季節の中の犬達 (暑さと寒さ)

「水遊び…」人間も、犬も夏になったら絶対にリストに上がって来る遊びの1つだと思います。

我が家のガールズ達も、海が大好きだったティピのおかげで、問題なく海遊びは出来ているのですが…

犬の中には、日本人で「日本舞踊が踊れない人」、「お茶をたしなんだ事がない人」「着物を着れない人」等がいるはずですが、それと同じに犬にも「泳げない犬」「水に恐怖のある犬」達がいます。

まずは私の大好きなdogactuallyのライター、京子アルシャーさんの記事「犬の水遊びの心得」を皆さんにご紹介したいと思います。是非読んでみて下さい。

犬の水遊びの心得

そして、水のある所‥って言ったら、今では室内の犬用プールとかもあるけれど、ガールズ地方は海があるので、よく見る悲惨な光景の1つは「人間の日光浴につき合わされている犬達」です。

かわいそうに、朝、都会から来た時には冷たいアスファルトや冷たかった砂浜も、時間がたつに連れてジリジリとして来ます。

そして最初はたっぷりあったお水も、犬達がリード後と移動する度にチャッポンチャッポンとお水は犬の口に入る事なく熱を持って乾き果てたアスファルトや砂浜のご馳走となります。

ちょっとした時間の経過で、さっきまで陽はあたってなかったはずの犬達に、太陽がジリジリとあたる様になります。

この様な自然の原理を分からない人達が、夏を前にして「犬と日光浴」なんてことを始出す訳なんですが‥餌食となる犬達が結構います。

今年も夏に入る前のある日差しの強い日に、ポメラ二アンを引きずるようにして、酔っぱらって歩いていた若者を見うけました。

この様な人間に生き物を扱う資格はないです。

幾らこの日以外にはかわいがられていても、この様な頭の人間は、虐待と気づかず、次から次へと捨て犬捨て猫を家に連れて来る人達と一緒で、虐待をする人と同じだと思います。

皆様も是非、「愛犬家のはずだったが実は虐待??」なんてことのない様に…。

いくら人間のあなた達がクーラーが嫌いでも、毛むくじゃらな犬達に日本の夏(特に地球温暖化で昔とは違うので)は厳しい物です。

ご自分がクーラー嫌いなら、愛犬(老犬や老人…子犬や赤ちゃんは絶対!!)だけでもエアコンの部屋に入れてあげましょう。また、冬は寒さをしのげる様に適度の暖かさを愛犬たちに与えてあげられる様にしましょう。

以前、ブログで書いたのですが、この熱による免疫力低下が元で病気になる犬達もいるそうです…。病気だったらもっとの事ですよね。

私事ですが、去年の夏から私の甲状腺数値がピークによくありません…甲状腺はストレスによる物だと言われています。

そのストレスには精神的な物もありますが、この夏の間の「日光による熱」も原因になるそうです…、まぁ、アタクシ、日光浴はもぉこの歳になってはしておりませんが…(オホホ)

なので、今年の夏…呉々も、ご愛犬を熱から守る事を忘れずにして下さい。

それが出来ないなら犬と一緒に暮らす事を選ばなければ良いんだっ!!って思います!!…アタクシっ!! …ってな事で、今日は画像なしのお喋りで終わりにします。

About tlc4yoko

I’m living in Kamakura, Japan with British husband and 3 lovely labs. Tipi passed away on May 13th, 2011, about 12:50. Now she is running around the sky with a healthy young body and visiting us quite a lot. Now we have Boy GR called Fenn.海辺のまち鎌倉にイギリス人の主人と3匹のラブラドールと暮らしています。ティピは2011年5月13日12時50分頃にお空に帰り、病気から解放され元気な身体でお空を走り回っています。私達の所にもよく遊びに来ます。現在は、ChumlyとLunaの下にGRのFennを迎えました。 (ブログ内に掲載されている写真、画像の無断使用を固くお断り致します。) PINTERESTにペタペタと保存してますので見に来て下さい。 http://pinterest.com/yokoaldred/ 2010年の2月〜2010年7月のブログはmixiを利用しています。お読みになりたい方はメール下さい。
This entry was posted in Doggies. Bookmark the permalink.

16 Responses to 季節の中の犬達 (暑さと寒さ)

  1. ゆう says:

    おおーーーー文章に力が入ってますねーーーあはは!
    日本はだんだん亜熱帯地域の気候になってると報告がありましたよ。
    なので、とても犬は耐えられない夏になっていくのだそうです。
    わからんちんは、犬と同じように毛皮をまとい、裸足で、この夏を経験してみればいいと思うよ。
    アスファルトや土の上なんて、この日差しで歩けるわけないですからね。

    • Yoko says:

      ゆうさん、こんばんは〜☆

      ほんと…素足で歩いてみろ!!って言ってやりたいよね。。
      それも這いつくばって、アスファルトから近くに化粧した顔でもおいてみんしゃいっていってやりたい!!

  2. says:

    本当におっしゃる通りですわ。
    この時期のアスファルトの道路は日没後でも熱いですから、砂浜を人間が素足で歩いてほしい。熱くて火傷しますよ。人も犬も年齢、体調、気候に応じて楽しみをチョイスしないとね。

    • Yoko says:

      京さん、こんばんは〜☆

      アホな人間と暮らす動物程かわいそうな物はない…よね。
      本当はそう言う人間を通報して、取り締まってもらうシステムが欲しいんだけど…。
      いつになったらアニマルポリスが導入出来るのかなぁ。

  3. akitsai says:

    こんにちは,犬の事になると喧嘩したくなります,先週4匹の小型犬を車に置いて飼主は家族を連れてレストラン入り2時間後出て來た時3匹が死んで一匹は病院へ連れて行ったがだめだった,こんな二ユ一スを見ると淚がとまりません,ついさっきのTVニユ一スでニハ卜りを積んだトラックの側へ野良犬がよって來たのを大きなほうちょうを投げつけ殺してしまった,もう人間じやない,…

    • Yoko says:

      akitsai さん、こんばんは〜☆

      こういう人間の元に居る動物は本当にかわいそう。
      死ねたわんちゃんは幸せかも…生き残った子はこのアホな人間とまた暮らさなくちゃならない。
      人間は脳みそがあるのに使ってない人が多過ぎ…そして一番残虐なのも人間…、悲しくなりますよね。

  4. ワンコのかあさん says:

    まったくまったく同感です!
    日中、自転車で犬を引いている人を見かけました。
    本人は風切って涼しいかもしれないけれど、毛皮着てやってみろ!と言いたい。

    • Yoko says:

      ワンコのかあさん、こんばんは〜☆

      私、アホな爺様が自転車に乗って、ビッコのわんちゃんを引いていたのを見てムカついたので、「ちょっと!!」って話しに言ったら『何言ってんだぁ、これはおれの犬だぁ』って怒鳴られました。
      いつだって「これはおれの物」…結局、物なんですよね…本当に悲しくなります。
      ひたすら吠える小型犬を足で蹴っている飼い主を見かけ、それについて言いに行った時にも同じ事を言われました。

      上でもコメントしましたが、早く日本にもアニマルポリスのシステムが導入されると良いと心から思います。

  5. ターミ姉ちゃん says:

    いますいます。本人が全然気づいていないよな、ってケース。
    日盛りにダックスを連れている馬鹿おっさん、お前が道路で腕立て伏せをしてみろ。
    クーラーは苦手だから使わないと言う冷え症女、毛皮着て考えてみろよ。
    頭の悪い飼い主に飼われた子は、本当に不幸です。

    生き物を飼う資格のないヤツは、二度と飼うなと言いたい。

    • Yoko says:

      ターミ姉、こんばんは〜☆

      ほんと…クーラーは苦手ってのよく聞きますよね…私も同感です!!

  6. totoboku says:

    同感です。
    愛読している「その後のサザビー」の飼い主さんはその昔、車内に放置された見知らぬダックスを救出するために、見ず知らずの人の車の窓をたたき割ったそうです。
    その行動には賛否両論あるとは思いますが、ワタシもスーパーの駐車場で車内で待っているコを見ると心配でたまらなくなります。
    そういうケースが意外と多いということ自体、日本は動物に対してなんて遅れているんだろうとガッカリしちゃいますね。

    • Yoko says:

      totoboku さん、こんばんは〜☆

      その方、どぉなったんだろ…法で問われるのはどっちだったんだろ…

      日本は動物に対しても遅れていますが、人間の生活水準も遅れていると思います。
      ホントにがっかりする事が多くて悲しくなります。

  7. もに香 says:

    私もdogactually、好きでよく読みます。
    我が家の最初の犬家族はパッチー、13年前 生後3ヶ月の時にやってきて 当時11歳だった娘がパッチーを抱いて湖に入り 犬には足が届かない所で水の中へ入れちゃったんです。
    娘は犬は当然泳げるものって単純に考えての行動だったんですが、パッチーにとってはショック パニックで それ以来 足の届く所までしか入らなくなりました。
    本当に可愛そうな事をしたって 今でも思ってます。
    2年後に来た相棒のエイミーは泳ぐの大好きで 一緒に泳ぐかなって期待したけど駄目でした。
    後にパッチーは生まれながら 背骨の一部が繫がってるのがレントゲンン検査で分かり、手術で治す事は不可能、そのせいでもあるのか?とも思いました。

    犬の身になってみれば 簡単に分かる事なのに それをしない馬鹿飼い主達が多い。
    悲しいです。

    甲状腺 大丈夫ですか どうかお大事に。

    • Yoko says:

      もに香さん、おはようございま〜す♫

      本当に人間の思い込みって言うのもかわいそうな事で、アメリカで問題視されている地下室で違法で行われる「ギャンブルに使う闘犬」達の中でも、練習台とされてかみまくられてボコボコにされる子達は、闘犬の素質なんてまるでない子達で、優しい子達が多いそうです。
      本当にかわいそう。

      私の甲状腺はもう10年以上の付き合いなのですが、この1年ちょっと数値が上がりっ放しで…「ストレスを感じない様に…」って言われても、ストレスをどんな風に感じない様にして暮らしたら良いのか…(笑)

  8. ranranlabra says:

    こんにちは^^
    この度やっとエキサイト以外のブログのリンクができるように
    なりましたので、遅ればせながら勝手にリンク頂戴しました^^;
    事後承諾ですんません^^;
    今後も宜しくお願いします♪

    • Yoko says:

      ranranlabra さん、こんにちは〜♫

      台風後はなんだか梅雨に逆戻りの様な天候が続きますね…

      土曜の夜7時からは私にとってテレビにかじりつきのゴールデンアワー(19:00−22:00)で、7時からはオーストラリアのブラッドとか言うトレーナーの番組…そして9時からはシーザー・ミランの番組…のはずが大雨で放送途中でシグナルをキャッチ出来ないとかで画面真っ暗になり…そうとうがっかりでした。

      リンクの件、今後もどうぞ宜しくお願いいたします。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s