チャムのアレルギーと待望のtikiおやつ

チャムはチキンにアレルギーがあると言われましたが、その時に先生から「アレルギー検査に使うチキンがいけないウンチャラ…」と説明を受けました。(もっとしっかり説明を聞いて来なくちゃいけませんね…)

と言う事で、去年の夏もそうだったのですが、この季節から蒸暑いと言う事もありピークに向けてひどくなっていました。

なので、今年はこれから老犬エイジに突入するチャムのために「チキン離れ」をしてあげようと言う事になりました。

ルナの実家の母さんや、兄弟犬Hたんママに色々と指導して頂き、1週間、1種類だけの同じお肉のみを食べさせてみようと思います。それを週ごとに変えてあげて見る事にしました。

まずは馬肉から…。

この馬肉に関しては、イギリス人の主人は『うぅ〜〜〜ん、馬のお肉をあげるの? かわいそう…』って今もなお言い続けています。

ティピの時の「安楽死」の次に、文化の違いを感じます。馬について、主人は犬と同じ様に思っているので、それを食べると言う事がどうしても理解出来ないんですね。

でも今回、馬肉から入り、鹿のお肉…等試してみるつもりでいますので、『パパ…ちょっとだけ我慢してくださいな…』と言ってあります。

生活を共にし出して20数年…、何と言う文化の違いも、彼を西洋人とも意識をせずに暮らして来ましたが、ここ最近、「安楽死のタイミング」と「馬肉をあげる事」などで、何となく、違った文化に育ったんだと言う事を感じます。

『パパってイギリス人だったんだね〜』ってガールズに話しかけています。

そして、食べ物話題の続き…

待ちに待った「芋丸ステーキ」、「芋ブツ切りステーキ」と「馬灰せんべい」「馬灰チップ」が届きましたぁ〜♫ どれもこれも添加物、保存料など一切使用していません。

『ハウスぅ〜♫』ッと言うママのかけ声に、「あぁ〜何か貰えるのかなぁ??」と、ウヒョウヒョと喜んでソフトクレートの中に入って待つガールズに、今日は芋丸ステーキを1本づつあげてみました。親戚犬の中ではアッと言う間に平らげてしまった子も居る様です…。

アッと言う間にペロっ!!だと思っていたチャムが結構ゆっくり目に食べていました。

あ…それと、見えますか?チャムの指の付け根ぐらいの所…色が違うでしょ…これは、アレルギーなのだそうです。

そして、何でもゆっくり味わって食べるルナ

「馬灰チップ」は、馬肉を食べている1週間のトレーニング時のご褒美に使うつもりです。

今日は何となく日差しが強くなく、朝の散歩もスムースにしてきました。でもきっとこれからガールズ地方は気温が上がるのかなぁ?

我が家のガールズはもぉ1週間、お兄ちゃんに会ってません。

ルナ『ねぇねぇ、チャムちゃん…お兄ちゃんどこに行っちゃったの〜? 全然アタシに会いに来ないじゃないのさっ!!』

チャム『そう言われてみれば、そうだね…一体お兄ちゃん、どこに行っちゃったのかねぇ〜』

っと、1階のお玄関が開く音がする度に、2頭並んで耳を傾け2階に上がって来る足音があるかを聞き入っています。

 

 

 

About tlc4yoko

I’m living in Kamakura, Japan with British husband and 3 lovely labs. Tipi passed away on May 13th, 2011, about 12:50. Now she is running around the sky with a healthy young body and visiting us quite a lot. Now we have Boy GR called Fenn.海辺のまち鎌倉にイギリス人の主人と3匹のラブラドールと暮らしています。ティピは2011年5月13日12時50分頃にお空に帰り、病気から解放され元気な身体でお空を走り回っています。私達の所にもよく遊びに来ます。現在は、ChumlyとLunaの下にGRのFennを迎えました。 (ブログ内に掲載されている写真、画像の無断使用を固くお断り致します。) PINTERESTにペタペタと保存してますので見に来て下さい。 http://pinterest.com/yokoaldred/ 2010年の2月〜2010年7月のブログはmixiを利用しています。お読みになりたい方はメール下さい。
This entry was posted in Doggies. Bookmark the permalink.

15 Responses to チャムのアレルギーと待望のtikiおやつ

  1. riri says:

    テーブルの下から「コンニチハ」されてから、チャムちゃんファンになった私、、
    相性のいいお肉が見つかって、症状が落ち着きますようお祈りしています。

    ンニャマもアレルギーひどかったので、ご心配のお気持ちわかります。
    力強いアドバイザーもいらっしゃるし、きっとよい方向に進むと思います。
    パパさんにはちょっと目をつぶってもらって、、、
    低カロリー高タンパクでダイエットになると聞いて、ロフェもよく馬肉食べてますよーー。

    • Yoko says:

      ririさん、おはようございます♫

      そうなの…ちょっとの間、パパには目をつむって貰おうと思ってます。

      ロフェも食べてるの?
      わぁ〜、今度見せて下さいな〜♥

  2. ワンコのかあさん says:

    雨が降りそうで降らにので、サウナ状態です。
    関東地区は関西よりは過ごしやすのかしら?

    我が家のルナは、丸ごとお芋は1分以内完食です。
    長持ちおやつとして買ったのに想定外でした(^^;)
    3代目がひどいアレルギーだったので、この子たちにはアレルギーが出ないように数種類の肉を週単位で食べさせています。
    馬・鹿・鶏・ターキー・羊・イワシ&ウズラ、時々、牛。

    もしかしたら私より食生活は贅沢かも…

    • Yoko says:

      ワンコのかあさん、こんにちは。

      私は今まで新堂さんの完全生食だけできたので、色々と未開発な事だらけで…色々な方に伺って試しています。
      今週、チャムはチキンを一切食べないで、馬肉にトライです♫ 
      上手くアレルギーがひどい事になりません様に…と祈るばかりです。

      ぜひ、色々なお肉のあげ方など教えて下さい。

      私もそう思うっ!!私達なんかよりきちんとコントロールされていい食事を取ってると思います。
      私の食事も誰か管理してくれないもんかしら…

  3. イエロードッグ says:

    イギリス人じゃないけど、僕も馬肉は抵抗があります。
    クジラも。
    実は牛や豚を食べるのも、あんまりいい気はしません。
    牛はかわいいし、あの目を見ると。
    食べる時はできるだけ、そういう思いは払拭してます。
    でも積極的に食べないですね。
    ベジーなわけではないです。
    魚は大好き。
    鶏肉はどちらかというとあまり好きじゃない。

    安楽死についても、確かに文化の違いがありますよね。
    馬も骨折して苦しんでるならその場で撃ち殺す、狩猟犬も
    大けがや狂犬病の時はやはり撃ち殺す、というのを映画や
    本で知りました。
    断腸の思いでしょうけど、苦しませるのは酷、苦しませ
    ながら生きて欲しいと願うのは飼い主のエゴ、ということ
    なのじゃないか、と思います。

    先代犬の最期はあまりにも苦しんだので、安楽死させました。
    辛かったですよ。
    自分の手で殺してしまったようなものですから。
    この先同じような状況に置かれたら、また苦渋の決断をする
    かもしれません。

    • Yoko says:

      イエロードッグさん、こんばんは〜☆

      私もクジラの肉や馬肉など食べた事が無いんです。
      なので、あげる事自体抵抗はあったけれど、主人の「それ」とはまた違う様な気がしました。
      「安楽死」についても、ティピの時の事でいうと、一番早い時期に「安楽死」を思ったのは主人で、その次に私…そして息子…先生っていう順番だったかな?

      でも私も息子も主人も、苦しむのなら直ぐに「安楽死」と思っていました。
      最後の1日…そこが私の感じた文化の違い…主人は早く逝かせてあげたかったんでしょう。
      私は、息子に後悔してもらいたくなかった………、ティピが逝こうとしているのは感じました。
      特にアニマルコミュニケーションでも自分で逝く時を決めたいって言ってたから…それがかなうんだって思いました。
      ティピの生きていた最後の日には、本当に色々な事を感じました。
      H先生も時間を惜しまず私達の心とつき合って下さり、『先生だったら、どぉなさいますか?』と言う私達の投げかけた言葉に、「西洋人のそれと、日本人との違いって言うのがあるんだと思う」と仰ってました。

      イエロードッグさんの下された決断は、先代のわんちゃんを楽にして差し上げた、最善の決断だったのだと思います。
      辛い決断こそ、家族の私達にしか出来ないですものね。

      愛犬の命にフェアーでありたい…そういつも思っている私です。

  4. チャム・リム・Y says:

    チャムちゃん・・・
    アレルギーは辛いですね。
    リムもセンターで食べていたフードが合わなくて、目の粘膜とかが赤くなってました。
    獣医さんに『アレルギーが出てるから、年取ったら、口とかの粘膜が赤くただれたりするよ』
    と、言われフードを見直すキッカケになりました。
    その頃から、tiki母さんのショップにお願いし、生食のアドバイスを受けてきました。
    親戚さんには、経験豊富なアドバイザーが、多数いらっしゃいますから~
    私たちは、恵まれてますよ~
    試行錯誤ではありますが・・・今に至っています。
    チャムちゃんのアレルギーがよくなりますように。

    安楽死・・・
    これは、本当に考えますね。
    目の前で苦しんで苦しんで、助けを求めて来たら・・・
    そうしなくてはいけないのかもしれません。
    でも、とても勇気いる事ですね。

    パパさん・・・
    お馬さんの姿を思い出さないで下さいね。
    それはちょっと・・・辛いですものね。
    ありがとう・・・って感謝してます。

    • Yoko says:

      チャム・リム・Y さん、こんばんは〜☆

      そうなんです…私自身も、馬肉とかクジラの肉とか食べた事がなくって…だから、どっちかって言うとパパサイドの感じなんですが、それでも、分かって言うのは根強く心のどこかにへばりついているもんですね…。

      パパに言っておきますね…(笑)

  5. もに香 says:

    親戚犬のマイク(ワイマラナー)も食物アレルギーで、たしか麦類が駄目だったような。
    チャムちゃんの体質に合う食事が早く見つかるといいですね。

    ドイツでは自然死って まず無く、事故死か安楽死です。
    我が家ではパッチーもエイミーも安楽死でした。 家族全員が同じ意見だったのですが、パッチーの時は 「その日」をなかなか決められなくて 娘の方がしっかりしてました。
    獣医に自宅へ来てもらい 娘と私に抱かれながら逝きました。  安楽死させた事を後悔してないし するべきではないのですが、エイミーをパッチーのように自宅にて逝かせてあげられなかった事が悲しいです。

    エイミーの動画ですが、 どうぞご自由にお使い下さい。
    エイミーも喜んでくれるはずです。

    • Yoko says:

      もに香さん、おはようございます♫

      本当に難しかったです…あのタイミング…。

      でも、きっと、どの子も、家族の決断を受け入れてくれる…本当にすばらしいと思います。

      エイミーの動画早速のブログで紹介させて下さい。
      ありがと〜。

  6. ライデン母さん says:

    ライデン、カンナもお腹が復帰。でもやはり各自好き嫌いが違います。
    カンナは生肉やにおいのきついものはだめ。ライデンは本当に安い缶詰で淡白なものはだめ。
    めんどうです。
    そろそろまたカンガルー肉を注文します。馬肉もいいけどカンガルーはまったく脂分なし、においなし、です。
    二人に合わせたらいったん湯がきます(湯がいたほうがにおいがきついのですが・・・)。
    どういうわけか、与えない限りおやつをほしがることは全くないです(そりゃ、与えたら食べますが)。
    ライデンはあまりにも1歳代は皮膚が弱く、ホットスポット、膿皮症と一年中、かさぶただったのですが二歳になったらましになったし、魚を週二回の割りで与えてます(結構いいみたいです)。
    ただ、よくあるなまずのドライフードはまずすぎてまったく食べませんでした(たしか14キロかなんか無駄にしました・・・)。

  7. Yoko says:

    ライデン母さん、おはようございます♫

    そうでしたか…食事内容では結構大変なんですね…。
    今度ゆっくり教えてください。

    カンガルー肉は、アレルギーを持ってる子と暮らす人達が最終的にたどり着くお肉だと聞きました。

    あ…!!そうそう、今日ブログで、あのオモチャを上手に遊ぶ、ブログお友達のご愛犬の動画を載せます。ぜひ、見て下さいね。

  8. ターミ姉ちゃん says:

    きい兄は、ちゃんと調べたわけではないのですが、卵がイマイチです。
    生卵を食べた後、お腹にブツブツが出来てしまいました。
    納豆に少しくらい混ざっているのは大丈夫みたいですけど、積極的には
    あげないでいます。
    あと牛肉も、慣れないのかお腹が少しゆるくなります。
    なので、きい兄は馬肉が多いです。あと、ラム肉・マトン・鶏ガラ・魚は
    何でもOKのようです。
    フードはいろいろ試しましたが、みんな軟便になりがちだったので
    やめて全て手作りにしました。

    個体差だから、いろいろありますよね。
    その子になにがベストなのか、さぐってあげたいです。

    人間のご飯はどうでも良いです。

    あ、Tシャツありがとうございました。メチャクチャ早くてビックリ。
    後でUPしますね。

    • Yoko says:

      ターミ姉、こんにちは〜♬

      今日はゆうちゃんにガールズを預けて、みなとみらいに来ています…この後、車を点検に出したり、今日は横浜近辺をうろちょろです。

      きい兄もやっぱりアレルギーが何かにあるんですね。
      ルナはラッキーな事に何もアレルギーは今の所ない様です。

      私も始めたばかりでまだまだ分からない事だらけなのですが、馬肉が終わったら、お魚を丸ごと‥って言うのをやるんですが、早くあげてみたいです。
      お肉もミンチになってないぶつ切り状態のをあげているので、何となく量が多い様に見えて、ガールズは大満足です。

      お野菜も色々なお野菜をトッピング出来るので、その残り物を人間の私達も食べたり出来るから、人間にとってもいいのかも知れませんね。

      Tシャツ、ぜひ着て下さい。7月17日〜18日と大阪と東京でコンサートです…そのとき用にホワイトジンジャーのデザインのTシャツも新しく作りました。当日に見るのですが今から楽しみです。

  9. riri says:

    わーーーお魚丸ごとですか!!
    ロフェは小さなお魚をぶつ切りしているもの(解凍して生で与えるという説明でした)を与えたら、
    胃に負担があったみたいで、数十分後に吐き出してしまいました。
    骨が刺激になったのか、なんなのか。

    以来、与えるのはミンチ状のものか、3枚おろしにしてぶつ切りにしたものです。
    骨は外して与えるようにしてます。
    動物の骨が大丈夫なんだから、お魚の骨も平気なんでしょうが。
    ぜひ結果を教えてくださいね。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s