追記あり!!カイカイなチャムを連れて…& 絶対にみんなに読んで貰いたいドッグトレーナーさんのブログ達ぃ〜♫

我が家に2歳と3ヶ月でやって来たチャムは、やって来たその当時からアレルギーの様なカイカイ病を持っていました。

目のまわり薄いオレンジ色のスタンプを押された様に毛がなかったし…。

でも、生肉と生野菜を食べ出し、その目のまわりのスタンプもなくなり…っていうか、まぁまぁ良くなり…だったので今日になってしまったのですが、今日はチャムのこのカイカイにステロイドを使いたくない私は皮膚専門医の居る動物病院へ連れて行く事にしました。

連れて行った先の病院はマーブル動物病院 以前からチャキママに勧めて頂いてた病院。今回、病院にお願いしたのは、英語を話される院長先生がおいでな事はチャキママから伺っていたので、皮膚科の先生の診察の内容を院長先生から主人に話して頂きたいと言う事でした。
主人もその場で伺いたい事があったら伺いますので…ってお伝えしました。そうしたら、なんと院長先生が皮膚専門医でいらっしゃった!!

これで話しはもっと簡単っ!!院長先生(難波先生)に診て頂けば良いって事じゃん!!

診察室の中では主人が伺いたい事を全て先生に質問してくれて、私はなんだかとっても楽チンでした。いつもだったら私が質問して先生の仰った事を主人に英語にして…って専門用語もたくさんあるから本当に大変だったけれど、チャムのアレルギーに関しては超楽チンです。

今回は主人に任せて…

触診やら問診やら…を住ませ先生が仰ったのは『フード・アレジー』じゃないか?って事でした。

口のまわりやアゴ(像の皮膚のように固くなっている…)、そしてお尻…。これは絶対って言っていい程の『フード・アレジー』だそうです。

じゃあ、何に反応しているの?って事なのですが、アレジー・テストをオーストラリアに送って調べて下さるそうです。役10日間程かかると言われました。

…そして、その間のチャムのご飯は…と言うと、先生からドライフードですか?それとも手作り??って聞かれたので、胸をはって『生肉と生野菜です!』と答えたら、『うぅ〜〜ん、この1週間は、ボイルした豚とボイルしたポテトをあげて下さい…!!』ですって。

うんじゃあ、サプリメントとかハーブは???って事に…。

先生からしっかりと1週間のご飯の内容が伝えられました。

あげて良いサプリメントやハーブ:ビタミンE、ビタミンC、グルコサミン、コンドロイチンビアーイースト、生酵素、単純な野菜を細かぁ〜くしたもの(例えば、人参、キャベツ、きゅうり…)

あげちゃダメって言われたもの:アルファルファ

お肉:豚肉に火を通す

うぅ〜んっと思ったけれど、とりあえず、1週間はこれでやってみます。

そしてチャムのアレジーが軽減されるのなら、私は手作りご飯にはこだわるけれど、生肉にはこだわりません。

[追記]   難波先生から指示された内容で、ご飯のボウル…万が一プラスティックの物だったら、それは直ぐに止めて下さい!と言われました。

我が家のお水を飲むボウルがプラスティックだったので、それはさっさとキャビネットの中へ…。

そしてチャムの大好きなチュウチュウするブランケット…フリース素材なんですが…と申し上げてみた所…それはOK!!がでました。

しかし、遊んでる玩具の中にプラスティックの物があるのなら、それは片付けて下さいとの事!!

アレルギーを持っている犬が家族にいる方々…ぜひ、皮膚科の専門医に一度は診てもらい色々な可能性について伺ってみるのもとても良い勉強になりますよ〜

ふぅ〜っと一息っ!! 診察室から出て来た私達…

さぁ〜、今日からチャ〜ちゃんだけ特別食の始まりぃ〜♫

ルナが又うらやましそうにするのかなぁ…ちょっとだけ豚肉をあげようかな?ルッちゃんにも。

さてさて、今日は私が最近、とってもお気に入りなドッグトレーナーさんのブログをご紹介します♫ 私は日本人で、こんなに進歩した考えを持ったトレーナーさんがいらっしゃる事自体に大感激です。

もちろん我が家に私のトレーニングをしに来て下さる神山先生も、その中のお一人なのですが…、我が神山先生はブログ等を一切書かれないので、ご紹介のしようがないのが困りもんです…。

しかし、今年の秋にはターミ姉からご紹介いただき、神山先生をご紹介したぶりさんご家族と『神山先生のグループレッスンを受けてみたぁ〜い』って言う家族が数家族モンターニャに集まることになりました。 楽しみだなぁ〜〜。

では、まず、何度か私のブログでご紹介した「ちっちさんのブログ」Life in the UK

そして、つい最近大発見した「CalmDogさんのブログ」CalmDogのつぶやき

皆様、お時間のある時にぜひ読んでみて下さい。

ご愛犬との時間がもっともっと密度の濃い物になる事は間違いなしだと思います。

最後に、私の最近欲しいKEENの靴っ!!って言ったらコレさっ!!

About tlc4yoko

I’m living in Kamakura, Japan with British husband and 3 lovely labs. Tipi passed away on May 13th, 2011, about 12:50. Now she is running around the sky with a healthy young body and visiting us quite a lot. Now we have Boy GR called Fenn.海辺のまち鎌倉にイギリス人の主人と3匹のラブラドールと暮らしています。ティピは2011年5月13日12時50分頃にお空に帰り、病気から解放され元気な身体でお空を走り回っています。私達の所にもよく遊びに来ます。現在は、ChumlyとLunaの下にGRのFennを迎えました。 (ブログ内に掲載されている写真、画像の無断使用を固くお断り致します。) PINTERESTにペタペタと保存してますので見に来て下さい。 http://pinterest.com/yokoaldred/ 2010年の2月〜2010年7月のブログはmixiを利用しています。お読みになりたい方はメール下さい。
This entry was posted in Doggies. Bookmark the permalink.

10 Responses to 追記あり!!カイカイなチャムを連れて…& 絶対にみんなに読んで貰いたいドッグトレーナーさんのブログ達ぃ〜♫

  1. お疲れさまでした。
    チャムちゃんもフード・アレルギーの疑いなんですね?
    我が家のクマンもまったくの同じ症状です。
    ティピママが先生に言われた事も、すでに我が家でも対処済みなんです。
    食器も我が家は最初から陶器のものでしたし、
    豚肉もしゃぶしゃぶみたいに、必ず加熱して与えます。
    ポテト系のフードも色々と試しました。
    この際、「生肉」を与えるのはNGなのでしょうか?
    あと、残すはチャムちゃんのアレルギーの検査をオーストラリアまで送る意味は、
    特別に何かあるのでしょうか?
    日本の検査機関とは、また、違う何かがあるのでしょうか?
    また、日本の検査機関よりも、オーストラリアの方が上を行っているということでしょうか?
    食物アレルギーを疑われたら、その血液検査は、何項目をされましたか?
    しようと思えば、本当に沢山あるんですよね~
    費用もばかになりません。(涙)
    食物アレルギーの他に植物のアレルギーや、ハウスダスト等の検査も、
    一緒にしたのでしょうか?
    いや~ん、質問ばかりでごめんなさいっ。
    今日、食事の後の少しの時間、クマンのエリザベスを外してあげてたら、
    いつの間にか、顔を後ろ足で強く掻いたらしく、気がついた時には、
    左目の瞼が、赤く腫れ、引っ掻き傷になり、下瞼も同様に腫れていたのです。
    本当に、こんなに食物アレルギーに長い間、悩ませられるとは思っていませんでした。
    クマンの主食の検査で反応が出たのは、一番が牛肉で、次に大豆、トウモロコシに反応しました。
    でも、それらのアレルゲンを取り除いてあげても、一向に良くなる気配もなく、
    良くなったり、また、悪化したりを繰り返しています。
    私的には、絶対に何か他にもアレルゲンがあるんだろうと、漠然に考えてはいるんですが、
    なかなか、絞ることができません。
    全ての検査が必要なのか? でも、先生には必要ないと言われています。
    それでも、去年、ステロイドの注射を打っていたことを思えば、
    今年は、まだ、1度しかお世話になっていないのですが、
    それを考えると、緩和はされているのかな?とも思いますが、本当に悩みの種です。
    あら、いやだ・・・私ったら、クマンのことばっかり、書いてしまって・・・ごめんなさい。
    後は、チャムちゃんが、何の食物にアレルギーを起こしているのか?
    その結果を、粛々と待ちたいと思います。

    チャムちゃん、お疲れ様でした。

    • tlc4yoko says:

      クマンのママ、おはようございます。

      チャムは2歳と3ヶ月からずっと生肉を食べて来ているので、来た時よりも軽減しています。
      でも、治ってはおらず、痒い時には散歩中にも止まって掻いています…それが可哀想で。

      今回のアレルギー検査は、チャムが何に対してのアレルギーがあるのかを細かく知っておきたかったのでオーストラリアに検査に出しました。
      日本との比較ってしてなかったけれど、私の頭が自然とオーストラリアに出す事にOKだったので後は結果を待つばかりなりです。

      手作りご飯を止めるつもりはないのですが、わざわざアレルギーを起こす食材をチャムに与えなくても良いかな?って思っています。

      そうそう、先生から言われた内容の中に、書き忘れちゃってたんですが『プラスティック製の玩具』についても全て片付ける様に言われました。
      クマンの場合もそうだった??

      また何か変化が良い意味でも悪い意味でも見受けられたらすぐにブログにします。

  2. ちっち says:

    いつも私のブログを紹介して下さってありがとうございます。

    チャムちゃん、フードアレルギーの疑いありなんですね。
    検査結果が出て、なにがアレルゲンなのか判明して
    カイカイが少しでも治まってくれるといいですね。
    軽度の子なら消化酵素で改善したりもするんですが、、、。

    • tlc4yoko says:

      ちっちさん、おはようございます。

      本当にいつも勉強になる事がいっぱいで…、もっともっとたくさんの犬と暮らす人達に『犬ってこうしなくっちゃ理解出来ないんだよ〜!』って事を知らせたいです。

      今後もご紹介させてくださいませ。

      今朝もゆでたポークの匂いにみんなワクワク!!
      ルナなんかチャムを押しのけてクンクンとキッチンに来て匂いとりしてました(笑)

      ルナはベニソンの生肉をたべてるんです…今週は(笑)

  3. アレルギー検査はきりがないと思いますが、チャムちゃんの痒みが軽減されればいいですね。

    まだチャッキーが生きていたころ、痒みがひどく、最初はステロイドを使用しましたが、
    難波先生の処方したビタミンなどのサプリで少し軽減しました。
    蛍を迎え入れた直後からで、ひょっとして疥癬ではというメールをもらい、
    先生と相談して、疥癬治療を行いました。
    肝臓疾患だったために、チャッキーの体のことを考えての治療でした。

    マーブルさんは英語で話せる先生と受付の方がいるから、パパさんにとっては質問などできるからいいですよね?

    • tlc4yoko says:

      チャキママ、こんばんは。

      行って来たよ〜、マーブルへ…
      もぉ、パパが張り切って色んな事を聞いてくれたり、私はたまに先生に通訳するくらいで…、ラッキーでした。

      あの、先生の処方のお薬…、私はチャムには効いていると思う…俄然、スクラッチしなくなったもの…。
      何しろ、あの痒みが軽減されるんだったら、私はお肉も茹でるし…なんでもOK!ステロイド以外だったら…ね。

  4. チャムちゃん、アレルギー持ちだったのですね。。。チョーティもアレルギー持ちですが、一度も獣医さんに診てもらったことはないんです。
    実は知り合いのワンちゃんもアレルギー持ちで、血が出るほどカミカミしてました。
    そのワンちゃんは近所の獣医さんに通ってましたが、皮膚科専門の獣医さんではないので適当な薬を処方していたと思います。色んな薬を飲まされ、薬漬けでおもらしさまでしてしまうようになりました。。。
    改善する気配が全くなく、挙句の果てには人間用の薬をすすめられたり・・・・。
    別の知人のワンちゃんも毛が抜けはじめたときに、一般の獣医さんに診てもらったそうですが、全くダメだったそうです。次に皮膚科専門の獣医さんから、ドッグフードをやめて人間の食べ物を与えなさいと言われ、その通りにすると、ワンちゃんの毛はまた生え始めたそうです。
    だから私はアレルギーに関しては一般の獣医さんは信用していません。さらには一般の動物病院で取り扱っているドッグフードも信用していません。
    チョーティの関節炎にいいからと薦められたドッグフードの成分表示の第2番目に堂々とバイプロダクトの文字があったからです。
    幸いチョーティのアレルギーは軽いほうで、私はフードを工夫しているだけす。以前は生肉を与えてましたが、今は魚主体のドライフードに生野菜や果物などを与えているだけです。調子はいいと思いますが、完治はしてません。。でも酷くなるようだったら、絶対に皮膚科専門の獣医さんへ駆け込みます。

    • tlc4yoko says:

      Choti & Berryさん、おはようございます。

      私も皮膚専門医に診て頂いて本当に良かったと思ってます。
      今後、どの様にチャムのカイカイが軽減して行くのか? フードアレジーなら、フードを変えるだけでカイカイにならないのか…とっても楽しみです。

      この専門医からは彼が処方したとくべつなお薬ってのを渡され、それを8日間のませる事になっています。
      明日は、一応の診察日…。オーストラリアに出した検査結果は私の出張中に出る様ですので帰ってから結果を伺いに行くのが楽しみです。

      獣医師にも勉強してもらいたいですよね…
      シーザー・ミランも以前のエピソードで『獣医師達の飼っている犬だったり、獣医師の犬で、暴れて治療が出来ない』って言うものだった時に、『基本、獣医は手術をして治したりする事は学校で勉強して知っていても、犬を落ち着かせて治療をしやすくする方法を知らない』って言っていました。

      犬の食事についてももっともっと、たくさんの獣医師に学んで欲しいと思います。

  5. イエロードッグ says:

    コメントが遅くなってごめんなさい。
    なにしろエルに時間がかかるのと僕がダウンして寝込んでたもんで。
    (今も寝てます)

    ラブのフードアレルギー、多いんですよね。
    なぜかチョコラブは特に。
    チャムちゃん、痒くて辛いのかな。
    早く良くなりますように。

    エルは下痢しやすい上に、慢性腎不全で蛋白とリン制限。
    これでフードアレルギーがあったらもう選択肢がないですけど、
    幸いそれはありませんでした。

    マーブル、いいですか?
    駐車場充分確保されてるのはポイントが高いですね。
    待ち時間はどうですか?
    最近の辻堂は検査で呼ばれるまで一時間半、先生の診察、投薬、
    お会計が終わるまで四時間コースなのでぐったり疲れます。

    皮膚科専門医では片瀬の米倉動物病院が名医の評判が高いです。
    けっこう高齢の先生らしいですが。

    • Yoko says:

      イエロードッグ さん、こんばんは。

      米倉先生…聞いた事があります。
      相当なお年だと思いますが…今でも診療なさっているんですね…

      マーブルも良いとは重い明日が、やはり辻堂犬猫病院の犬の家族へのケアーを考えると、やはり辻堂かな??って思います。
      でも私のかかりたい獣医師とは、自分の意見をしっかり言える獣医師です。
      日本では無理な事なのかなあ。

      エル、これからもちょっとでも栄養のある物を食べてくれると良いですね。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s