『盲導犬育成事業』の暗く汚い一面 & ふぅ〜っ、気分転換にKeenの靴、購入!!

今年になって知った『盲導犬虐待』と言う課題はとても重たく、また奇麗だとばかり思っていた盲導犬の世界が1つふたを開けてみたら、お金が辛み、そして人間が辛みのとっても汚い世界でした。

そして日本の持つ独特な文化が入り乱れ…、その中に口をきけない犬が主体の盲導犬育成事業が存在している訳ですから本当に大変な事です。

『盲導犬アトム』はある種の『運命の子』とでも言いましょうか…、今までに沢山の盲導犬がユーザーや担当の訓練士に虐待され、中にはそれが原因で命を落とした子達もいます。

「身体障害者補助犬法」と言うのがあるにもかかわらず、その法がまるで守られていない…まかり間違っても法律ですよ、それが守られていないって言うのも、一体国を何だと思っているんだって話しです。

きちんと補助犬の管理が出来ない人には渡せないはずの犬が、家族中の反対の中で盲導犬を持ち、その家族の反対があったためオシッコを山の中までさせに行き、そこで背負った山ダニが原因で命を落とした『盲導犬パール』…盲導犬として仕事をし始めて直ぐの事だったそうです。

なぜ?? なぜ、協会はユーザーとなる人の家族中が反対しているのに、そんな所へ盲導犬を貸与するのか意味不明…と思っていたのですが、お金ですよね、1頭、貸与刷ればお金が協会に入るんですよ。だからかって気がつきました。ア◯メ◯トの様に譲渡の場合のみお金が発生するのかと思ったら、そうじゃないんですね。貸与の場合もお金が発生するんです。

そして、どこの団体の盲導犬かはまだ分からないのですが、去年のあの猛暑の中、ベランダに出しっぱなしにしておいた『盲導犬』が1頭、熱射病で死にました。死んでも気がつかなかったそうです。

なぜ、法律で言われているのに、この様にまともに面倒も見れない人の所に盲導犬が簡単に貸与されるのでしょう…それも2度も。

世間では沢山の人が盲導犬を必要とし待っているのではないのですか?

確実に面倒の見れる人の元へ貸与すれば、大金を使って盲導犬を育成しなくても良いのではないでしょうか?

今回、北盲出身の『盲導犬アトム』だったから、北盲の方達が抗議したと聞いていますが、他の地区の協会たちは何をしているんでしょう? 自分の協会に火の粉が降り掛からなければ良いとジィ〜ッとしているのでしょうか?

以前ブログで綴った名前(メリッサ、ジョニー、アトム)の他に、また新しい名前が増えました。

日本の盲導犬育成事業は本当に深く広く汚い物の様に思います。

虐待の犠牲となった子達の為にも、そしてその結果、命を落とした子達の為にも、今後も色々と調べて行くつもりです。

そうそう、もう1つ、この協会の元訓練士が沢山本を書いていますね…、彼も虐待派の訓練士だそうです。そんな奴の本にお金を払うと虐待に加担した事になります。

こんなの序の口…九盲が出来た時から行われてた虐待に、もっともっと私達の知らない『盲導犬たちの名前』が出て来る事でしょう。

動物虐待は犯罪です。

どこの地域の盲導犬協会であろうと虐待は許されない行為です。みなさん、絶対にその事を忘れてはいけません。

この世に生を受けた盲導犬候補生のパピー達を虐待から守ってあげられるのは、きっと協会にボランティアとして働く人達なのでしょうね。

協会は今でも『盲導犬アトム』を探しまくっている様です…指名手配犬として…。見つけたら、自分たちが槍玉に挙げられた恨みを『一生飼い殺し』にして晴らすつもりでしょうか…、そうなんですか?

私は、動物虐待も弱者虐待も、虐待と言う行為を許しません!

さて、一息ついて…。

今日は鎌倉にある私の大好きな靴のブランド…Keenの靴を見に主人とデートして来ました。

最近、ルナのクレートトレーニングを始めたので、先週は1日に1時間半くらいまで…今週は1日2時間〜3時間をクレートに入ってのお留守番のトレーニングをしています。

このクレートトレーニングもシーザー・ミランの番組を見習って、ルナを押し込む訳ではなく、自分から入って行ってもらい、そこで「レイダウン」した落ち着いたルナを見てからゆっくりクレートを閉め「ステイ」と落ち着いた声で言いそのまま出かけます。チャミーはクレートに入れず、自由にさせてあります。

今日もきちんとお留守番で来た様です。いい子にお留守番していたので、帰ってからはクレートのドアを開け「レイダウン」させ、ご褒美のおやつをあげます。

…なのでここ最近主人と毎日デートしてます♫

さてさて、お題のKeenの靴!! 何を購入したかって言うと、これです!!

KEEN Catalina Boat Soe のブラックです。履き心地もよく大満足です。

いつものアウトドア系の靴と違って、ちょっとお洒落できそうです…あはは。

私の靴ってほぼKeenかUGGか…です。犬との暮らしがメインな私には今回購入したこの靴は結構おしゃれ靴なのですが、ガールズと出かける時にはKeenのアウトドア系の靴があればどこでも行けて、なおかつ歩きやすいのでとても重宝してます。

About tlc4yoko

I’m living in Kamakura, Japan with British husband and 3 lovely labs. Tipi passed away on May 13th, 2011, about 12:50. Now she is running around the sky with a healthy young body and visiting us quite a lot. Now we have Boy GR called Fenn.海辺のまち鎌倉にイギリス人の主人と3匹のラブラドールと暮らしています。ティピは2011年5月13日12時50分頃にお空に帰り、病気から解放され元気な身体でお空を走り回っています。私達の所にもよく遊びに来ます。現在は、ChumlyとLunaの下にGRのFennを迎えました。 (ブログ内に掲載されている写真、画像の無断使用を固くお断り致します。) PINTERESTにペタペタと保存してますので見に来て下さい。 http://pinterest.com/yokoaldred/ 2010年の2月〜2010年7月のブログはmixiを利用しています。お読みになりたい方はメール下さい。
This entry was posted in Doggies. Bookmark the permalink.

10 Responses to 『盲導犬育成事業』の暗く汚い一面 & ふぅ〜っ、気分転換にKeenの靴、購入!!

  1. popyママ says:

    YOUKOさん、おはようございます。次から次に出でくる盲導犬虐待のこと、なんだか悲しくなります。ボランティアに行って最初ほ天真爛漫だった子たちがなんだか表情のない子たちに変わっていくのをみると(それを大人になったというのか?)こんなこというのもなんですがどうか盲導犬にならずキャリアチェンジで普通に犬生を過ごせますようにとグルーミングしながら抱きしめてしまいます。先日友人から虐待するために保護センターから引き取る人もいると聞きもうやりきれない気持ちです。
    KEENの靴いいですね。鎌倉に行く機会があったらのぞいてみます。

    • tlc4yoko says:

      Poppyさん、こんにちは。

      やはり目の輝きは悲しい分、楽しさがない分…虐待されてる分、失われて行きますよね。
      素敵な訓練士さんが増えている反面、まだまだ、戦争中の時のような訓練方法からは抜けたかもしれにけれど、今度はもっと精神的におかしくなっている奴らが虐待するから動物たちもかわいそうですよね。

      センターから虐待するために引き取るの? 悲しくなるわね。

      鎌倉のKeen のお店です。
      http://kamakura-rhythm.com/shop.html

      HUNTER長靴もカラー限定で売ってましたよ~(^-^)/

  2. akitsai,wordpress.com says:

    ヨ一子さん早安﹕時ばらくヨ一子さんのブ口グを見れないのが淋しかっった,私のPCが故障し入院した為まだもどって來ない,主人のは,なれないので恐恐です,

    • tlc4yoko says:

      akitsaiさん、お久しぶりです。

      でも、私も1週間お休みしてました(笑) 
      早く直って来ると良いですね〜、私のブログは逃げませんから…後でゆっくり読みダメして下さいませ〜。

  3. ranranlabra says:

    次から次へ明るみになる悪行の数々にやりきれない思いで
    いっぱいです・・・気分が暗く、重くなりますね・・・

    しかしそんな事とは別に素敵なお買い物しましたね♪
    ブルーな気分が晴れますよぉ♪
    これを履いて颯爽とお嬢様方とお散歩するYokoさんが
    目に浮かびます^^

    • tlc4yoko says:

      ranranlabra さん、こんにちは。

      Keenのアウトドア・ルックス?のブーツや靴、そしてサンダル等は本当に歩く為に出来ているんだなぁといつも実感します。
      どんなに疲れていても立っていて歩く為に重心がちょっと前にかたむけば、1歩必ず前に出てしまう…犬とのお散歩にはこんなに適した靴達はありません。

      盲導犬への虐待…本当に嫌になるけれど、私はジョニーの時の様にうやむやにはしたくないです。
      なので、出来る限り…と思っています。

  4. akitsai says:

    ヨ一子さん, PCがもどって來ました,でも盲導犬の事,どうにもならないのね,悲しい事です,神樣が居るのか?うたがわしく思います,早く世の中が良くなると事願いたい,,,

    • tlc4yoko says:

      akitsai さん、おはようございます。良かったわね〜、PC、戻って来て!!

      これからは又お喋り出来ますね。

      盲導犬虐待の件、本当に深刻な問題です。
      そして、知れば知る程、盲導犬にさせる仕事を市役所に沢山いらっしゃるシルバーさン達にして頂いた方が全てが敏速に済むんじゃないかと思えてきました。
      人間同士がもっと優しくなれるなら、高額な費用と月日を費やして盲導犬を作らなくてもいいのではないかって思えてなりません。
      盲導犬の存在自体が虐待だと仰る方達も西洋にはいらっしゃいます。

  5. SP says:

    Yokoさん、はじめまして。私の友人がYokoさんのブログを教えてくれました。うちにも1ラブがいます。よろしくお願いします。
    Yokoさんの盲導犬事業に対するご意見に「激しく同意」します。
    私は、盲導犬制度は福祉の不公平、税金の無駄使い、犬の虐待、時代錯誤だと断言します。
    どうか業界、関係官庁、マスコミあげての「盲導犬=いいこと」宣伝を信じないでください。
    また、すでにご存じかも知れませんが、2ちゃんねるの「盲導犬をめぐる諸問題について」というサイト中のいくつかのコメントをご覧ください。アトム関連のものもあります。
    No.354,355,357~363あたりです。特にNo.358,360,362は視覚障害者自身のコメントのようですが、この人は「自分は白杖で十分」「周りの暖かい目があれば白杖で歩ける」と言っています。
    (2ちゃんねるには問題もあるようですが、このサイトは盲導犬制度や業界についての的を得たコメントや意見、障害者自身のコメントもあり有益だと思います)。
    盲導犬の需要は、実は少なく、約1ヶ月の団体での宿泊訓練もネックとなり、結果、世話もろくにできない、外出の必要度も低い高齢のユーザー達に何度も犬が供給されています。
    「多くの人が盲導犬を待っている」というのは事実ではありません。
    1年前にN盲導犬協会に聞くと「盲導犬を申請すれば1年以内にもらえる」との答えでした。
    またこの協会は視覚障害者に向けて「盲導犬を使おう」キャンペーンをさかんに行っています。
    もし本当に多くの名が盲導犬のウエイティングリストにあるのなら、こんなことにはならないはずです。
    また盲導犬団体自体が(K協会)「視覚障害者の歩行のサポートをするのに一番いいのは人間だ」とHPで断言し、人間向けの障害者サポート講座を開いています。
    盲導犬を1頭貸与(譲渡)する毎に団体には約200万円(税金)が自治体から支払われます。
    同じ税金を視覚障害者により広くいきわたるように使うべきです。
    …長くなってごめんなさい。言いたいことがありすぎて。Yokoさんのブログに会えてうれしかったです。ありがとうございました!

    • tlc4yoko says:

      SP さん、初めまして。

      私も、盲導犬に対して今までは必要な人たちに渡っていないのでは??と思っていたのですが、今日に至っては、盲導犬育成の犠牲となっている犬の事を考えたら、盲導犬は必要ないと私も断言出来ます。
      今回のアトムにしろ、その他色々な噂のあるウルマにしても、ウルマなどは殆ど外出もしない人の所に行った様ですし、2頭目だと聞きました。
      もういい加減にして欲しいと思ってます。

      しかし、福祉の絡むこの問題は根が深く、また、九州の土地柄と言うのもあるのでしょうか、そう簡単には話しが進まない様です。

      時が来たら私は声を大にして言いたいです。盲導犬を多額な費用を使って育て、そして、虐待するのが現実なら、盲導犬の存在をなくすべきだと!!

      犬が好きな人は周りの家族にたのんでペットとして犬を飼えば良いと思います。

      本当に犬が好きだったら、盲導犬にしようなんて思わないかもしれないですね。
      (まぁ、今現在犬好きで盲導犬を家族の一員として暮らしているユーザー達は別として…)

      SP さん、これをご縁にこれからも宜しくお願いします。
      私のブログは、ブログランキングにも入っていませんし地味な物なのですが、私の思ったままを綴っています。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s