流すんだったら、もっともっとたくさんのお水で流さなきゃ意味なしです(笑)
      なので、私は持って行った事ありません。

      ルナも早くそうなってくれると良いなぁ〜。

      お利口なチャムは鳩を見ると急にお子ちゃまになっちゃって、私の横でたてジャンプを始めて私の顔を見ます。
      『ママぁ〜、遊んで良い〜? 鳩がいるっ!鳩、ハト!!』とでも言っているのかなぁ

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s