ケイスケとの出張&ティピを想って…

朝、5時起床…『なんでぇ〜?』と言う顔で、私の後を眠そうな顔でついて来たルナ…。

しきりに『ベッドルームに戻ろうよ〜』って愚図っています。

しきりに愚図ったあげくの果てには、1人で私のベッドに行って寝てました…(笑)

かわいいもんだわ…るっちゃんは♥

今日は久しぶりに昔の様にケイスケと2人で北海道は札幌まで日帰りの打ち合わせでした。

Patagoniaのインナーでしっかり防寒対策をしたわりに、札幌はそんなには寒くありませんでした。(昨日は結構寒かった様ですが…)

来年の7月、札幌の大通公園でアロハウィークと言うお祭りをすることになりました。20万人から40万人が訪れると言う事です。

最終日には、格式高いパークホテルのパークホールにてディナーショー決定…。

着々と2012年の仕事も私のモールスキンのスケジュール帳の上で埋まっていきます。

行きの機内でケイスケから『ヨーコさんは飛行機に乗ってだったらどこに行きたいの?』と聞かれ、『イギリス!!』っと即座に答えてはみたのですが…『でも、チャムとルナを置いて日本を出るのはいやだから、国内だったら大分の由布院!!』と答えました。

大きな地震がいつ起きてもおかしくないとかこんなに騒がれているのに、ガールズを置いて日本を出る気にはなれません…。きっと、ご愛犬のいらっしゃる皆様も、同じ事と思います。

きれいな真っ白い雲の絨毯を飛行機の窓越しに見ていたら、ティピの事を思い出し一人ウルウル(><)

きっとどこにでも自由に行けるようになったティピは、白い雲の絨毯の上も走り回っているのかなぁ…。

眼鏡のむこう側の涙に気づいたケイスケが『アニマルコミュニケーションでもやって貰ってティピと話してみたら?』と言ってくれました。

「…そうだね、そろそろティピも虹の橋を渡ってお仕事に就いてる頃だものね…。」

鎌倉に帰ったら、アニマルコミュニケーターのまめさんに連絡してみようかな。

いくつかの打ち合わせをこなし『札幌の日帰りはちょっときついね!!』と言いながらついた飛行場で、鎌倉で待つ主人にお土産など買い込み、眠い目をこすって乗り込んだ飛行機内で出たお夕飯…なんと言う偶然でしょう♫由布院で育ったお米や、お野菜を使ったものでした。

ケイスケとこれは絶対に何かを感じるから是非、由布院に行ってみようね♫と、なんだか疲れも吹き飛ぶ様な会話を楽しんだアタクシでした〜。

そうそう、最近のルっちゃんったら…私が出かけると物を破壊します!! これは良くない!!って事で、ただいま、対策を練っています…癖になる前にやめさせないと…。

1つよくなると1つダメ…『3歩進んで2歩下がる』の繰り返しです。

羽田からの帰り道の車の中もケイスケとたくさんティピの話しをしながら帰って来ました。

下は1人っ娘だった時のティピ…若いなぁ、艶ッ艶…♫

なんだか今日はきっとティピも一緒に札幌について来てた様な気がしてなりません。

この写真のティピもまだまだ1人っ娘の時でお口の回りにちょっと白髪が生えていますが、これは最初の癌の手術後『完治しました』ってお墨付きをいただいた頃…6歳くらいの頃だと思います…。若いなぁ、本当に。

ケイスケも『ティピに会いたいなぁ〜』ってそればっかり…。こんなにティピを思いティピの話しをしたのも何かを私達に伝えたいのかしら…?やっぱりアニマルコミュニケーションをやってみようかな?

 

About tlc4yoko

I’m living in Kamakura, Japan with British husband and 3 lovely labs. Tipi passed away on May 13th, 2011, about 12:50. Now she is running around the sky with a healthy young body and visiting us quite a lot. Now we have Boy GR called Fenn.海辺のまち鎌倉にイギリス人の主人と3匹のラブラドールと暮らしています。ティピは2011年5月13日12時50分頃にお空に帰り、病気から解放され元気な身体でお空を走り回っています。私達の所にもよく遊びに来ます。現在は、ChumlyとLunaの下にGRのFennを迎え、若いLunaとFennはイギリスより帰国された磯野麻衣子先生よりイギリスのガンドッグトレーニングを習いトレーニングに勤しんでおります。 (ブログ内に掲載されている写真、画像の無断使用を固くお断り致します。) PINTERESTにペタペタと保存してますので見に来て下さい。 http://pinterest.com/yokoaldred/ 2010年の2月〜2010年7月のブログはmixiを利用しています。
This entry was posted in Doggies. Bookmark the permalink.

12 Responses to ケイスケとの出張&ティピを想って…

  1. チャム・リム・Y says:

    久しぶりにケイスケさんと二人で、ティピさんの思い出をお話し出来たんですね~
    きっと、ティピさんは、一緒に出張に行ったんじゃないかなぁ?
    以前にもお話しましたが・・・
    チャムが旅立った後は『なんで、いつもいたチャムがいないの?』
    ・・・って、寂しかったのですが、今はいつも一緒にいてくれる・・・って思えるんですよ~
    1年以上経ってからだったでしょうか?
    側にいる・・って思えると、どうしようもない寂しさは無くなります。
    でも、それには時間が必要ですよね。
    でもYokoさんに、いつもそうやって思い出して貰えるティピさんは、幸せですよ~
    ホント、良い御嬢さんだったんでしょうね。

    それにしても、“側に来て~”って、愚図るルナちゃん、ハウルそっくり~(笑)
    カワイ過ぎ!
    やっぱり、ミニハウルだな~(笑)
    お布団からはみ出てる、足とお鼻と口が・・・たまらなく可愛いです!
    そうそう!
    こんな可愛いコ達を置いて、海外には行けませんよね。
    うちも、オヤジが北海道とかカナダ(これは夢です!)にスキーに行きたいって言いますが・・・
    『自分だけ行けば?』って言ってます。
    リム・ハウルを置いて、何泊かしても楽しくないし、気になってしょうがない・・・
    仕事じゃなくて遊びなら、なおさらです。
    何をおいても、やっぱり・・・
    ワンコ達が自分の生活の基準になっています。
    このコらは、私たちが守るしかないんですもの!

    それにしても、ケイスケさんは良い息子さんですね。
    なんていうか・・・男性なのに、心遣いとか言葉が優しいんですもの。
    Yokoさんの育て方が良かったんでしょうね!
    一緒にお仕事が出来るなんて、サイコーですね。
    うちは、オヤジと・・・喧嘩しながらやってますから(笑)

    • Yoko says:

      Yさん、おはようございます。

      Yさんだって喧嘩する程仲良しって事ですよ〜(笑)

      愚図ってルナ…とっても似てますよね〜♥ハウたんと…♥

      前回、沖縄でのケイスケの結婚式の時に我が家のトレーナーの神山さん宅に合宿お預かりをしていただいたんですが、それはそれなりに良い社会化の経験になったみたいです。
      ただ、国外には出たくないですよね〜。帰るに帰れなくなったら…ってのと時差がね…。

  2. SATO says:

    初めてコメントさせていただきます。
    大分由布院へいらっしゃる時はお知らせくださいませ!
    地元のお米や野菜を使ったお料理を提供してくれる小さなお店なぞ
    お教えしますよ(^^)

    • Yoko says:

      SATOさん、こんにちは。

      コメントありがとうございます。
      由布院のあたりのどの別荘地の回りも見てみたいです。

      わぁ〜、地元のお野菜を使ってるレストラン…行ってみたいです。
      ぜひ、その時には宜しくお願い致します。

  3. akitsai says:

    お早ようございます.五時起きヨ一コさんにはきついでせうね.ルナちゃんも早起きが嫌でさっさっと睡床に入ったのね.可愛いくて足とお口が出てる所.お腹をかかえて笑いました.主人も呼んで來て見ましたよ.ティピちゃんの寫真太って見えます.年のせいか若いルナちゃんの方がずっとスマ一卜…

    • Yoko says:

      akitsai さん、こんにちは。

      ティピはお父さんが昔さながらの大きなゴールデンだったので、普通のラブよりも骨格が大きく背丈も大きかった様に思います。
      なのでラブと比べるとおデブさんかもなんですが、本犬殆どの時が筋肉が奇麗についたベスト体重29キロ〜30キロをキープしてました。
      体重からしてもチャムやルナよりもずっと大きな犬でしたね…。チャム達は27キロですから…。

      しかし5時起きはキツかったぁ〜(笑)

      • akitsai says:

        今晚は.ヨ一コさんの弟さんの犬も目の痛みで走き方が变ったのですね.そうと知ってほっとしました.ありがとうございます.

        • Yoko says:

          akitsai さん、こんばんは〜★

          はい…弟の犬は来年の春で15歳になる老犬ですが、最近、獣医を変えて目の具合も凄く良くなり、状態のいい日はスタスタと歩いています。
          Nikky、早く良くなると良いですね。

  4. JAMママ says:

    ルナちゃんってなんて表情豊かで愛らしいんでしょう!!
    もうぎゅーーーーってしちゃいたいくらいかわいいですね!!!

    ティピちゃん、ママとお話したいよ〜ってメッセージを一生懸命出しているんでしょうね。
    ぜひACしてここで報告してくださーい!
    私も先日のJAMのACをmixiにアップしました!
    湯布院への旅もきっと実現しますよ!楽しみですね♪

    • Yoko says:

      JAMママ、こんばんは〜★

      本当に昨日の出張時には絶対にティピが一緒にいたんだと思います。
      そして絶対に何か伝えたい事があるんだと思う…、AC、やってみようと思います。
      必ず報告しますね…。
      JAMとのAC…読んで来よ〜っと。

  5. シェビ says:

    若いころのティピの可愛いこと~~~♪
    ルナちゃまの愚図りもカワイイですね。また寝ちゃうところもまたいい!ラブならではの感覚な気がします!! すくすくと”ラブ道”を歩んでますね(^^ゞ   お空の写真とエピソード、もう久しぶりに号泣しちゃいました。そうですね、きっとこんなフアフアな雲の上も走り回っているんですね。写真を見ていたら、、、なんだかそんな姿が見えたような気がしてまた涙。。。 素敵な写真をありがとうございました☆ ACお受けになったらお話し聞かせてくださいね。ティピもママにお話しがたまってるかも?^^/ 

    • Yoko says:

      シェビさん、おはようございます♫

      きっと何かティピは話したいのかなぁ?って思うんです。

      あの雲の絨毯の上を走り回ってるティピの姿…本当に見えた様な気がしました…。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s