『盲導犬アトム』…日本の盲導犬の世界の質を問う

今日、…とある所で読んだこの言葉が頭から離れません。

「炎天下に盲導犬を使おうが犬はそのための道具なんだから。盲人の為なら犬の犠牲は当然」とおっしゃったという盲導犬繁殖ボランティアが存在すると言うのです。

もう私はこの文章を読んで自分の目を疑いました。

今日の今日まで、署名運動を一生懸命にして、犬後進国の日本にもこれを機会に…『盲導犬ジョニー」や『盲導犬アトム』が得た卑劣な虐待と言う行為を大きなステップに、彼らの管理改善を…とがんばっていたけれど、一体どうなんだろうか。

盲導犬育成に一番直接関わっている盲導犬繁殖ボランティアから、こんな最悪な意見が出るとは…。

この言葉通りでないにしても、『盲導犬は物です』と言っていた、この繁殖者…一体、何を考えて盲導犬育成に絡んで来たのだろう。

私などは盲導犬に絡むボランティアもしていなければ何にも絡んでいないけれど、盲導犬と言う犬が不当な扱いを受けている事に憤りを感じ立ち上がっている、ただの犬好きです。

それが、盲導犬の世界に居る人からこの様な発言が出るのなら、いくら沢山の人が盲導犬を待っていても、いくら沢山の愛と善意にあふれる盲導犬ユーザーが居たとしても、この様な虐待を受けている盲導犬を『良し!!』としている人が盲導犬の世界に居る限り、盲導犬の世界が変わる様には思えなくなって来ました。

『盲導犬アトム』のパピー時代を共に過ごして下さったパピーウォーカーの方は、この事件を知ってどのように感じていらっしゃるのだろうか…。

きっと怒り悲しんでおられるに違いない…。

日本は犬後進国だとは知っていたけれど、こんなにまで最低だったとは…、今夜の私の頭の中は『日本になんて良い犬は1匹足らずとも入ってこない方が良い』と言う事です。

何故って、彼らを守ってあげる法律がないからです。

この署名運動を機会に、きちんとした法律が出来るのであれば別ですが。

なんでこんな最低な人が繁殖ボランティアなの??

なんでこんな人が盲導犬育成に絡んでいるの??

なんで自分の所から出した犬1匹を守ろうともしない人が盲導犬繁殖ボランティなの??

誰か答えて下さい。

私と同じ様に疑問を持った方は、どうか、署名運動に参加して下さい。そして、犬達を守る法律を作る運動にも参加して下さい。

虐待を受けていた盲導犬アトム号が行方不明です…

 

 

 

 

 

About tlc4yoko

I’m living in Kamakura, Japan with British husband and 3 lovely labs. Tipi passed away on May 13th, 2011, about 12:50. Now she is running around the sky with a healthy young body and visiting us quite a lot. Now we have Boy GR called Fenn.海辺のまち鎌倉にイギリス人の主人と3匹のラブラドールと暮らしています。ティピは2011年5月13日12時50分頃にお空に帰り、病気から解放され元気な身体でお空を走り回っています。私達の所にもよく遊びに来ます。現在は、ChumlyとLunaの下にGRのFennを迎えました。 (ブログ内に掲載されている写真、画像の無断使用を固くお断り致します。) PINTERESTにペタペタと保存してますので見に来て下さい。 http://pinterest.com/yokoaldred/ 2010年の2月〜2010年7月のブログはmixiを利用しています。お読みになりたい方はメール下さい。
This entry was posted in Doggies. Bookmark the permalink.

8 Responses to 『盲導犬アトム』…日本の盲導犬の世界の質を問う

  1. チェリーです says:

    はじめまして。私は九州盲導犬協会のボランティアです。盲導犬は物である等の発言は本当です。自分が何頭盲導犬のパピーを育てたか!頭数自慢の方もいます。今ボランティアはきれいに2つに別れてます。協会側か反対側か…私が思うに本当に犬の事を愛して盲導犬として人様のお役に立てる子に育ちますようにと我が子のように思ってる方は少ないです。協会の考えや方針が可笑しなボランティアを育成してると感じます。私は二度とボランティアをするつもりはありません。協会は何も改善する気配はありませんしボランティアも一弾となって協会に抗議するなんてあり得ませんしどうすれば良いでしょうか?私の可愛い子も訓練中です。

    • Yoko says:

      チェリーさん、はじめまして、そして、こんばんは。

      そうでしたか…チェリーさんのお子さんも今トレーニング中ですか…、本当に先が不安になってしまいますよね。

      私もチェリーさんが仰っている『本当に犬の事を愛して盲導犬として人様のお役に立てる子に育ちますようにと我が子のように思ってる方』ばかりなのかと思っていました。
      本当にがっかりしてしまいます。

      先日聞いた話だと、トレーナーから虐待を受けている盲導犬候補生の犬を協会から引き上げるために弁護士を立てて戦っていらっしゃる方もいるとか…。
      もうなんだか訳が分からないです。

      どこかからの天下りばかりが集まった協会などに期待はしていませんが、こうやって公になった訳ですからね、アトムの件も。
      彼らは絶対に自分のみを守るために、表面上は折れるでしょ…それをつかって時間稼ぎをするしかないです。

      その間にも、日本に動物を守るための法律を作らないと…。

      きっと後を絶たないと思います…、
      ジョニーにしてもアトムにしても、かわいそうだけれど、日本に法律の出来るまでの時間稼ぎになってしまっているのが現状だと思います。

      皆さんは、協会が非を認めればって仰っているけれど、非を認めた様な形にするだけで、それは保身です。
      だから、基本的に何も変わらないんです。 彼らに有無を言わせなくするには法律です。

      そして、もう2度とボランティアをなさらないと仰ったチェリーさんは、ご自分のかわいいご愛犬達のためにも、関わらない事だと思います。

      今後何頭の盲導犬が犠牲になるか分からないから…。

  2. ,今回、海外組で動いてくださっている方が、アメリカ辺りも
    結構いい加減だと仰っていました。
    それでも、アニマルポリスなどがあるだけ日本よりマシです。
    盲導犬ボランティアは、パピーミルじゃないんですから、数を競って
    どうするのよ?です。
    ゆらちゃんも一回繁殖犬をやりましたが、もうやらないと仰っていました。
    日本で繁殖された子が、アジアなどに輸出されていることも私は
    知りませんでした。
    日本だって数が足りないのに、なんで?
    そして、異国の地でキャリアチェンジになった子は、どうなって
    いるんでしょう。
    日本でも、キャリチェンを扱いきれないからと保健所に持ち込んだ
    馬鹿ボラもいたそうです。
    それも何件か。
    問題は多過ぎます。
    それを変える為の一歩に、署名がなって欲しいです。
    すでにお預かりしている方のお名前を無駄にしない為にも
    出来るだけ集めましょう。
    取りあえず。

    • Yoko says:

      ターミ姉、こんばんは。

      本当にむかつく話しが多すぎます。

      アジアに輸出されて、向こうでキャリアチェンジの場合は、登録している住まいの住所が変わって、住所は「虹の橋のたもとの何番」とかになるんだと思いますよ。

      レスキューしてらっしゃる方達を見てから本当に日本のボランティアの質の低さをつくづく感じました。

      本当に今は署名を集めるしかないですね。
      がんばりましょう。

  3. 最初は一生懸命だったんでしょうね?
    でもどこかで自分が褒められること、名誉を得ることに夢中になってしまって、最初の思いははるかかなたへ行ってしまった。
    不自由している人のために何かしたい、殺処分される犬を幸せにしてあげたい。
    これは盲導犬だけではなく、聴導犬、介助犬、保護犬に携わる全てのボランティアに関して言えるのではないでしょうか?
    盲導犬、聴導犬、介助犬・・・人間の道具ではありません。パートナーです。虐待するユーザーはごく一部。その他障害者の方は健常者に負けず頑張っています。
    どうか障害者の方に偏見を持たないでください。手を差し伸べてあげて下さい。
    保護犬・・・・命が助かればいいのではありません。命が助かっても、ケージやシェルターに入れっぱなしでは、飼い殺しではありませんか?病気の子やシニアの子はレスキューされなくて殺処分になっても当然なんでしょうか?人間と楽しく生活して一生を終えて欲しいです。

    自分達をよいように見せたいがためのパフォーマンスや批判にはうんざりですよね。
    もうこんな筋道が通らないことに制裁を与えてほしいです。
    でも本当に一部の方々だと思うんですよ。
    賛成意見よりも反対意見の方が目立ちますからね。腹綿煮えくりかえりますが。

    • Yoko says:

      チャキママ、こんばんは。

      チャキママはチャキママでレスキューの方で同じ用意むかつく事多しだよね。

      初心に返りましょうって言っても、あ〜やって初心を失ってしまった人たちはもう無理なんですよ…、私は放っておくのが良いと思ってますが、そ〜ゆ〜奴らが放っておくにしても大過ぎるでしょ〜。
      名誉を得て初心を忘れた様な人って醜いよね。
      得た名誉で、、動物たちにお返しをして欲しいよ…。なにか彼らに貢献して欲しいよ…。
      彼らがいたからの名誉なんだから…。

      署名、がんばって集めましょう!!

  4. SATO says:

    こんばんは。
    私は引退犬ボラをしています。
    一生懸命働いてくれた子たちの犬生の最後を
    わがままにゆるゆると過ごさせてあげられたら・・・という思いで続けています。
    私の本音は、使役犬なぞやめて欲しい!ということ。
    アメリカの軍役犬がベトナムで「モノ」として置き去りにされたエピソード
    20年以上も前に知りましたが
    未だにそのことを話そうとすると胸がつまります。
    軍役犬と盲導犬、何も違いませんよね。同じですよね。
    今回の署名運動と私の思いは異なりますが
    あの子たちの権利が守られるならば、私なりに地道にお願いして行きたいです。

    • Yoko says:

      SATOさん、こんばんは。

      素敵なボランティアをなさっているんですね。

      私もSATOさんと同じく、彼らの権利を守る事が出来る様になるならと言う思いでこの署名運動に協力しています。

      本当に複雑な気持ちです。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s