オンコビンの副作用

オンコビンで副作用はあまりでないって言うお話しだったけれど、ティピにはその副作用が出てしまいました。

前回、腸の動きが完全に止まったのも、考えたくはなかったけれど、オンコビンの副作用だったんですね。

今日はお昼になって2回吐き…吐いた時にも寝転んだまま(伏せの状態)でした。

その後も横たわっていましたし、また同じ様な感じだととっさに思い、堀先生にお電話し、夕方の診察に入りました。

昨日の夜とは打って変わって、腸の動きはドンヨリしてて、これはまた

この前の様になるな…って先生も思ったそうです。

今夜は点滴を外さない方が良いだろうと言う事で、入院となりました。

ティピは点滴をすると具合が良くなる事を分っているのか、看護士さんと一緒に治療室へスタスタと入って行きました。

オンコビンは今後のティピにキモセラピーを施して行くにあたり、大きな戦力となってくれるはずのお薬でした。

どうなるのか分らないけど、まずは『ティピの腸…ちゃんと動いてよ〜』です。

寒くない様にブランケットを置いて来ました。私が車に乗って靴を脱いで裸足で居る時に使うブランケット…私の匂いが着いてるから、きっと寂しくないだろうと思って。

明日はご前中に先生にお電話する事になっていて、夕方のお迎え予定です。

About tlc4yoko

I’m living in Kamakura, Japan with British husband and 3 lovely labs. Tipi passed away on May 13th, 2011, about 12:50. Now she is running around the sky with a healthy young body and visiting us quite a lot. Now we have Boy GR called Fenn.海辺のまち鎌倉にイギリス人の主人と3匹のラブラドールと暮らしています。ティピは2011年5月13日12時50分頃にお空に帰り、病気から解放され元気な身体でお空を走り回っています。私達の所にもよく遊びに来ます。現在は、ChumlyとLunaの下にGRのFennを迎えました。 (ブログ内に掲載されている写真、画像の無断使用を固くお断り致します。) PINTERESTにペタペタと保存してますので見に来て下さい。 http://pinterest.com/yokoaldred/ 2010年の2月〜2010年7月のブログはmixiを利用しています。お読みになりたい方はメール下さい。
This entry was posted in Doggies. Bookmark the permalink.

2 Responses to オンコビンの副作用

  1. チンポン says:

    う~ん、やはりオンコピンの仕業でしたか…。そうでないことを願っていたのですが。前回のように白血球の数が減らないように、先生は早めの対応をなさったのでしょうね。そしてオンコピン治療の代替案を全力で考えてくださることと思います。
    いい香りのブランケットと一緒におりこうさんで入院しているTipi。健気でジーンときちゃいます。明日はニコニコ笑顔でお家に帰れますように。

    • tlc4yoko says:

      チンポンさん、こんばんは〜☆

      今日は何だかなかなか眠りにつけず、又してものこのこと起きて来ちゃった…明日は早くに面会に行こうかと思ってるので、寝なくっちゃ!!です。

      ホント…先生方も私達も副作用でない事を祈っていたのですが…

      ティピはきっと点滴で具合も良くなっているはずです。
      明日会うのが楽しみ…早く寝ましょ〜っと。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s