Monthly Archives: January 2012

心の目と心の耳 & よくあるお犬様事情をタラタラと…

今日は、今年、いただいた年賀状や寒中見舞いの中で私の心に響く言葉が書いてあるものを1つ、皆様にご紹介しようかな? 砺波洋子さんと仰って算命学で有名な方です…本なども出版されています。私は何かの事があると必ず彼女に話しに行きます。(今年を書いた中国算命学の本) 私流の理解だと、あれこれと飾り立てた言葉を聞くのではなく、心でその「気」を感じ取りなさい…って言う事なんだと思います。(今度お目にかかったら伺ってみますが…) この彼女から送られて来た葉書を手に思い出したのが、先日、BSで放映されたシーザー・ミランの番組です。 シーザーも同じ様な事を言っていました。 例えば、よく公園で見る一場面に、小型犬が数メートル離れた所にいる大型犬を見てキャンキャン、キャンキャンと鳴いているとしましょうか…。「鳴いて」と言う漢字を使ったのには意味があるのですが、小型犬だと吠えているとは言わず「鳴いている」って言う方が多いのです…でもサイズが違えば「吠えかかる」となる訳ですが…。 小型犬『キャンキャン…なんだよぉ〜、底にいるデッカいの…お前って人間にコントロールされてんだろ…俺たちはこんなに長いリードで人間の前をチョロチョロ歩いたって人間に文句なんか言わせね〜ンだ…キャンキャン』 そのキャンキャン声に、最初は気にしなかった大型犬も、それに釣られて吠え出したとします。 大型犬『なんだよ、そんなに喧嘩を売ってるなら買っても良いんだよ…』とか…、 気の弱い大型犬『ウぅぅぅぅワン、もういい加減にそのキャンキャン声止めてくれ〜』と。 小型犬の牙はむき出したとしても『あららぁ、大きなわんちゃんが来たから怖いのよねぇ〜かわいそうに…』と、それでもキャンキャン言っている小型犬をヒョイっと抱えて「かわいそうに…家の子、あの大型犬が怖いんだわ」で終わってしまいますが、小型犬に反応した大型犬が歯をむいて『怖いからこっちに来ないでくれよ〜』と警告して吠えかかった場合は、ヒョイとも抱えられず、飼い主も大型犬に引きずられ、見るからに大型犬が「凶暴で襲いかかって来たかの様に」」見える訳です。 そして小型犬の飼い主は『すっごく怖かったんです…家の子はもう怖くって怖くって、キャンキャン鳴いていたんですが、大型犬はそんなの無視で飼い主を引きずってこっちにやって来たんです。』…と、こうなる訳です。 この一場面は世の中の人が見る殆どのケースで、『小型犬の不安定から来る凶暴性の吠え声』に反応して大型犬は「喧嘩を買ってしまう」か、大型犬でも気の弱い子は「一緒になって吠えかかって」しまうのです…。 そこで1回でもむき出した白い大きな歯があれば、大型犬が悪い訳ではないのに、世間では…世の中では、「大型犬がいけない」とされ、『キャンキャン声』で『吠えかかって来る凶暴性のある小型犬』は「かわいそうな対象」になる訳です。 本当に不平等な世の中ですね。 この様な状況に居てしまった犬で、「凶暴」ではないのに、「凶暴」と言うレッテルを貼られ「安楽死」を選択され命を落とした子達も少なくないはずです。 直ぐに他の犬に反応してしまう子に限って小心者なのですが、それを分ってあげない人間の家族に『家の子はすぐに襲いかかるから…』とか誤解されている子達…きっと沢山いるんでしょうね。かわいそうに。 シーザーは、この様な表面でしか理解しないでものを判断する事はとても不平等だと怒りを表していました。 私もそう思います。 我が家に2歳で来たチャムだって、末娘のルナだって、最初はどんな犬にも反応していましたし、そのエネルギーを貰って相手の犬も反応していたのでしょうし…。 そんな彼らの精神面のケアーをしないで放っておいたら、きっと今でも他の犬に吠えかかる犬…そして私達がすぐにギブアップする様な人間だったら、チャムだってルナだって「他の犬に襲いかかる凶暴な犬」と言うレッテルを貼られたに違いありません。 私達人間は、一緒に生活を共にする犬の世界の事を、彼らと暮らす事を決めた時点で、彼らに洋服を着せたり、お洒落なカラーやリードをつけるよりも前に、『犬とはなんぞや』『その犬の犬種とはなんぞや』をもっともっと勉強するべきだと思います。 このブログを書いている時に思い出したのが、数年前に私の友人の愛犬は小型犬でしたが、今日の私の書いた「よくある場面」の正反対で、ノーリードで走って来た大型犬にアタックされ亡くなりました。 その様な事が今後起きない様にするためにも、人間社会の中でストレスを感じながら共存して居る犬達に『毎日の充分な運動』と『毎日の充分な散歩を』と言うストレス解消の場を与えてあげる…それは彼らと一緒に暮らそうと決めた人間の責任だと思います。 今日、この葉書に目を奪われて、『心の目で見て』『気・エネルギーを感じ』れば、又違ったシーンが見えて来ます。 キャンキャン吠える犬を飼っている方は、まずはその犬を落ち着かせる事から練習してみて下さい。色んな場面で、アクシデントを回避出来るはずだから… そうそう、我が家の近所に小ちゃい犬を4〜5匹飼っている人が居るのですが(実際は何匹だかも分らないです)、私はいつもそのキャンキャンの大騒ぎだけは分るのですが未だにその犬の犬種が分りません(笑) 多分、ダックスフントかチワワだと思うのですが、その大騒ぎの場面を我が家の2頭が無視して通る事の方が先決で…。 なんで、黙らせないんだろう…あんなに吠えてウルサいと思わないんだろうか… 大体の犬が興奮状態に達しているから吠え続けるのですが、私はあえて言いたいのですが、犬を興奮させる人達を良く知っています。 『きゃぁ〜〜〜、かわいいぃ〜、ルナちゃん白くてかわいいね〜、でもチャムちゃんもかわい〜、きゃぁ〜〜、良い子だね〜〜〜、なんて良い子なの〜、犬が好きって分るのよね〜、ブチュっ♥ブチュっ♥』っと甲高い声で触りまくられて、チャムもルナも興奮度マックスになります。 それがお散歩の途中だったりすると、そこからチャムとルナを「落ち着きモード」にするまで、ちょっとした時間がかかります。「落ち着きモード」にしてからじゃないとお散歩は続けられませんから…。 他人の犬に接する時はくれぐれも落ち着いて…。興奮させてしまった事が原因で怒る事故もあるのですから…。 そんな時も人間側の言い訳は『私はただかわいいって言って触っていただけなのに…。もちろん、お尻なんて触りませんよ…犬だってお尻を触られたら怒りますもん…。でも急に噛み付いて来たんです…あぁ〜怖かった、この犬、凶暴!!あの犬はコントロール不可能だわねっ』って、こんな風になる訳です。 タラタラと書きましたが、1枚の葉書から、こんな事を思った私の日曜日でした。

Posted in Uncategorized | 6 Comments

寒中お見舞い申し上げますぅ〜♫ うぅ〜ッさむっ(><)

本当に寒いですね〜、今朝の寒さは北風が増して私にとっては一番の寒さかなぁ…、それでも雪にならない鎌倉です。(雪が積もって3〜4日ガールズと雪遊びに興じたいもんザンス!!) 我が家は、順調に行くと来年にはかわいいパピーがやって来ます。なので、それまでにルナの躾(世の中の皆様の苦手な言葉なのですが…躾ってとっても大事な事なのです)の仕上げをしておこうと、毎日のお散歩では私が2頭をひいて主人に何処が悪かったかとか、私のみ落としているガールズの出しているシグナル…などを見て貰っています。 この小道は良い匂いが沢山するの直ぐに匂いを嗅いでしまいます…。この後直ぐにチャムは私から「イケナイ!!」と言うシグナルを貰いました。本当に良い匂いがプンプンするのでしょう…(笑)、この先を行った所に土の部分があるのでそこで匂いを嗅がせます。 今は匂い取りに関しても制限しています。 今日は御年8歳のチャ〜ちゃんが絶好調♥ 一通りのお遊びが終わったので、お遊び訓練♫ まずは2頭が私の横に並んで一緒に離れずに歩く練習です。やはり住んでいる国々で国土の広さや環境なども変わってきますので、日本のこの鎌倉にあったもの…そして尚かつ「リードをしないでも」ちゃんと「私と一緒」に落ち着いて(ジャンプしまくったり「早くなんかしようよ!」と催促したりしないで)歩ける様にの練習です。 チャムは訓練と言うものを私達夫婦でしただけなのですが、最近、彼女自身がルナと一緒に訓練を楽しもうとしています。8歳だって、その気になれば、楽しく訓練の時間を過ごす事が出来るんだって体感しました。 しかし、「待つ」事の忍耐力に関してはティピやルナ程はありません。それも個体によって違う性格の様なものかしらね…。チャ〜ちゃん、偉いよッ♥ そして今度はそのルナの忍耐力を利用して、どれだけ「待て」で待ってられるか…ゲームです。 『もぉママ見えないよぉ〜』のガールズ そして、その後私の元に「カム!!」で猛烈ダッシュ〜♫今度は、私がいた所で「待て」そして「パパの名前」を使って「Go to Papa!!」(実際には個人の名前を使います。)これも猛烈ダッシュでパパの元へ走って行ったガールズでしたぁ〜♫ 今日はちっちゃなカメラで彼は使い辛いと言っていたのですが、ずっとカメラ担当をしてくれたパパとガールズ…♥ 本当に寒いっす!!  

Posted in Doggies | 4 Comments

いつもと違ったコースをお散歩で… & 愛犬にホリスティック・ケアーを

今日はいつも行かない静かな住宅街をお散歩しに行って来ました。 でも、この道には例の凄く凶暴性を帯びたブラック・ラブ君がいるのですよ…。数ヶ月ぶりに通るこの道…、ルナはこの道に入ったとたんに想い出してました(><) 彼女の耳の位置などが全てを物語っていたのですが、私のエネルギーももちろん感じていたのでしょう。 凄い勢いで飛び跳ねながら唸って吠えるブラック・ラブ君を無視する様に勤めるのですが、それでも、あれだけ吠えかかられると、ルナも放ってはおけない様子で、たまに吠えかかりそうになります…そんな時のルナの耳はターゲットのブラック・ラブ君の居る前方へ…そして背中の毛は逆立ってました。 でも、数ヶ月前の様に『私だって放っておかないからね〜、一体あんたはなんなのよぉ〜!!』って感じとは違って、その子の凶暴性からなるエネルギーを背負ってしまって一緒になって吠えてしまう…と言う感じでしたが、吠えては私の方に戻って来ていたルナは、以前よりも改善は見られていました。 そのルナを見て、ルナの興奮+不安な状態からなるエネルギーを感じてか、チャムも主人の横で『大丈夫ぅ〜、ルナぁ〜、どぉしたのぉ〜??』って言いながらヒンヒン声をだして足は行進してました。 今度、また神山先生と来てみよ〜っと。。 前をパパと歩くチャムとルナ…青空が広がり良い気持ち…。でも、この住宅街は土地を広く持っていらっしゃる方が多く、そ〜ゆ〜家庭に飼われている犬達はお散歩に行かないのでしょうか…、やたら、外の犬が気になる様で…、吠えている子が多かった!! ワイマラナーの子もお庭を所狭しと走っては道路側のフェンスにまでやって来て、吠えて挨拶していたけれど、チャムもルナも何も気にかけていない様子…、その子の吠え方はブラック・ラブ君の様に不安と凶暴性がある訳ではないみたいでした。 『ちょっとぉ〜、ママも早くおいでよぉ〜』のルナ…(ママっ子なんですね.るっちゃんは何を隠そう…笑) 空を見上げると本当にきれいな青空… このお散歩コースのUターン地点にあるパームツリーがなんだかこの青い空にとっても似合ってました。そして春が来る事を約束してくれるお花たち…春の代表作、だよね〜、ビオラ?だっけ… 帰り道、もう一度、ブラック・ラブ君ん家前を再挑戦して来ました…。今度は息よりもルナは反応しませんでした。 反応するのもバカらしくなったのかなぁ…、でも、もっと冷静に通れる様になりたいです。 今日の事は神山先生にご報告しなくっちゃっ!! 健康な精神は健康な身体から…健康な身体は何を口から取り入れるかで決まります。人間にも身体に優しい、ホリスティックなケアーを…、そして大切な愛犬たちにもホリスティックケアーを…。 2012年3月20日(火・祝)京都にて、ホリスティックケアで上げる愛犬の手作りご飯のセミナーがあります。 お時間のある方はぜひ!! 日本でたった1人、アメリカのホリスティック・カンファレンスに参加なさる本村獣医師の分り易く最新情報を説明して頂けます。

Posted in Doggies | 4 Comments

寒い日の午後には… & ヤドリギ

最近、暖かい洋服を着て外に出てガールズと遊ぼうもんなら汗ばむ様な事もあるくらいなのに…、ちょっと覆ってない箇所…例えば顔とかに寒さをツゥ〜〜〜ンと感じる今日この頃ですね。 今日は本当は持病の甲状腺のお医者様に会いに行く日だったのに…、なんだか電車酔いなんかしちゃって、結局途中まで行って帰って来てしまったアタクシです。 家に帰れば『えぇ〜??どぉしたの、ママぁ〜』っとばかりのお出迎えで、すっかり気を取り直し…。 主人に入れて貰った紅茶を飲みながら、トレーナーの神山さんに教えていただいたディスクの手入れなんかして見ました。 このディスク…1つ¥500〜¥600の物なのですが、手入れをしながら使います。 このディスクも、チャムとルナが以外にソフトマウスなので何度も使っていけますが、ハードマウスの子だと、アッと言う間にダメにしちゃうそうです。 さて、どんな手入れをするかと言うと、コールマンのミニトーチでガールズの歯でギチャギチャになったディスクの回りに火をあててそこをチョチョッとてなどで撫でて滑らかにして上げるのです。 ダメになったら捨てると言うのと違って、何枚か分の節約っ!!節約っ!!と、時間がある時や、一心不乱に何かに没頭したい様な時にするととっても良いです。 この子達のためだと、なんでこんなに何でもヒョイッと出来ちゃうんでしょうね…♥ ルナの目線にはアタクシが…あはは 君たちを置いてアタシャどこにも行きませんわよっ♫ そして、ずっと前にブログで紹介しようと思ってたとっておいた写真たちがあります。 ガールズとのお散歩で通る、八幡様に向かう1本道…。 ここに植わってる木にはたくさんのヤドリギが。ヤドリギをクリックして頂くと日本語のウィキピディアに飛びます。 枯れた枝の先になんだかこんなカットをしているワン様を見たことがある様な、ない様な…、なぁ〜んて連想しながら主人と木の下のベンチに座って「ヤドリギ」についてペチャクチャ。 英語では「Mistletoe」(ミッスルトウ)って言います。Mistletoeをクリックすると英語のwikiに飛びますが、画像とかきれいなのでちょっと飛んでみて下さいね。 ガールズが居るからこそ、こんなゆったりしたひと時を主人といっしょに共有する事が出来るんだなぁって、なんだか急に主人の事が愛おしく思えたりして…♥ ガールズが健康でいられるのも、人間の私達がヒクヒク言いながらも、それでも今日もガールズと楽しく散歩して遊べるのも…ホリスティックケアーと西洋医学を上手く取り入れているからのこと。このブログを読まれる皆様のご家族も健康であられます様に♫ 口から入る物があなた自身を作っているとはよく言ったもので、愛犬にしても同じ事です。 愛犬のためのホリスティックケアーのセミナーが京都で開催されます。とても役立つお話が聞けると参加された方々が仰ってます。 もしお時間があり、関西エリアにお住まいの方はぜひ!! ホリスティックケアーって何??って言う方でも、分り易く説明して下さいます。  

Posted in Diary | 2 Comments

『手作りご飯のセミナー』 

我が家のガールズのご飯の基礎となっている「本村ホリスティック獣医師」が「手作り生肉食のセミナー」を3月20日(火・祝)に京都で開催されます。 詳しくは、ルナの実家の母さんのブログ…『TIKILOVE   犬達との田舎暮らし』で紹介されています。 本村獣医師のこのやり方でご飯を上げる点の何が良いかと言うと、全てが新鮮!!なんです。 自分が自分の大切な愛犬に「何処の」「何を」食べさせているのかを自分で把握出来ると言う点も私にはとても魅力的でした。 そして、本村獣医師の素晴らしい所は、1年に1回のホリスティック獣医師会に出席され、そこでの新しい情報はすぐにこの様なセミナーで教えて下さる…常にアップデートされた情報を犬と暮らす私達が持っていられると言う素晴らしい環境に居る事ができます。 私自身、まだセミナーに参加した事がないので、この機会にぜひ!!と思っているのですが、あいにく…本当にあいにくな事に、東京で公演があるんです…。 そそそそぉ〜っと抜け出して行きたくなっちゃう。 まぁ、ご都合のつく方はぜひ!!ご参加されると良いと思います。 教科書で使われる本…『もう迷わない!ペットの健康ご飯』は我が家では必ず私のiMacの横に置いるバイブルの様な本です。        

Posted in Diary | 4 Comments

今日はルナの『我慢』の練習

昨日は鎌倉にも雪が降りました…☃ 吹雪いた様に横殴りに降ったのにも関わらず…早朝、ルナのオシッコで起きて出たベランダには雪のかけらも残っていませんでした(><)残念 でも、あれだけ降ったので、海浜公園も何処もフィールドはグショグショ…なので、今朝のお散歩は『ルッちゃんの我慢の練習』って事になりました。 何を「我慢」するかって言うと、1人っ子でない子達はこれが問題になるご家族も少なからずいらっしゃると思うのですが、お散歩に一緒に連れ出すと『お兄ちゃんやお姉ちゃんたちの所に行きたい病』が始まって普段1頭だとゆっくり『ヒール』(つけ)の位置で歩けるのにお兄ちゃんやお姉ちゃんと一緒だと急にリードをピィ〜ンとはって人間の家族を引きずってまで仲間の所に行きたがったり…。 ルナも最初はそうとう酷く引っ張ってティピやチャムと離れた所に居ると、彼らのそばに行きたがり、私は引きずられる事が多々あったのですが、ようやく、だんだんそれもなくなって来ました。 でもまだまだ、強烈に香ばしい匂いや、お友達犬に出会ったりしようもんなら…、そしてもちろんチャムのそばに駆け寄りたくって…って私を引っ張って行く事もあり!!です。 これも日々の繰り返し…ですね。(って言うか私達が上手くルナを落ち着かせられたら良い訳なんですが、それを習得しなくっちゃだね…反省!) …ってな訳で、今朝はパパとチャ〜ちゃんには、ちょっと先を歩いて貰いました。 チャ〜ちゃんはスリップリード(って言うのかな?)1本のリードでクビの回りが輪っかになってるもの…で、本当にリラックスしてパパと歩いてます。 ルナだけではなく、どの子にも言える事なのですが、お散歩の最初って本当に肝心ですね。 なんどか私に「チャムを気にしちゃいけない事」「ヒールで歩く事」を注意されながら、5分ちょっと経過くらいの所ですが、それでもパパとチャムの姿が見えると、まだ私の顔を見ながらもちょっと先を歩こうとします。 ちょっと見難いのですがリードはピィ〜ンとまではっていないのですが、伸びて来ています。 ね?! 前に出だしたでしょ?? これを放っておいたらいけないのだそうです。 写真を撮っていたので遅くなってしまったのですが、ここで正すのでは遅く、るっちゃんが私の顔を見た直後に前に出始めたのですが、そこくらいで正してあげれば良いそうです。 この後はルッちゃんの自主性で私の元に戻らせたかったので、私はピタっと立ち止まりました…そ〜するとルナは『あれ??またやっちゃったよ、いけない!!いけない!!』って私の横のヒールの場所に戻って来ます。 先の方で私達を待っているパパとチャ〜ちゃん パパの見ている先では、お巡りさんが点稼ぎなのでしょうか、スピードの取り締まりをしています。みんなここでやってるのを知ってるから、ここだけスピードを気をつけてる…こんなんで良いのかっ!!っていつも大きな疑問符??なアタクシ… もぉそろそろお家って言う1本道… 3〜キロくらい歩いて来たのですが、お散歩も途中くらいになると、ルナも上手く「我慢」しなくちゃいけない事が理解出来る様になりました。 私の顔を見上げるルナ…『パパ達、みっけ〜♫』と私に報告しています。 報告後も落ち着いてこんな感じにリードもダラリンと垂らしピィ〜ンとはる事なく歩けます。 ちょっとダラリンとしているリードが見えますか?↓ ルッちゃんと私も、早くこんな感じでいつも何処でも誰とでもお散歩出来ると良いなぁ〜♫ 何事においても最初と最後が肝心で、お散歩の最終地点…、門を入る時も落ち着かせて、私の横をヒールで…ゆっくりとね♫ よく門を入ると急に元気いっぱいになって玄関に突進して行くって子も多い様ですが…まさしく、ルッちゃんもその内の1頭でした(><)が…、今ではそこはきちんと落ち着いておれる様になりましたぁ〜♫ そして、玄関の前では座らせて、玄関は私が先に入り…、←っと、ここまでは今まで毎日その様にやって来たのですが、最近、ルナは神山先生と階段の上り下りを上手に出来る様に練習しているので、2階の我が家に上がって行く階段の手前で落ち着いて座らせ、私達人間が先に上がって行ってドアを開け『カム』と言う私達のコマンドで2階に上がって来ると言う風にしました。 『階段=落ち着いて』と言うのを覚えさせ、神山先生との練習の助けになればなぁと思っています。(いずれ、私もこの練習に参加してルナとゆっくり階段の上り下りの練習をしなきゃなのですが…) 日々の私の精神統一とルナと一緒のトレーニングに励まなくっちゃ〜、がんばろ〜っと。 って思って一息ついていたら、待ちに待った「清香トマト」が届きましたぁ〜 タダぁ〜ン!! 今夜は絶対にトマトサラダ〜♫

Posted in Doggies | 2 Comments

ひたすら歩いたガールズ… & お馬さんに運命を感じて♥

雨の降った日の翌日は海浜公園もグッチョグチョなので、ひたすら歩きます。歩け歩け運動の様に歩くのですが、シーザーが言う様に殆どの犬は歩いて移動する習性があるって事なので、たくさん走ったりの運動が出来ない分歩きます。 我が家は主人も去年の暮れに風邪をひいたかと思ったら結すぐに治っちゃったり…私は私で今日もまだ熱が37度なんです…何だか治ったんだか治ってないんだか分らない状態なので、パタゴニアのアンダーウエアーに身を包み、大分北風が冷たかったのですが海沿いを歩きました。 パタゴニアのあったかグッズ、今までは何年も(10年くらい着ましたが…)化繊の物を着ていたので、肌に直接触る物は化繊は避けたいなぁと思っていたのですが、パタゴニアのあったかグッズに勝る物を未だにみた事がないので(ユニクロなどありますが、私はやっぱりパタゴニアの方が優れていると思います。)そのままにしていました。 でも、10年着たら、幾らパタゴニアが高いって言っても『しめしめ、元は取ったな!!』って感じですよね…、なので、レッツゴ〜!で去年の冬の初めに新しく購入しました。パタゴニアの最高のメリノウール、メリノ3!! パパのはブラック… そして、私の…。私のは11月の乗鞍高原に言った時にしっかり購入済み!!あまりに良かったのでパパのも買いました。 12月の初めにあった出張時にも大活躍したんですよ〜。町中にいてもジーンズの下とかに履いているだけでとっても暖かいです。そしてこれらは『着続けていても臭くならない』のが良いね!!なのです。本当に「臭くならないのかは、12月の出張の時に体験済みです(笑)4日間は同じ物で大丈夫でした。 さてさて、用意万端で海岸の横の歩道に出て来ましたら…あぁ〜、また居たぁ〜♫ お馬ちゃん♫ なんだかお馬ちゃんにあったら気分100%よくなった調子良いアタクシなのでしたぁ〜。 お馬ちゃんもこっち向いてくれました…♥ パパもお友達とバッタリあったりしましたので、行き道は私がガールズと歩く事になりました。 そうそう、アジリティの時に右につく様な事もあるので、たまにですがルナを右につかせて歩く様にも心がけてます。 134沿いにあるルナがまだ行った事のない公園いやって来ました。この後はガールズに思う存分匂い取りをさせて上げました…でも、ここは何と言ってもROUTE134…写真の横にも車が見えるでしょ〜、万が一この道路に飛び出しちゃったら…って思うと、ここではリードを離せませんでした。 稲村まで歩いて、その後はUターンして戻って来ました。 ルナはどこかしらティピに似ていて海が大好き…海の匂いもこうやって嗅いだりします。 チャ〜ちゃんはと言うと『今日は一体何処まで行くんでしょ…ボールやらないの??』とでも思ってるのかな? 私もちょっと写真を撮ったりしたくなったのでパパと交代…ルナは何回も何回も後ろを振り向いて『ママぁ〜、アタシ、ママと歩きたいよぉ〜』と言っておりマスタ…笑 ここでも…クスクス『ママ…』のルッちゃん。 そして、等々あきらめてパパと歩きます…のルナ 今日は海岸にもそれ程人が居なかったので、海岸を歩いたら気持ち良さそうだったのですが、1頭、日本犬のミックスなのでしょうか、ラブラドールよりちょっと小さめの大きさの犬がこちらを見てテリトリーを主張しているのか、リードなしで吠えていました。飼い主はおじいさんで、これ又、吠えてる犬を見て見ぬ振りなのか、それで良し!と思っているのか…、日曜日の朝を台無しにしたくなかったので、海岸に降りて行くのは止めました。 この様な犬の飼い主…どうにかして欲しいな…って思うアタクシです。

Posted in Diary, Doggies | 8 Comments