友人からのクリスマスプレゼント &『愛犬を守るのはあなたしかいない!!』

昨日、京さんから荷物が届き、開けてみたらこんなかわいいクリスマス・プレゼントでした。

この手袋…つけたままでiPhoneの画面を操作できるんですって〜♫ 私達はiPhoneをずっと使い続けているので、とってもありがたいプレゼント…♥

そして、クリスマスよりずぅ〜っと前に本屋さんで売っていたこのかわいいカードをご主人様が見つけて『これはヨーコさんに‥』って…買っておいて下さったんですって…。

その暖かいお気持ちが嬉しくってウルウルです。

中に黒ラブがいるのが見えますかぁ〜?

私の様な年頃になると、人付き合いも媚びてまでしたくないけれど、心知れたる仲のお友達とは1年に何回かは必ず会っていたいし、お互いの家族の事や愛犬たちの事も知っていたい…そう思うアタクシなのです。

京さんとのお付き合い…私達2人ともがmixiを始めなければなかったご縁なだけに、運命的な物を感じます。(だって、ほぼ、興味もなく始めたmixiだったから…)

クリスマスカードはティピの写真の横に飾ってあります♫ ありがと〜〜〜♥

ところで、今日は、身近に起るマウントのお話しです。

我が家のルナは女の子なのですが…って言っても皆さんご承知の事だけれど…(笑)ご飯が終わると、必ずと言っていいくらい独特の顔つきをしてチャムに乗ろうとします…マウントしようとするんです。

それも先に書いた様に独特な顔をするので『あっ、やるな!!』って分る私達はシーザー・ミランではないけれど『シィっ!!』っと言う音を出し、決してチャムに乗る事を許しません。

今では、私がそばに行くだけでルナはチャムから離れて行くようになりました。

本題に入りますね…、先日よく読みに行く人気ブログ中のある方のブログを拝見していてギョッとしたのです。

その方はブリーダーさんなのですが、被害を受けた犬のご家族からご相談を受けた様です。

その内容は、「ドッグランで目を離した隙に、ご自分の犬がまるで歩けなくなっていた。」と言う内容でした。

そこには目撃者が居て、その方の話しによると…、大きな犬にマウントされ続けていたそうです。

そして、最初は抵抗していたそうですが、5分くらいしたら後ろ足はハの字になってヨタヨタ…。

その後もおき上がる度にその大きな犬に何度もマウントされていたそうです。

加害者側の方と被害者側の方は両方がこの事実をまるで見ていない…それも30分も!!

本当に信じられない…。

どんな場所に行っても、自分の犬は自分の2つの目でしっかり管理する事は当たり前の常識だと信じています。

そして、マウントが行き過ぎるとこんな悲劇を招くって事を人間が頭に入れておかなければいけないし、愛犬を守るのも人間でしかない…、言い辛くても『いけない!!』とか『ノー!!』と犬に言う…そして、飼い主に伝えるとかしなくっちゃですね。

最近、いろんなところで『動物愛護』だの『レスキュー』だのと言う言葉を見たり、それに関わっている人達を見かけますが、身近な事で、この様な状態から犬を救ってあげるのも「レスキュー」の1つなのではないでしょうか。

パブリック・コメントうんちゃらは愛犬家の皆様はこぞってなさったはずですが、自分の犬を守る事もとても大切な事です。何と言っても犬は人間の言葉を喋らないので、家族に助けを求める言葉も発する事が出来ない訳ですから…。

パブリック・コメントは社会的問題ですが、ご自分の愛犬を守る事は一番小さな家族と言う社会の中の問題だと思います。

動物として自然な行為…って言う事を仰る方もいらっしゃいますが、上に乗る子に抱え込まれて、下になってた子のお腹がズタズタに引っかかれてたと聞いた事もあります。

愛犬は自分自身で守ってあげましょう!! そして、自分の犬の側に立って人間のあなたの『口を開きましょう!』

3連休の初日…だんだんガールズ地方も寒くなって来ました。明日は、今朝早起きして遊びに行ったお話しでもしようかな?

About tlc4yoko

I’m living in Kamakura, Japan with British husband and 3 lovely labs. Tipi passed away on May 13th, 2011, about 12:50. Now she is running around the sky with a healthy young body and visiting us quite a lot. Now we have Boy GR called Fenn.海辺のまち鎌倉にイギリス人の主人と3匹のラブラドールと暮らしています。ティピは2011年5月13日12時50分頃にお空に帰り、病気から解放され元気な身体でお空を走り回っています。私達の所にもよく遊びに来ます。現在は、ChumlyとLunaの下にGRのFennを迎えました。 (ブログ内に掲載されている写真、画像の無断使用を固くお断り致します。) PINTERESTにペタペタと保存してますので見に来て下さい。 http://pinterest.com/yokoaldred/ 2010年の2月〜2010年7月のブログはmixiを利用しています。お読みになりたい方はメール下さい。
This entry was posted in Doggies. Bookmark the permalink.

17 Responses to 友人からのクリスマスプレゼント &『愛犬を守るのはあなたしかいない!!』

  1. ライデン母さん says:

    マウント・・・、人事ではないです。家はご存知60キロ級が二匹、うわさのNFです。
    例えば代々木ドッグラン、ライデンは最近、男気を見せつつあり、気に入った子(それがレト系です・・・)をおいかけ、最後はマウントしつつあります。(「だめ!」できかなかったら、リードをつけ撤退です)
    まだレト系はいいけど中型、大型エリアに微妙な大きさのワンコが存在(チビってことです)。そしてそんな子に限って(大型好き)、みんなの餌食に・・・。ライデンもこのときばかりと出かけて行きます・・・。
    カンナは反対にブル系にいつもマウントされます。カンナのえらいところは、決してかまずに吠えて威嚇です。でもやはり体重差が・・・。
    訓練士は場合がどうであれ、マウントはさせない方向です。
    ので、私もかならず、いったんしかるか、離します。
    うちみたい本当にでかいと、止めるのも飼い主がすごい力のみせどろなので大変かなー。
    でもがんばってしつけてます。

    • tlc4yoko says:

      ライデン母さん、こんばんは。

      偉いね〜、ライデン母さん…。引き離すのって大変でしょ〜。

      ティピはカンナの様に地割れしそうな低い声で1発吠えて終わり…その後は雄犬は近づいて来れなかった。だから、ティピではマウントされた経験なしです。

      チャムもティピのと同じで、男の子の中に言っても一声吠えて男の子に警告します。

      でもルナとなるとどぉかなぁ、そうとうヘタレちゃんだから、すぐにお腹見せてるし…。
      なので、私が「口を開く」事になりますね…、『ノー!」とか「いけない!」とか。

      トレーナーとの付き合いがある方は殆どのトレーナーがマウントさせないから、その様になさるでしょ?

      でも本当に、ライデンやカンナは大きいから、ライデン母さんの力の見せ所??ですね。でも腰に気をつけて…(もちろん母さんのです〜!!)

  2. akitsai says:

    今晚は.本當に愛犬は自分で守るしかないよね.私が每朝散步に4人の60前後の男性がお喋りしながら步いて後に3キロ位の白マ儿チイ一ズを連れていた.犬は一生縣命に主人に付いていたが.突然きゃあと悲嗚を上げた主人がふり返って見ると小さな犬は大きな野良犬のおしりにぶら下がっていました.その男達が近よって來た為.野良犬は小犬をぶらさげたまま逃げました.小犬はずっと悲嗚を上げて..後で見つけた小犬を病院へ連れて行って手術をさせたそうです.そんな人に飼われて可悲いそうに思います.

    • tlc4yoko says:

      akitsaiさん、こんばんは。

      本当に愛犬は自分の力で守らなければ…ですね。

      私もその方のブログを見て、事の重大さを知りました。

      • akitsai says:

        ご心配して頂き有難度うございました.nikkyの足はやっぱりヨ一コさんの言った通リ目のせいですね.今朝り一ドを付けて連れ出したらちゃんと走けます.今はただ目が完全に治る迄待ちます.

        • tlc4yoko says:

          Akiさん、Nikkyお大事にして下さいね。

          きっと少しでも目の状態が良くなったらNikkyは走って回りたいに決まってますもの…Akiさん、本当に転ばない様にね〜♫

  3. ターミ姉ちゃん says:

    きい兄も、弱そうな子を見るとマウントしかけるので、他人事ではないです。
    いつも一緒に遊ぶ子は、寝技に持ち込んで下から蹴飛ばす、といった
    遊びになるので大丈夫なのですが、中にはどうして良いのかわからず
    ぼ~っとしている子もいます。
    ランなどで、しつこくし出したら即捕獲です。
    仕掛ける方が引き下がるのは、当たり前ではないでしょうか。

    人間には絶対しないんだけど・・・私が見ていないとするので、それは
    ちょっと困ってるんですわ・・・

    あ、クリスマスカード&プレゼント、ありがとうございました。
    また遊んでくださいね。

    • tlc4yoko says:

      ターミ姉、こんばんは。

      我が家は、亡くなったティピを筆頭に、「マウントの対象」になった事がありません。
      ティピはまず乗られた事が無いし…、チャムは女っぽいのでしょうか…(笑)寄っては来られるのですがティピに習った様に一喝しておしまいってのが多いです。
      でも、乗られた時にはすぐに相手の犬を引き離してます。そこで初めて思ったんだけれど、男の子ってガシっとしてるなぁってこと。
      人間の子供も男の子はお膝の上に乗せた時にデンとしてて、女の子はしっとりしてます。
      そんな風な男女の差が犬達にもあるんですね〜。

      ぼ〜っとしている子達は、お母さんやお父さんがシッカリ未ていてくれると良いですよね〜。

      ルナはそうとうなヘタレちゃんなので、私がしっかり見張り役です(笑)

      どうぞ、こちらこそ又ぜひ遊んでくださいね〜。

      でも、考えられない…30分もの間を何も見ていないなんて…。ドッグランに連れて来て離しっぱなし(話しっぱなし?!)の人って本当にいるんですね。

  4. ライデン母さん says:

    ティピママ、
    犬のメスはオスを選ぶ権利があるそうです。
    ので、ティピちゃん、チャムちゃん、カンナは相手を見てしっかり拒否してますね。
    お目にかなう男子がいないのでしょう。
    なかなかプライドが高いということかな(ルナちゃんが低いわけではないです(笑)。きっと年齢と性格でしょう)
    幸い、ライデンはカンナが恐ろしくて避妊前でも淡白でした。
    ランでも、カンナは最初は我慢します。(大抵カンナより小さいので、我慢するのでしょう)
    避妊していてものられるのは気の毒です(親心・・・)
    母さんは頑張りますよー。

    • tlc4yoko says:

      ライデン母さん、ティピは本当に理想が高いッて言うか…一生を列記としたメスを通したのですが、1度も乗られた事がありません。
      しかしですよ…、ご飯が終わるとチャムの頭を抱えてホゲホゲとやろうとしてました(笑)

      そう言いますよね…メスに選ぶ権利があるって。

      それがね、いつも、お泊り合宿でお世話になったKさん宅のハンサムなホセ・マリア君にどうもチャムは気がある様で…。
      お互いもぉ手術済みの身なのですが、『これがそうでなかったら…大変だよね!』ってKさんと話してます。

      ルナはまだお子ちゃまでなんだか訳が分らず…『追いかけてぇ〜』って言って走り回るのですが、親戚犬や兄弟犬に遊びを吹っかけるのですが、いざ、追いつかれたりすると直ぐにへそ天状態のヘタレちゃんです。

      母さん、がんばって〜♫

  5. ゆう says:

    メリー・クリスマス♪よーこさん〜
    この話し他で読んだ。悲しいよね、飼い主さんは信じられない行動してるし。
    うちは、初代犬チューは2キロだけど、ティピと同じ行動してた(一喝)
    花梨は吠えず、すぐにダウン(伏せ)するか(この形は乗れない)、走り去る(笑)
    Millieはキャーキャー言うから乗る気がおこらない?(笑)
    Sallieは相手にされない。(最悪ぅ〜)
    家の中ではMillieはSallieにマウントするので、首根っこ捕まえて離します。
    体の大きな子に乗られると引き離すのに大変。
    男子だけじゃなく、マウントって女子もするからね。
    気をつけたいと思います。

    • tlc4yoko says:

      ゆうさん、おはようございます。

      メリークリスマス〜♫

      この話しでビックリする所は、加害者も被害者も30分もの間、自分の愛犬を見ていない…ってこと。
      なので、第3者の人の証言で何が起ってたかが分かったらしいです。

      飼い主さんの信じられない行動って??私は目を離していたって言う事しか知らないなぁ…。

      そうね、女の子もマウントするよね。
      ルナもそうだもの、ヘタレちゃんなのに、ご飯が終わるとしようとする…チャムに。

  6. ある保護団体のオフ会がこんな感じでした。
    スタッフ達は知合いと談笑していて、自分の犬やそこの保護犬が他の子にマウントしていても止める気配なし。ウンチもとらないし。
    ブレンダやかんなにしつこくマウントして、さすがに主人がそのマウントする雄犬の首輪をつかんでいました。ブレンダは股関節形成不全で前足の関節炎もひどかったのでちょっとムッと来て端っこの方にいたんですけどね。
    結局他の子のウンチを取り、知合いのスタッフに「ウンチだけは拾った方がいいよ」と言って早々に帰宅。
    知合いの犬達か、自分達の犬だけの時にしかドッグランは行かないです。

    保護犬も狂犬病接種とかワクチンしてあっても、まだまだ未知のところがあるので、躾の先生にきちんと聞いてからでないとドッグランにはいけないかな。
    保護犬を公園などで放して遊ばせている方とかいるのですが、仔犬ならまだでしも過去のわからない成犬を保護して数カ月の段階ではちょっとやめてほしいなと思います。
    どんな場面でどのようになるのかが把握できていればいいですが。

    • tlc4yoko says:

      チャキママ、こんにちは。

      日本ではドッグランで走ってそれまでたまってたストレスを発散させるって言う人達が殆どなんだと思うの。そこからして間違ってると思うんだけれどね。
      運動はドッグランに来るまでの間に30分くらいの早歩きの散歩か運動を済ませて来てくれれば、ドッグランが良い社交場になってボール遊びで問題も起きず…だと思うんだけれど。
      それに、マウントしてる側の飼い主が見て見ぬ振りってのは本当に頭に来るよね。
      だっていつもマウントしてるんだろうから、こんな感じの振る舞いをしたらマウントするって分るはずだから、本当だったら、マウントする前に止められるはずなのに…大体の飼い主がお喋りに忙しいのよね…。何のために家から出て来てるのか訳分らん!!まったく。

      保護犬に関しては、チャキママの言う通り、過去の経緯が分らない犬なんだから、プロが暑かっても大変なリハビリテーションを、『昨日まで主婦だった人がレスキュー団体をしているだけで、それ以上の「プロとしての知識」がないのに、無責任に保護犬を離すな!!』って誰も思わない所が、ぽぉ〜っと旦那の給料を待ってた奥さんの延長上にレスキューしているのがあからさまに見えますね。

      24時間の専業主婦が悪いって言ってるのではなく、この様な、『保護犬を公園で離したり、散歩が引っ張られて面倒だからってドッグランに保護犬を連れて来て離す』と言うだらしない意識の人が、1匹の生き物をレスキューしてから、それが元で団体を立ち上げてみたりしている…それが問題だと思います。

      あぁ〜、なんだか本当に辛口な事を言っちゃったけれど、チャキママとのコメントだから良っか〜(笑)

      でも、これって私の本音です。基本、レスキュー団体って日本には大小ゴチャマンとあるけれど、どれもこれも酷いと思います。

      • tlc4yoko says:

        チャキママ…続き!!(大爆笑)

        止まらなくなっちゃったぁ〜!!

        でもね、なんでドッグランにどんな犬でもやって来るのかって言うと、結局はこれも『躾をしていないから』だと思います。
        保護犬に関しても、チャキママの様に躾の先生についてって言う人は、日本の中では見つけるのも大変なくらいなんじゃない?

        ただただ命拾いはしたけれど、このまんま『なんだか分らないくらい厳しい里親になるための審査??』に通ったからって、又捨てられるのがオチです。

        家庭犬も、保護犬も、犬が自分の手元にやって来たら、まずは『躾け』だと思う。

        『呼び戻し』が出来ないから、離してやれない=ドッグランで離そう!!って言う低い意識は止めて欲しい!!って心から思う。

        犬のレスキューをするんなら、その犬の命に責任持て!!って言いたい。神奈川県にあるレスキュー団体だって、なんだかひどいの多いよね。

        私は個人的にちゃんと分ってるチャキママの所(保護犬を里親に渡す前の健康管理と躾けを初めている事を知っているから)と、代表のエリザベス・オリバーさんを個人的に知っているアークしか日本の中では応援していません。

        あぁ〜、スッゲ〜辛口な発言たくさんしちゃったけれど、これって全部私の本音です。

        • 神奈川県というか神奈川で会ったと言う方がいいかもよ~。
          たぶんYokoさんがあった方、神奈川県ではないし。

          辛口なYokoさんは大好きですよ。

          • tlc4yoko says:

            チャキママ、あ〜、あの方達もそうですね…。
            でも神奈川県でもひどい人達は居ますよ…。私は理想が高いと言われようと、アンチ日本過ぎると言われようと、それが私の意見だから変えられない(笑)

            辛口の私を好きで居てくれるのは本当に少人数の人達です〜、サンキュー、チャキママ♫

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s