ある晴れた土曜日に… & 働くイヌ達の管理改善のための署名運動

とっても良いお天気な土曜日…

私達2人共が気管支炎とかになってしまい、うまい具合にガールズを運動させてあげられなかったので、今日はディスクで少し長く遊んであげようって言うプランで、お散歩でしっかり歩いてから海浜公園に行って来ました。

いつもの様にガールズのディスクを追う姿に笑ってみたり、目を覆ってみたり…私もパパも大笑いしながら楽しい時間を過ごしました。

デジスクをとったルナが、まるでチャムに話しかけている様です。

2ガールズともしっかりディスクを見定めてキャッチする様になりました〜♫ この後のガールズはルナが鼻で1回タッチして、その後のディスクをチャムがキャッチしましたぁ〜♫ 最近のチャ〜ちゃん、8歳にしては新しい事をたくさん学んで張り切ってるんですよ〜♫

ルナ独特の『ママ、お次ぎは何やるんでしか??』の顔つき…❤そしてちょっとブレイクをとって私達も離れた所に座って、ガールズはガールズで『レイダウン』(伏せ)で『ステイ』(待て)のコマンド…チャムは『誰かくるかなぁ〜??』とあたりを見回していますが、ルナはママ一筋に私の行く所々にフォーカスしています。あたりを見回していたチャムがお友達を見つけましたぁ〜♫

でも初めてのお友達の場合は必ずササぁ〜ッと急いでリードをつけます。なので、今回もさっさとリードをつけてご挨拶出来るかなぁ〜って待っていました。

パパとママと一緒に登場したブラックラブラドールの「あいちゃん」を盛んにガールズは匂いを嗅いでご挨拶ぅ〜。シーザー・ミランが言うには、こうやってイヌが鼻を使って匂いを嗅ぎ合ってご挨拶できると言うのが精神的なバランスがとれてる自然なイヌの状態なんだそうです。

あいちゃんは2歳ちょっと前って、あいちゃんママが仰ってました。

おりこうさんにあいちゃん&我が家のガールズの記念写真〜❤あいちゃんママとは色んなイヌ達のケアーについてお話ししました…なんだか初めてお目にかかったとは思えない (^^;

あいちゃんママも先代犬を亡くされた経験がおありだそうです…辛い事だけれど、それでもみんなイヌと暮らしたい…って思うんだよね…やっぱりイヌが好きだから❤

きっとあいちゃんママものぞきに来て下さると思うので、お話ししてご紹介した「新堂」の「野菜ピューレ」!!9種類以上もの旬なお野菜がピューレになっています。これらは「新堂」のオンラインショップで購入可能です。(オンラインショップと言う文字をクリックして下さい。)このピューレの中には生のニンニクが必ず入っているので、これを食べ続ける事で、イヌの身体が1年中ノミ、ダニ、そして蚊がつきづらくなります。(我が家はもうずっとこれをずっと食べ続けているので寄せ付けませんわよぉ〜笑

それでも気になる我が家は…ノミやダニ&蚊を寄せ付けないと言うこんな物をつけています♫

カタンドッグスのカタンドッグメタルこれは、ティピが亡くなって1ヶ月くらい後に誘っていただいたドッグランでのオフ会に、私の着ていたパンツのベルト通しにティピのネックバンドをつけていたのですが、木々の中にある素敵なドッグランで、みなさん、蚊の大襲撃にあわれていましたが、私一人1ヶ所も刺されずに帰って来ました。

本当にビックリです〜♫

お散歩の途中で出会うお友達たちとたのしいご挨拶が出来るって本当に私達人間にもストレスがなく良い事だと実感しました。

あいちゃぁ〜〜ん、また会った一緒に遊ぼうね〜♫

そして今日の締めくくりは、未だ行方不明の『盲導犬アトム』…

『盲導犬アトム』への虐待事件が浮上してみんなが立ち上がり、働くイヌ達がより良い管理の元に暮らせる様になる事を願う署名運動です!!

彼らがきちんと人間達に守られた上で最高の仕事をユーザーの皆さんに提供できる様に…、管理の改善を望む内容です。

署名運動について詳しくは…長崎Life of Animalのブログ、2月25日の物をご覧下さい。

3月末日が締め切りです。宜しくお願いします。

About tlc4yoko

I’m living in Kamakura, Japan with British husband and 3 lovely labs. Tipi passed away on May 13th, 2011, about 12:50. Now she is running around the sky with a healthy young body and visiting us quite a lot. Now we have Boy GR called Fenn.海辺のまち鎌倉にイギリス人の主人と3匹のラブラドールと暮らしています。ティピは2011年5月13日12時50分頃にお空に帰り、病気から解放され元気な身体でお空を走り回っています。私達の所にもよく遊びに来ます。現在は、ChumlyとLunaの下にGRのFennを迎えました。 (ブログ内に掲載されている写真、画像の無断使用を固くお断り致します。) PINTERESTにペタペタと保存してますので見に来て下さい。 http://pinterest.com/yokoaldred/ 2010年の2月〜2010年7月のブログはmixiを利用しています。お読みになりたい方はメール下さい。
This entry was posted in Doggies. Bookmark the permalink.

13 Responses to ある晴れた土曜日に… & 働くイヌ達の管理改善のための署名運動

  1. fumiaki says:

    今晚は, お犬樣いつ見ても樂しそうで良いですね,三人の並んだ寫真,ちよっとティピちゃんが一諸じゃないかと間違いますよ,でも良いお友達出來ていいわね,ヨ一コさん風邪はもういいんですか,くれぐれもお大事にね…

    • Yoko says:

      fumiaki さん、こんばんは。

      私はやっぱりブラックラブラドールが大好きです。なので、次ぎに我が家にやってくるパピーもブラックが良いとか思っていましたが、一番良いのは私達家族の中にうまくフィットする子です。
      チャムやルナとうまくやれる子が一番だと思える様になりました…そんな気分になれた時にようやく自分自身ティピをお空に本当に還してあげたんだなぁって実感しました。
      英語を使った方がこれだけは言いやすい様な気がします。彼女をLet goさせてあげれたんだって本当に思えました。

      風邪は良くなりました…でも、たまにまだ咳が出るんです。本当に治りが悪い季節の変わり目の風邪です。
      そちらは皆さんお元気ですか?

    • Yoko says:

      fumiaki さん、またしてもこんばんは

      今夜は咳が1回も出ませんでした…なおったのかも♫

  2. ライデン母さん says:

    少人数でも本当に意味を理解して署名してくださる方に頼んでまわってます。
    まずは訓練士、助手(ともに所属、救助犬教会)、訪問犬として自らのワンコを活動させている方、獣医などです。
    署名が真実であるようにやります!
    ただアトム君の所在がはっきりしないのは納得がいきませんね。

    • Yoko says:

      ライデン母さん、こんばんは。

      今回の署名運動…結局は前回千葉の松戸市であった『盲導犬ジョニーの虐待事件』と今回の『盲導犬アトムの虐待事件』…この二つが引き金となって、たくさんの人が立ち上がったんだと思います。
      この様なイヌの犠牲がないと人たちが立ち上がらないのも嫌だけど…。

      わたしの個人的意見だけれど、盲導犬アトムが今どこに居るかよりも、ここまで何年も虐待の通報があっても放って来た人間側に非があって、今となっては死んでいてもどこかの善意の人に面倒を見てもらっていたとしても、それが問題ではなく、ジョニーやアトムは氷山の一角であって今でも誰にも助けられずに虐待を受けながらも仕事をしている盲導犬がいる…って思ったら、このジョニーとアトムの犠牲をステップに働くイヌの管理改善を望むのが一番なのでは…って思うの。
      彼らの犠牲をもって人たちが立ち上がったのなら、成果に結びつくと良いと思ってます。

      冷静に考えてみると、イヌを守る法律もない国なんだよね、日本って。そこに良い盲導犬を輸入するとかよりも前に、まずは彼らを守る法律、そしてアニマルポリスの導入だと思うけどなぁ…って言うのが私の意見。どぉ思う?

  3. ライデン母さん says:

    そうですね。海外に駐在していたとき言葉よくわかんないから動物関係の番組ばかり見ていました。NtionalGraphicだったかなー、アニマルポリス@アメリカだったか。通報があるとすぐかけつけ、飼い主に詰問して、いったん引き取るというシステムだったと思います。日本は確かにないですね。
    私もアトム君だだけでなく、実際、近所でも以前、虐待だな、と思う場面がありました。
    たぶん吠えるからか、留守番からか、首輪からベランダのフェンスにくくりつけられている犬がいました・・・。
    ほんと氷山の一角ですよね。
    アニマルポリスの導入って難しいね。
    今度ライカンはアメリカのニューファンドランドクラブ(NCA)に入会できるかもしれません(ただいま審査中),審査項目にも犬の虐待についての質問もありました。きっと情報は得られるかもです!

    • Yoko says:

      ライデン母さん、おはようございます。

      まずは、ライデン&カンナ…もしNCAに入会出来たら凄いわね〜!!

      虐待についても、各国々で国土の広さが違うから、それなりに住宅事情も違う訳でしょ…、まったく同じには出来ないと思うの…。

      例えば伺った話ですが、盲導犬のパピーウォーカーをする方々が、どこの協会だかは忘れましたがその当時の協会の方針で各家庭がクレーとを用意して、1日の内、何時間かはクレーとの中で過ごす様に…って方針になっていた時期があったそうです…その時にイギリスから日本にイヌを送って来て下さっていたイギリスのブリーダーの方が『クレートなんかとんでもない!!自分のイヌのパピー達が、自分が日本に行った際に、もしクレートの中にいるようなら、全部イヌをその場で引き上げる!!』って烈火の如く怒ったそうです。
      でも国土の狭い日本は置く家具の数や大きさにだって限りがあるから、もしかしたらクレートの中でお留守番する子だっているかもしれないですよね、個体の性格次第では。

      アメリカのシーザーはお留守番に分離不安気味の子とかにはクレートでトレーニングを始めたりしています。

      だから、各国ごとで虐待としての基準は変わってくるんだろうけれど、早く、アニマルポリスが導入されたらって願います。難しいけど。

      それ以前に、イヌがイヌとしての権利をきちんと持てる様になったら良いと思う。
      法律もしっかり出来て…。イヌが守られる様になれば…。

      今日は昨日とは打って変わって変なお天気ね〜。

  4. ranranlabra says:

    気管支炎とは大変でしたね、くれぐれもお大事になさってくださいね。

    さてアトム君の件ですが以前パピーウォーカーをしてらした方が
    ICチップの事を仰ってました。盲導犬にはICチップが入っているそうなんですが
    九州の盲導犬協会もそうなんでしょうか、とにかく今一番しなくてはいけない事がアトム君の
    無事確認ですよね、今回の事で最近では反対意見も出始めているらしくとにかく、一刻も早い
    確認をお願いしたいものです。
    もうパピーウォーカーはしないなんて方々も出始めているらしい・・・
    憂う事です・・・

    • Yoko says:

      ranranlabraさん、こんにちは。

      まだ、たまに咳が出るのですが…昨夜は無事に1回も咳が出ませんでした…。

      アトムの無事は知りたいけれど、見つかってしまったらしまったで、又してもあのウサン臭い盲導犬協会って奴に引き上げられ、盲導犬ジョニーの時と同じ様に『この一件をまったく知らない人に育てていただく事になりました…ちゃんっ!!ちゃんっ!!』って事になるんだと思うんです。
      そうなったら、本当に、アトムの無事は分からなくなってしまいますよね。

      なので、私は個人的に…あくまでも個人的な意見としては、アトムが善意の人の元で暮らしていて、アトムの一生をその人の元でかわいがられて終わるって言うのが一番かな??って思ってしまいます。

      パピーウォーカー…最近はなりたい人も少ないから、昔の様に『大切な盲導犬となるんだから大切に色んな事を経験させて…』なぁ〜んて人は本当に少ないそうです。
      『どなたでも良いから、イヌを一生は面倒見なくてよくってかわいいパピーの時だけで
      もお願いします〜』ってお願いしてなっていただく場合もあるとか…。
      なので、パピーウォーカーの質も悪いと聞いた事があります。
      まぁ、盲導犬を訓練する訓練士に虐待されているかも?って事で、弁護士を雇って、協会から引き上げようとされている方尾いらっしゃるとか…。

      そんな事を考えると、日本にはたくさんありますが、『盲導犬協会』って物のあり方を本当に考え直してもらわないといけない時なんですよね。

      警察のトップやら学校の校長やら、今回は銀行マンでしたが、天下りでつく職場ではないと思います。
      もっと、きちんとイヌを知った人が協会のお偉いさんにならないとね…

      『元盲導犬ジョニー』と『盲導犬アトム』の長い事受けた犠牲がステップとなり、ここで、『協会のあり方』が変わってくれると良いと切に願います。

  5. コメント出来るかな・・・?

    えと、今回は海外にもう流れていて、あの動画のオランダ語バージョンも
    UPされています。
    デイリージャパンに投書した方もおられます。
    Yokoさんも、そろそろどこかに投書しても良いかもです。
    私も考えています。

    アトム君の無事は気になりますが、どなたかが保護しているのであれば
    今は出てこない方が良いと、個人的には思います。
    何故って、今出てきたら保護した方は窃盗罪で、アトム君は
    間違いなく協会に逆戻りです。
    この何も変わっていない状況のなかで、彼が協会に戻る事は
    むしろ一番避けたい事ですらあると思います。

    少しでも状況が変わってから、それからアトム君の無事な姿を
    見たいですね。

    • Yoko says:

      ターミ姉、こんにちは…コメント出来てま〜す。

      そうでしたか…もう海外にはそんなに流れているんですね。
      では、私もそろそろ話をしてみます。
      のかかっていない
      ほんとね…万が一、アトムがあのアホなユーザーが鍵をかけ忘れた門から外に出ていて、それを保護したのならどぉなんでしょう。道を歩いていたら…それは保護なんじゃあないかしら?
      でも、リスクは大きいですよね。
      けっこう頭のチンプンカンプンな人が多いですから…。

  6. 先日の里親会で賛同してくれる方々に、署名お願いしておきました。
    用紙をコピーしてなるべくたくさんの方に署名して下さるよう、お願いしています。
    次回の里親会で回収して送ります。
    黙っていることが美学ではないですよね。
    私も言いたいこと言うようにしようと思います。

    • Yoko says:

      チャキママ、こんばんは。

      署名の協力…本当にありがとう♫ 感謝してます。
      私も今回はしっかり口を開こうと思っています。

      私は、人間にも動物にも虐待する人は許せないです。死刑で良いと思ってます。
      相手が自分より弱いからってする訳だから…。

      この『盲導犬アトム』のユーザーへの刑罰がどのようになるのか知りたいです。

      協会も訴えたら良いのに…このユーザーを…って思っちゃうよ。
      そう言う事をしようとしない協会が私は信じられないです。

      『福祉』が絡んでるからって、福祉の意味もよくわかってない国なのにね…日本って。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s