Tipiの抗がん剤療法:4回目

昨日の夕方、辻堂犬猫病院に行って来ました。

ちょっとだけですが、ほんのちょっとだけ…体重が増えている様な気がします。(気のせいかも…ね)

そんなに待つ事も無く、順番で呼ばれ診察室へ…。

いつもの通り堀先生からティピに変わりはないかと聞かれ、『とっても元気です』…と答え、「今回も血液検査の結果次第で、抗がん剤治療に入りましょう」と言う事になりました。

ティピは先生と一緒に行くものだって思っているのでしょう…一応は『待合室に一緒に行くの?』って言う顔をして私達の顔をのぞいていましたが、直ぐに察知してユーターンして先生と一緒に治療室の中に入って行きました。

待つ事少し…「オルドレッドさぁ〜ん」と言う看護士の女性の声がして治療室からティピが出て来ました。

私に寄りかかって伏せをして待つティピ…エントランスから入って来る子達にご挨拶は欠かさない…(笑)

今日の結果はどぉかな?肝臓の数値とか…と主人と話している内に堀先生から呼ばれ又しても診察室へ…

『数値…落ち着いてますよ〜、肝臓の数値も良くなってきているし…貧血の数値も良くなって来ているし…、そうそう、体重計りましたか?今日…』と急に先生から聞かれ、『まだです』と答えると、『じゃあ計ってみましょう』と先生に軽々と抱きかかえられて、体重計のテーブルの上へ…。

かわいそうなくらいに軽くなっちゃったよね…ティピ。

お魚、たくさん食べようね!!…なあ〜んて軽々抱えられたティピを見ながら思っていると『ちょっとだけ増えましたね…えぇ〜と300g!!』と先生は満面の笑顔…

ここで私は声を大にして言いたいのですが、堀先生の笑顔って100万ドル!!って言いたいくらい素敵な笑顔…私達夫婦はこの笑顔を見るのが大好きです。

こんなふうに病気の犬の家族の気持ちを和やかに出来る「笑顔」って素敵だと思います。これは作り笑いでは絶対に出来ない事だから…。

たった300gだけれど、何となくちょっとだけふくよかになった様な気がしていました。(やっぱりそうだったんだ!!やったぁ〜!)

ティピの体重増加に、何となくみんなにこやかな顔でその他諸々のティピの身体の内容を伺いました。

腸も動いているし、肝臓は前よりも良いけれどまだ少しおかしい…。この前の腸の動きがストップしてしまったのも、風邪だと信じていたいと仰っていました。

そんな事から、今回、もう1回オンコビンと言う抗がん剤を試してみよう!と言う見解に…

このオンコビンは前回の使用の時にもブログに書きましたが、一番副作用が無く効いてくれる、今後のティピの抗がん剤療法をしながらの治療には欠かせない戦力なんです。

先生も私達も前回の腸の問題が副作用ではなかった事を祈りながら、今回の投与となりました。

今回は、次に通院する間に、飲む抗がん剤がでました。

エンドキサンです。

このお薬を飲んだ後はオシッコに頻繁に連れ出してオシッコで身体の中にある毒を出さなければなりません。

オシッコに触ってしまったら、必ずてを洗う様に…と。

じゃあ、ティピのオシッコはお散歩に行く前に我が家でさせてその後を完全に流す…って言うふうにしなくっちゃだね…、ティピ。

なんて帰り道、車の後部のソフトクレートの中にいるティピと話しながら帰って来ました。

夜ご飯を待つ、なにかしらって所がとっても似ているティピとルナ…。

腹減り減り腹ぁ〜のお2人さん…

ルゥ〜はウゴウゴとお腹すいた!!を連発中

チャムはとってもおりこうさんで、私がご飯を用意している時にキッチンの中には行って来ません。

 

About tlc4yoko

I’m living in Kamakura, Japan with British husband and 3 lovely labs. Tipi passed away on May 13th, 2011, about 12:50. Now she is running around the sky with a healthy young body and visiting us quite a lot. Now we have Boy GR called Fenn.海辺のまち鎌倉にイギリス人の主人と3匹のラブラドールと暮らしています。ティピは2011年5月13日12時50分頃にお空に帰り、病気から解放され元気な身体でお空を走り回っています。私達の所にもよく遊びに来ます。現在は、ChumlyとLunaの下にGRのFennを迎え、若いLunaとFennはイギリスより帰国された磯野麻衣子先生よりイギリスのガンドッグトレーニングを習いトレーニングに勤しんでおります。 (ブログ内に掲載されている写真、画像の無断使用を固くお断り致します。) PINTERESTにペタペタと保存してますので見に来て下さい。 http://pinterest.com/yokoaldred/ 2010年の2月〜2010年7月のブログはmixiを利用しています。
This entry was posted in Doggies. Bookmark the permalink.

4 Responses to Tipiの抗がん剤療法:4回目

  1. チンポン says:

    血液検査の結果の体重増加もよかった、よかった♪
    薬を擬人化したらおかしいけれど、「オンコビンさん、副作用なしでTipiガン退治よろしく頼みますよ」って言いたい気持ちです。
    新しく服用する薬もあるのですね。ごはんの水分を増やすとかしてたくさんオシッコを出してあげてください。オシッコに連れ出すのが頻繁だと大変だけれどがんばって!
    Lunaの左手がかわいいです。なすがままのTipiもかわいい!

    • tlc4yoko says:

      チンポンさん、こんにちは〜♫

      一応、人間どもの中では、ティピの抗がん剤療法は上手く進んでいると理解しています。
      そしてティピにも、副作用が出ていない…と思いたい。
      今回のオンコビンの効き具合い次第って所でしょうか。

      オシッコ…たくさん連れて行ってあげようと思ってます。どんどんオシッコで出しちゃえ〜って。

      いつもティピを応援して下さってありがと〜〜〜♫

  2. せっちゃんの抗がん治療中、せっちゃんのおしっこの処理をするときの最初の3日間はビニール手袋はめてました。
    本当かどうかわからないけど、触らない方がいいと聞いたので。
    他のわんこにも直接触らせないようにと心がけました。
    散歩の時は、4リットルの水を入れたペットボトルを背負って散歩しています。
    完全に流せるように。少なくなったら途中の公園でくんだりして。

    Tipiちゃんに副作用が出ないようにお祈りしておきます。

    • tlc4yoko says:

      チャキママ、こんばんは〜☆

      チャキママからのコメントを外出先の横浜で携帯で読んで、帰ったらコメントって思ってた矢先に、家でお留守番してくれてたゆうちゃんから電話で『ティピがご飯を食べない』って…
      直ぐに掘先生にお電話したら、診て下さるって事。先生からの電話待ちをしています。
      病院に行く前にオシッコなどさせてと思ったら、下痢…。

      とりあえず、先生からの電話を待ってこれから病院に行って来ます。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s