雨の降る前に… &トンビのトンビーズ

なんだか寒さも何となく和らいでて、昨日の地震と言いなんだか嫌だなぁと思っているアタクシ…、主人とガールズをひき連れて、本当だったら海浜公園は観光客でにぎわうので足を向けたくはないのだけれど、ここ数年その人混みも小さく小さくなって来て…なので、大丈夫そうだったら走らせてあげようとフリスビーとボールを持って行って来ました。

思った通りいつものスポットには誰もいないので、ここらで遊んで人が来たら『座らせて』を繰り返す事にしました。

こんな時に『遠隔コマンド』の練習もしちゃってますが、うぅ〜ん、何だか上手く出来たり出来なかったり…。

これは今年のガールズとの訓練の課題と致しましょうね…。早速、K先生に相談してみよ…っと。

…って言う訳で今日も今にも雨が降りそうな空の下で走りますっ!ガールズ♫

チャムの走りっぷりも本当に8歳とは思えない…

ご心配頂きました我が家のパパ…今回はひどい事にならずにすみました…

『私の幸せ』ってこのガールズ達の楽しそうに走る姿を見る事かなぁ…

そして、何やらフードをかぶった男性がトンちゃん達に餌を振舞い出して…。トンビやカラスが好きなアタクシ…見物させて頂きました。(良いか悪いかは別として…)

この男性…自分はフードをスッポリかぶって頭を守ってるのにお子さんの頭は…??ちゃんと教えてあげなくっちゃね…。

そして、絶対に日本人じゃないと思って主人と賭けていたら、案の定…西洋人の男性でした。

家に帰り着いて直ぐからすっごい突風…良いタイミングで走りに言って来て良かったぁのガールズと私達でした♫

About tlc4yoko

I’m living in Kamakura, Japan with British husband and 3 lovely labs. Tipi passed away on May 13th, 2011, about 12:50. Now she is running around the sky with a healthy young body and visiting us quite a lot. Now we have Boy GR called Fenn.海辺のまち鎌倉にイギリス人の主人と3匹のラブラドールと暮らしています。ティピは2011年5月13日12時50分頃にお空に帰り、病気から解放され元気な身体でお空を走り回っています。私達の所にもよく遊びに来ます。現在は、ChumlyとLunaの下にGRのFennを迎えました。 (ブログ内に掲載されている写真、画像の無断使用を固くお断り致します。) PINTERESTにペタペタと保存してますので見に来て下さい。 http://pinterest.com/yokoaldred/ 2010年の2月〜2010年7月のブログはmixiを利用しています。お読みになりたい方はメール下さい。
This entry was posted in Doggies. Bookmark the permalink.

4 Responses to 雨の降る前に… &トンビのトンビーズ

  1. akitsai says:

    相变らずお元氣なお犬樣.いつ見てもあきません. 空に見えるのはトビですか多山とんでいますね. ご主人の力ゼ良くなりましたか.お大事にね.. 力ナダの娘婿.カゼの時娘はいつもシヨ一ガを沸せ黑砂糖を入れて飲ませています.婿は力ナダ人です.

    • tlc4yoko says:

      akitsai さん、こんばんは。

      我が家は生姜レモンとか生姜は私も主人も大好きでよく使います。自然界の抗生物質とも言われる生姜ですものね。

      我が家は1年通してガールズ三昧です(笑)

  2. akitsai says:

    お早ようございますコメントありがとう.私は今からどんなにしてnikkyをあやすか考えてますloloは平氣なのに….ルナちゃんやチャムちゃん爆竹恐くないでせう.

    • tlc4yoko says:

      akitsai さん、こんにちは。

      我が家は海の傍なので花火大会の時の花火の音はとってもリアルに聞こえます。
      でも爆竹は禁止されていると思います。なので、爆竹自体をあんまり聞いた事がないかも…です。

      犬の精神面や肉体面のリハビリテーションを施すので有名なシーザー・ミランがよく言うのですが、『飼い主の精神面を鏡の様に写し出す』‥と。
      って言う事は、akitsai さんはきっと『爆竹が鳴ったらまたNikkyは怖がって震えるだろう』と思ってあやすのでそれが反映もする…って言う考え方をシーザーはします。
      『爆竹が鳴っても大丈夫になったNikkyを想像して対処して行く』って言う様なやり方を相談者たちに進めています。
      『火に油を注ぐ』こと(彼は、怖がってる犬に「怖いね〜かわいそうに〜」とけっして言ってはいけないと言っています。)

      上手く説明出来ないのですが、私は大きな音で空一面に広がる花火を見にルナも連れて行った事がありますが、私自身、ルナが怖がって震えて…って言うのを想像した事がありません。
      私自身、子供の頃は花火が大好きで見たい方だったし…、今でも人混みがあんなじゃなければ、丘に座ってガールズと楽しみたいくらいなんです。
      その様な私の花火が好きって言う気持ちも多分に影響していると思います。

      本当に上手く説明出来なくってゴメンなさい。もし良かったらCesar MillanでGoogleでサーチしてみて下さい。

      Nikky達の問題が少しでも軽減されます様に…。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s