お久しぶりなガールズと今日この頃…長くタラタラ書きましたが〜(><)

ふぅ〜、お久しぶりです。

先週の日曜日は私の待ちに待ったお初のアジリティの練習…って言う事もあり、もうそれはそれは楽しみにしてテンション上がりっ放しなワタクシだったのですが…

実は、土曜日の夜ご飯に息子夫婦とそうやとでお寿司を食べに行きまして…そこで食べたサザエに主人がビンゴ〜っ!と言う風にあたりまして…、夜中の1時過ぎからトイレと仲良くする事数時間…上も下も同時にやって来た様で…(><)

もうその時点で、これはもう明日はキャンセルしないと…って事になり…ってな訳で急にワタクシ、テンションが上がったり下がったりておりました。

しかし、それはそれでまたガールズに救われ…一緒にフリスビーをしたり、K先生とのトレーニングも楽しく参加!!

そうそう、この前も近所を散歩してたら『トレーニングってどのくらいの期間をすれば良いんですか?』って質問をされました。

私が思うに、犬と暮らされる方は全員…「そう」でないといけないと固い信念をもっているのですが、訓練とかトレーニングって言うと仰々しいですが、使う言語は問わずとして、「スワレ」「マテ」「フセ」「おいでと呼ばれて来る」「落ち着かせる」等などに関しては、今年の5月に亡くなったティピを例えても、1日も怠る事なく彼女が元気に自分で立って歩いている間は、自然に毎日の生活の中に取り組まれて実行していました…。

なので、『さぁ、トレーニングしましょ!!』と言う様に意気込む事なく、人間の子供を育てる時と同じ事だと思います。

そこで、人間の子供を例えましたが、人間の子供よりもしっかり私達、親の横を手をつないで(リードにつながれて)歩くのは犬の方だと思います。

また、「犬の教育や躾が出来ない」「時間をさけない」って事は、「人間の子供に行儀作法を教えられない」「忙しくって子供の教育に時間をさけない」と言っているのと一緒の事だとも思っています…(あはは、言っちゃったぁ〜!!)

ここから話しは「人間の子供」の事になるのですが、私達がよく足を運ぶ海浜公園にはインターナショナル・キンダーガーデンの先生と子供達、そして、日本の保育園の先生と子供達が遊びにやって来ます。

インターナショナルの保育園は先生1人に2人の子供が基本の様です。なので、子供の手をしっかりつないでやって来ますし、移動の際も子供の手をしっかり握っています。そして、私達の所にやって来ても『犬を触る時にはちゃんと聞いてからよ…』『どこを触って良いか聞いてご覧なさい?』等を子供達に教えています。さて日本の保育園の方は…と言うと、子供同士がヨタヨタと手をつないで、1人の先生がたくさんの子供を面倒見ています…でも、これは入園している子供の人数にもよるのでなんとも言えない事だと思うのですが。子供達はチリチリバラバラに遊んでいます。

そして何と言っても声を大に貼り叫んでいるのが日本の子供達…何でなんだろうっていつも疑問に思います。そして落ち着きがない…。先生も『だめだめだめだめ〜!!そっち言っちゃダメ〜』って声を限りに張り裂けん出るッて言うか怒鳴ってる。

これって犬の躾にも凄く影響していると思いました。

シーザーの良く使う、『Calm & Assertive』『落ちついて、そして自信をもって』…にはかけ離れているなぁと思うのです。

子供が泣き叫んでいる時に落ち着かせるどころか、『泣くな!!』と暴力的に言ったり、『なんでお前はそんなに言う事を聞けないんだ!!』とか怒鳴りまくったり『ただひたすら無視して歩き続ける親』などをよく目にします。

そんな事も、吠え続ける犬を無視して躾もしない犬の飼い主や、吠えれば蹴ったり叩いたりする犬の飼い主に比例して似ている様な気さえもします。

人間のあり方を見直さなければいけないのかもしれませんね。

たらたらと書きましたが、我が家のガールスは元気にしています。

毎日ではないですが、風のない日はフリスビーをして遊んでいます。ボール遊びより何となく楽しそうに見えるのは私だけかなぁ。

そして、吐き下した主人は胸の筋肉が筋肉痛の様になっておりまして…私が2頭をひいております…。

K先生にも上手く2頭が並んで歩く様になったって褒めていただきました。

下はスレンダーなルッちゃん

そして、お玄関の中に母から頼まれていた大きなリースを飾りました。

後は我が家のクリスマスツリーを飾るだけ…。

スレンダーなルッちゃんに追いつきます様に…って言ったって、相手は今まさにティーンを行ってる訳なんですが…食べ物はお野菜中心を心がけて。

お昼ご飯は、蒸し野菜と胚芽米と納豆におみおつけ…が、ほぼ毎日なワタクシです。

蒸し野菜とおみおつけ

About tlc4yoko

I’m living in Kamakura, Japan with British husband and 3 lovely labs. Tipi passed away on May 13th, 2011, about 12:50. Now she is running around the sky with a healthy young body and visiting us quite a lot. Now we have Boy GR called Fenn.海辺のまち鎌倉にイギリス人の主人と3匹のラブラドールと暮らしています。ティピは2011年5月13日12時50分頃にお空に帰り、病気から解放され元気な身体でお空を走り回っています。私達の所にもよく遊びに来ます。現在は、ChumlyとLunaの下にGRのFennを迎えました。 (ブログ内に掲載されている写真、画像の無断使用を固くお断り致します。) PINTERESTにペタペタと保存してますので見に来て下さい。 http://pinterest.com/yokoaldred/ 2010年の2月〜2010年7月のブログはmixiを利用しています。お読みになりたい方はメール下さい。
This entry was posted in Doggies. Bookmark the permalink.

8 Responses to お久しぶりなガールズと今日この頃…長くタラタラ書きましたが〜(><)

  1. akitsai says:

    お早ようございます.待ちに待ったヨ一コさんをやっと見つけました.ルナちゃんス夕イルがいいね.世界選手權のミス.ワンちゃんに成れますよ….ご主人サザヱのサシミを食べたのですか?お大事にして下さいね.こちらにも食あたりがよく有るので.うちの主人は外食しないの.病身だから…

    • tlc4yoko says:

      akitsai さん、おはようございます。

      外食なさらないってことは、akitsai さんは毎日作られるって事ですか?大変ね〜。
      私は、もう手抜きも良い所です…、人間の方は(笑)

      そうそう、最近になってサクラメントに住む親友の娘から勧められて始めた好きな画像とか写真とかrecipesなんかを貼っておく面白い物を始めたんです。
      お時間あったらのぞいてみて下さい。

  2. パパさん、大丈夫なんですか?
    上げ下しじゃホントに体力消耗でしたね
    サザエ、貝類は怖いですね~ でも美味しい・・・

    スマートなルナちゃん・・・いいなぁ・・・フィリーはお芋禁止で頑張ってます(笑)
    もともとのズングリなタイプのラブなので肋骨の幅異常には小さくはなれないけどね
    頑張って少しでもルッちゃんに近づけるといいなぁ・・・無理か(笑)

    • tlc4yoko says:

      フィリーママ、こんばんは☆

      もう大変な騒ぎでした…でも、食中毒って出し切ってしまえば結構スッキリな様で…。
      でも翌日もその翌日も吐いたから胸の筋肉が痛かったみたいです。

      フィリーは今のままでかわいいけど、痩せなきゃダメなの??

  3. もに香 says:

    貝にあたってしまうとは パパさん災難でしたね。
    きっとその時の体調もベストではなかったのかしら、、、、、どうぞお大事に。

    保育園の話ですが やはり一人の先生が大勢の園児達の面倒を見るって事自体 無理が行きますよね。
    一般的に子供の社会化指導は欧米の方が進んでいると思いますが、こちらでもたまに呆れてしまう親も見かけます。

    フリスビーはボール遊びと違って難しそう。トレーニングが必要ですよね。
    イエローラブって 太ってなくてもデブちゃんに見られがちですが、ルナちゃんは写真でも本当にスマート。 勿論 食事&スポーツが大切ですが体質にもよるんでしょうね。

    • Yoko says:

      もに香さん、おはようございます。

      はい…とっても辛そうでした(苦笑)

      保育園…園児が多過ぎるって言うのもあるのだろうけれど、ケイスケが小学校だったころ、夏休みに突入すると、1週間くらいは「日本独特の張り裂けんばかりの大声」に悩まされた物です。
      トーンダウンさせるのに1週間はかかります。そして秋になって学校に戻ると又しても…(笑)
      私自身としてはなんだか犬のしつけと関係する様な気がするんだけど…(あはは)

  4. ranranlabra says:

    ご主人災難でしたね~(><)お大事にして下さいませ
    かく言う母ちゃんも食中毒の経験あり!
    とっても辛かったぁ・・・
    もうサザエは食べられなくなるかもですね^^;
    マグロのおさしみにあたった母ちゃんはその後も懲りずに食べ続けています^^;
    どんだけずうずうしいの~^^;

    • tlc4yoko says:

      ranranlabraさん、こんばんは☆

      もぉ多分主人はサザエを食べないで一生を終えると思います(笑)基本、貝類が好きではないので大丈夫だと思います。

      マグロかぁ、それは食べたくなっちゃいますよね…
      でも食中毒はつらいからなぁ(><)

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s