Monthly Archives: August 2012

夏休み…旅を思い出して…1日目:その1

なかなか休みが取れずに夏を迎え、私の会社も順番に久しぶりの休みを取る事になりました。 私の場合は、もぉだいぶ前から末っ子ルナの親戚犬達とのお約束の旅行がありましたので、その旅行をゴールに身を粉にして働いて来た訳ですが…。 まずはゆうちゃんがお休みを取り、そしてケイスケが…最後に私と言う順番でお休みを貰いました♫ (旅行中も携帯はなり続けたのですが…まぁ、致し方ない…苦笑) まずは、初日…今日は私たち家族だけで先乗りです。 何となくじょじょに変わって行く景色に、日々の疲れを落としている様な気さえします。 前に走るトラックに写る私達で遊ぶアタクシ…♫ なんだか気分はルンルンになって来ましたぁ〜♫ そして久しぶりのモンターニャへ到着♫ 到着した今日は山歩きと、ドッグランでコレから明日の朝まで一緒に過ごす他のわんちゃん達とのご挨拶などなど…。 早速、お友達が出来ました…♫ こんな時、チャムの尻尾はいつも友好的で落ち着いている位置にあります。その反対で、最初の1〜2分、興奮とちょっとした不安でルナの尻尾はピィ〜ンと立っていますね。 あ、お友達の尻尾も立ってる…。本当に十人十色とはよく言った物で、犬1頭ずつで、それぞれの性格があるんですね…。 普段、ドッグランに行かない我が家のガールズなので、親戚犬以外へのチャムとルナの反応がとても見たくて、とても貴重な時間です。 その後、直ぐにルナの耳の位置も尻尾の位置も落ち着いて来た様に見えます。チャムは変わらず『我が道を行く』です(笑) さっきは尻尾がピィ〜ンとなってたお友達も時間が経ったらこんなに落ち着いて…パパに『アタシ、こんな事も出来ちゃうんだよぉ〜♫』っとアピールするルッちゃん♫そして、旅行中読んだどこかの記事だったかお気に入りブログだったかの「カーミング・シグナル」の当てっこ質問にあった『目をシバシバする』で、自分が危害を与える物ではない事を伝えるルッちゃん その他にも色々なシグナルを犬たちは常に出しています…見てると面白いですよ〜! ガールズも私達もモンターニャについて、なんだかホッとしました…。この緑の中にいる事で森林浴とはよく言ったもんですね。 早速、移動の疲れをご飯の前にマイナスイオン水のお風呂に入ってとりました。 お昼寝のパパとガールズ…、ルナは又しても前足の傷がパクッと開いて…、今回は友人から紹介して貰ったGumiさんのブログの記事で、コレだって思ったTmanu Oilをコットンに湿らし、旅行の最中、夜だけでも包帯を巻いて朝まで試してみようと、早速ルッちゃんに包帯を巻き巻き…。ルナは包帯を巻かれたとたん『アタシ、お怪我してるんですぅ〜(><)』モードに突入し、パパの腕に顔をうずめて…。もぉパパはかわいくってメロメロぉ〜❤♡❤ Gumiさんのブログはとってもためになる事が満載ですので、皆様もぜひ読んでみて下さいね。 夜はモンターニャのボリュームたっぷりのご飯を頂き…お腹ポンポコリンになった私達… ルナは今回、モンターニャのオーナーに惚れまくっておりました…❤ オーナーの顔を見るとお尻をふってそばに駆け寄り、ヘソ天になって『マッサージしてぇ〜』とお願いしてました(笑)楽しい時間ってなんでこんなに超特急で過ぎて行ってしまうんでしょう…。 さてと、明日の朝の山歩きの為に早く寝よ〜ッとってことで…早寝したガールズ一家でした。 2日目:その2へと続きますが、ゆっくりとブログにアップして参りますので、お待ち下さいませ〜♫

Posted in Doggies | 12 Comments

チャムのアレルギー経過報告 & 殆どの悪いブリーダーってこ〜ゆ〜のですっ!!

さてさて、我が家のチャムさんのアレルギー検査の結果を元に、アレルギーのある物に対して全て食事からぬく事を試みて1週間…、経過良好です。 1週間後にいらっしゃいと仰った、マーブル動物病院の井坂先生の元へ…、旅行を前に伺う約束になっていたので行って来ました。 触診と観察をして下さった先生も、チャムのアレルギーが軽減されて来ている事を確認して下さった。 まずはスタンプを押した様な目のまわりもきちんと毛が生えて来ているし、アゴの下の固くなった部分も少しずつ柔らかくなって来ているし…。 以前と変わらず、痒い時もあるけれど『とりあえず、治って来ているようですね』って所です…それもステロイドは一切使わずっ!すごいでしょ〜 次回は9月7日!! それまでにまた進歩があります様に…。 しかし、チャムちゃん…ちょっと痩せました。26.1kg…気になる…なんで痩せたんだろ…1kgだけど、気になります。 朝のお散歩…主人と歩くチャム私と歩くルナ…そして今日は主人がルナの苦手な吠えまくるブラックラブラドールの居る通りに挑戦するんだそうで、行って来ました。 私とチャムは陰からソッと気づかれない様に見ていたのですが、前よりお利口にその家の前で主人の横で『座れ』で座って、もじもじとそっちの家の方を見たりして、コレクションを入れられてたけれど、がんばって落ち着いて座ってました。 何事も積み重ねですね…。 そうそう、ガールズと私達は19日からルナの親戚犬と遊ぶ為に富士五湖周辺に行って参ります。 遊びにって行っても今回は会社の一番忙しい中を出かけるので、仕事持ちのワーキング・ホリデー(笑)です。 ちょっとの間、ブログは更新しないかもしれませんが、楽しみにしてて下さいね♬ そして、この週末に皆様のちょっとしたお時間に読んで頂きたいコラム…『バックヤード・ブリーダー(裏庭)ブリーダー達への手紙』…日本とアメリカでは国土の広さも違うので、コレが当てはまるとは限らないのですが、 1年に何度も出産させてみたり、 何かでタイトルをとった犬でも、歳とったら面倒見てるのか見ていないのか分からない様な状態で飼い続けていたり…、 または、産み続けた後はお払い箱でどこかにやってしまったり…、 素人のくせに急にブリーダーになっちゃったり… そう言う人達がいる事で、日本の中には可哀想な犬が後を絶たなくなるんです。 ルナのブリーダーはきちんと間隔を開けての交配をしていますし、行き先の新しい家族とは必ず避妊/去勢手術をする約束をしています。 そして、行き先々の子供達の家族との交流はもちろんすべてを把握している素晴らしいブリーダーです。 チャムのアレルギーも基本、素人判断での近親交配が元だと思っています。インブリード…本当に困った物です。 この様な上記の項目に1つでも当てはまるブリーダーに稼がせてはいけないのです。 さぁ、ではでは…

Posted in Doggies | 20 Comments

お盆も終盤ですね… & なんだかティピで頭がいっぱいな私…

お盆も終盤に来ましたね…。 昨日の甲状腺の検査…、ドクターをご紹介した友人の車で行って来たのですが、まぁいつもは見ない様な運転の車の多い事…。そして何とえげつない運転をする車の多い事…って話しながらアッと言う間に現地到着し、検査の血をとり…その後は美味しいご飯を2人で食べて参りました。 今年のお盆は、ティピ抜きの2回目のお盆なのですが、なんだか頭の中は去年のお盆のとき以上にティピの事が浮かびます…なんだか変ですよね… 『何か言いたいの?ティピ…』 ちょっとボケボケは写真ですが、これは2010年の12月末…ティピのリンパ腫が分かった時…病院から帰って来た時の物です。『そんなに心配しないでよぉ〜、ママぁ〜』ッて言う顔つきのティピ…実際にティピは心配しないでって私に言いたかった様です。 ティピの事を思いながら過ごしたお盆ですが、その中で、導かれる様にして見つけたアニマルコミュニケーターがいます。いつも見ているサイトなのに、まったく気がつかなかった…。 アメリカのカリフォルニアだったかなぁ…、そこで活躍しておられる太尾さんと言う日本人女性です。 これは太尾さんのホームページ http://www.animaltelepath.com/ja たくさんのアニマルコミュニケーターが来日してクラスを設けたりしているのですが、一度もタイミングがあった事無くワークショップですら受けられなかったのに、ティピの時にコミュニケーションの手助けをしてくれたアニマルコミュニケーターのmameさんとは、『じゃあ、今夜ね…』って言うくらいにアッと言う間にティピにつながりました(笑) そのmameさん、ホームページすら持っていない商売っけの無い方…、でもそこが良いんだけれど。 その、mame さんにまたお願いしようかって考えていた所に目に飛び込んで来た太尾和子さんのインタビュー記事…前半 & 後半 ティピが導いてくれたのかもしれない…と、アニマルコミュニケーションをして頂く事にしました。 そして、来春にあるベーシック・コース…受けてみようかなって思います。 太尾さんに結びついた所で、ハッと気がついた事があります。 私は私の母との間にすごくわだかまりの様な物がいつもあって、素直に彼女を受け入れられないでいます。 そんな事も考えていたこのお盆の最中…、この太尾さんのホームページ内で見つけた『サオイン物語』、読めば読む程、『あぁ〜これは私へのメッセージだっ!!』って思えました。 その中に、年老いた母親と戦っていてもそんなの時間とエネルギーの無駄!みたいな事が書いてあって…本当にその通りだと思いました…。相手は本当にドンドン赤ちゃん返りして行くんですものね。 『許しと解放』…私のクリスタル・ブレスレットを作って下さるカナロアのチエさんからもそのメッセージが送られて来たと言われたばかり…。 太尾さんとの結びつきを独り強く感じてしまっています(笑) これもティピのおかげだね〜。 12歳と言う歳でもこんなに走って遊べたティピ…ボールで遊んでニコニコ…天使の様なティピを今でも思い出し、ウルルンと来ちゃう私です。いつもいつもこんなビッグ・スマイルで受け止めてくれたティピです。 お盆も終盤…、感じる事思う事がたくさんだったお盆…、そしてお休みなく働き詰めでけっこうお疲れモードな私ですが、太尾さんを発見した事でちょっと元気が出て来ました。 ティピの匂いが恋しいなぁ〜のワタクシなり〜♬

Posted in Doggies | 12 Comments

抗体価検査って言うと『高いから、だったらワクチンを…』って言われるけど… & ティピの月命日の今日…

私がワクチンの事を口にする時に必ず抗体価検査を受ける様におすすめしていますが、抗体価検査って簡単に言っても殆どの獣医師が、『高いですよ…、それをするならワクチンを打っておいた方が安心です‥』みたいな事を仰る様に思います。 その通り、私も1頭の抗体価検査に1万円くらいを支払ったと記憶しています。とりあえず、今年も命を脅かす事になるジステンパーとパルボの抗体を調べました。 我が家は2頭のラブラドールと一緒に暮らしている訳ですが、子育ても終わった今だからこそ『お金がかかっても良いのでお願いしますっ!!』と言えるのかもしれません。 でも、子育てしながら多頭の犬と暮らしていらっしゃる方もたくさんいらっしゃるはず…。今日は私の友人が『グッドニュースよぉ〜』って教えてくれた情報を皆様とシェアーしたいと思います。 今回ご紹介するのは、その抗体価検査を無料でして下さる病院です。 北森ペットクリニックと言う病院です。 http://kitamori.in.coocan.jp/index.html 左側にある『ワクチン抗体価』と言う所をクリックして先に進んでみて下さい。 多頭の犬たちと暮らしている場合、やはりその金額も抗体価検査をするかしないかにすごく影響して来るのが現状だと思うんです。 もし、皆様の中で、ご愛犬の体内に十分なワクチンの抗体が残っているのなら、ワクチンの過剰摂取を避けたいとお思いの方がいらっしゃった場合は、おすすめです。 無料なんですが、ご自身でご愛犬をこのクリニックまで連れて行くだけです。タダなんだもぉ〜ん、それぐらいは当たり前ですわよっ!! *************************************************************************************** 8月13日…13日はティピの月命日です。 朝から何度となくティピの写真を見ては話しかけて過ごしました。 『お盆なんだし、帰っておいでよ〜』って。 『またこうやって3ガールズでネンネしよ〜よ…、お盆の間だけでも…ね、ティピ♫』 波に向って飛び込んで行くティピの姿も海を想像して目を閉じるだけで浮かんで来ます。 この後ろ姿…凛々しいでしょ…カッコいいんだぁ〜、ティピって。海を見つめるティピ…もぉそろそろ、我が家の末っ子のルナがこの世に生まれて来るんですが、私達の誰もがそんな事はつゆ知らず…な2009年の11月末… ティピ〜、大好きだよぉ〜♫ 最近、読んだお気に入りブログの中で、犬たちはお空に還って3ヶ月くらいで生まれ変わって来るとか、1年だとか書いてあった…、ティピはもぉ生まれ変わったんだろうか…。 今日は朝からさっきまで、休む間もなく働いて来たけれど、なんだか無性にティピと話したくなりました。 『お盆の間だけでも、帰っておいで〜。』また私の3ガールズって言わせてほしい…

Posted in Doggies | 10 Comments

抗体価検査 & 混合ワクチン接種

数日前の写真です。 夏の間活躍するクールベストとクールカラーを付けての散歩から帰り、冷たいお水を浴びて…チャムはその後、弟の部屋で涼んで待っている事が多くなった2012年の夏です。 チャムが冷たいお水をかけて貰ったのを知るとルナも『私も〜』とやって来ますので、ルナも冷やしてから再度出発!! やっぱりルナはチャムよりもエクササイズが必要です…若いからねッ♫途中、風通りの良い木陰で、イエロードッグさんに教えて頂いた身体の箇所をお水で冷やしたり…ケフィアをお水で溶いた物で水分補給したり… さてと、今日はブログのタイトルの通りの内容をお話ししたいと思います。 ティピがお空に還り、その後、彼女の遺言の様になっている『色んな所に遊びに行く』って事を実践している我が家では、以前の様に、鎌倉の海で遊び、そこらを散歩して、海浜公園で走りまくる…と言うだけの遊びではなくなり、広範囲で色々な所に車で旅行に出かける様になったので、混合ワクチンを接種しないでいる訳にはいかなくなって来たのが現状です。 ティピとチャム2頭の頃は2頭でこの付近で遊んでいただけでしたし、ドッグランやドッグリゾートなどへ足を向ける事など考えてもいなかったので、混合ワクチンの接種についてはガン体質のティピでもあったので、打たない方針で過ごしていました。 今現在でも、毎年毎年スタンプを押すくらいの気持ちで愛犬を動物病院や保健所に連れて行き混合ワクチンや予防注射を過剰摂取する事には大反対です。 家庭犬として暮らしている私達の愛犬達には、抗体価を調べ、抗体のある物は打たなくて良いと思っています。(家庭犬以外のイヌ達を多頭で飼育されている場合に関してはワクチン接種などが必須になって来るのかもしれません…) また、ワクチン接種については暮らしている地域と言うのがとても影響して来ると思います。 ただ、時期が来たから打つ!!と言う安易な考えだけはやめて頂きたいと声を大にして言いたいです。 さて、そんな訳で、チャムはパピーの頃のワクチンが2年前の6歳の頃はまだまだ発症防御出来る抗体価として残っていたので、その後うっていなかったのですが、去年の7月に一番副作用が出ないけれど抗体もその分残り辛いとされる9種を2回に分けて10日間間隔をあけて接種…そして、今年、抗体価を調べたら、ジステンパーもパルボも殆ど残っていませんでした。 ルナに関しても去年、同じ9種を2回に分けて10日間間隔をあけて接種…、その抗体がもう少しあった方が良いでしょうと言う見解で残っていました。 個体によってもまったく違うんですね…。以前、堀先生が『接種した翌日でも抗体が残っていないって言うケースもありました。』って仰っていたし…。 私達の行動範囲も広くなったと言ってもではどこら辺で何をして遊ぶの?って事なのですが、前にもブログで書いたのですが、我が家は主人も私も湖や川のまわりが大好き…。 なので、富士五湖のまわりや琵琶湖とかもぉ引っ越したくなる程好きです。なので、やはりレプトスピラはうっておいた方が安心かなぁ?と言う話し合いになりました。 でもレプトスピラは3種類…1つの混合ワクチンではレプトスピラの2種類しかカバーしてないんです。 5〜6年前には戸塚の方で、その2種類ではカバー出来ない、3種類目のレプトスピラに感染したケースがあったそうです。 なので、『そこが気に入らない』って堀先生と話し合い、先生も色々考えて下さったのですが、最終的には『ちょっと金額は上がりますが…』と言う前置きで、6種混合ワクチンと9種混合ワクチン(去年、接種した物で抗体が残りづらいと言うもの)の中に入ってるレプトスピラ3種を接種しようと言うブリリアントアイディア!を堀先生から頂き、その様に接種して来ました。 いくらブリリアントアイディアと言ってもね、堀先生に『どのくらいの率でこの様な申し出をする人がいますか?』と伺ったら『この様な組み合わせって画期的だと思うのですが、僕は初めてですっ!!』って仰ったんです…(笑) その瞬間、一瞬ですがフリーズしてしまいました…(笑) しかし、堀先生を信じてチャムとルナが第一号となった『6種+3種混合ワクチン』…接種して良かったと思ってます。 この副作用が無い分抗体も残りづらいと言う9種混合の中には、3種類のレプトスピラのワクチンが入っていて、もともと、レプトスピラに関しては1年未満の期間しか抗体が残らないそうです。 なので、レプトスピラに関しては、心配なら毎年打たなくてはならないと言う事です。 また何故、金額が上がる…のかと言うと、その9種のワクチンの中の3種類だけ使うわけですが金額的には9種を買い、それと最初から打つ予定の6種の金額が乗るわけだからです。先に書いた通り『6種混合+レプトスピラ3種混合ワクチン』な訳です。 1回普通の混合ワクチンを接種すると、ティピの場合は4歳で接種した混合ワクチンの抗体が11歳の時に…、チャムに関してもパピーの時に打った物の抗体が5歳の時点で…、「2頭ともがもう少しあった方が良いかもって言う見解」で残っていた訳ですから、通常(9種以外)の物に関しては3〜5年は残っている訳ですね。 本当に過剰摂取は健康な内蔵を壊す原因です。そして免疫力を極度に低下させますので、みな様においても呉々も気をつけて頂きたいものです。 そして、出来る限り、獣医師とはしっかりと話し合い、相談しあえる関係を作るべきです。 昨日のチャムとルナは帰宅後はひたすら静かに…そして夕方のお散歩も少なめで終了。昨日はおとなしぃ〜くして過ごしました。 ワクチンや予防接種などの後は、個体を静かに休ませてあげる様な環境作りもとても大事です。 『ワクチンを打った後にお買い物に行って…』とか『ワクチン打った後にお散歩して…』なんて事だけはやめましょうね。

Posted in Doggies | 4 Comments

チャムのアレルギー検査の結果 & 専門医の意見をきいてみよう!

チャムが我が家に来てから6年もたつのに今まできちんとアレルギ検査をしてあげていなかった本当に悪い家族の見本の様になってしまった私です…。 昨夜、マーブル動物病院へギリギリで受付を済ませ、友人から紹介されていた『井坂先生に診て頂く事が出来ました。初回はお名前を覚えておらず…英語を喋る先生と伝えた所、院長先生に診て頂く事になり、それはそれでとても素晴らしい対応をして頂けたので良いのですが、我が家はガールズ達に生肉食をあげているので、出来る事なら「生肉食について勉強していらっしゃる先生、もしくは、生肉食を自らのご愛犬にあげている先生に診て頂きたい」と言う希望があったので、生肉食をご愛犬にあげていらっしゃると言う井坂先生とはぜひお話ししたいと思っていたのです。 また、アレルギーを持つチャムの食事に火を通す事に大きな疑問があったので、今後は「井坂先生」に食事の事はご相談して行くつもりです。 また、前置きが長くなりますが、我が家のガールズの主治医は「辻堂犬猫病院の堀先生」そして辻堂犬猫病院で主人が英語で対応して頂く場合は「樋口先生」と決まっているのですが、今回は、どうしてもアレルギーと言う奥の深いものだったので、マーブル動物病院へ足を運びました。マーブル動物病院の中の荒瀬先生と言う女医さんなのですが、皮膚の問題ではちょいと有名な先生でもあられるんです。 今回、マーブル動物病院の井坂先生にも、もちろん主治医の辻堂犬猫病院の堀先生にも、両方の病院に通っている事もお話しし、何かあった場合はスムーズに情報交換をして頂く様にお話しした所、両方の先生達が快く承知して下さいました。 よく、『ここの獣医さんには良くしてもらったから他に行けない…』とかを耳にしますが、尊敬出来る獣医師をもち尊敬する事は大事ですが、基本、私達がお客さんだって言う事を忘れずに『動物病院は上手に使い分ける事が必要です!!』とマーブル動物病院の副院長の井坂先生に言って頂きホッとしています。 さてと、前置きが長くなりましたが…、文頭に書いた通り、チャムのアレルギーに関しては、『アレルギー検査が当てにならない…』とか色々と聞いていた事が原因となり、今回まできちんとした機関にアレルギー検査を出していなかったのが原因で個々までチャムのカイカイを引伸ばす事になった悪い見本です…、みなさん、ご自分のご愛犬にアレルギーがある様でしたら、サッサと、きちんとした機関に検査を出しましょうっ!! 金額は2万円ちょっとでした。 いけないと思っていたチキンにはアレルギーが無く(泣)…良いと思ってあげていた鹿肉や羊肉にアレルギーがあったチャム…詫びても詫びきれません…本当にごめんねチャム。 また、お野菜には人参があげられ…コレもあげていました。 そしてミルク!! ちょっとは疑ってはいたのですが、ケフィアも今後はあげられないので、それに変わるものを探さなくっちゃだね…チャミ〜。 昨夜は本当にギルティーコンシャスにさいなまれ…、でも前に進もうと、今後は今回の検査結果でNG!!とされたものは全て取り除いた食べ物をあげて行く事にしました。 その他、ブタクサだの色々なものにアレルギーを持っているチャムですが、私が手っ取り早くコントロール出来るものは食べ物なので、早速、昨夜のご飯から実行です。 チャムのアレルギー検査の結果です…(名字のスペルミス…OじゃなくってALDREDです〜)英文の物も下さいました…感謝!鹿と羊と人参には本当にビックリでした。そして、井坂先生から『ぜひ塗ってみて下さい』と言われた塗り絵の様なこの咬みもマッピンクになっちゃった(><)あまりにまっピンクだらけになってしまって、気持ちはブル〜になった私は色を変えてパープルに…とりあえず、チャムの食べられるお肉は〜ってフリーザーの中を見たら、馬肉があったので、今週は馬肉を頂こう…(馬肉はアレルギーも出にくいお肉の1つだそうだし…私達…特に主人の意には反するお肉ですが…) しかし、なんでもイヌの躾と一緒で、『断固とした気持ちを持っていれば…』動物病院での先生選びも、動物病院をうまく使い回すのも私達の気持ちがしっかりしていて、その気持ちをきちんと獣医に伝えられたら相手も分かって下さるものだと経験しました。 今日は辻堂犬猫病院へワクチン接種…先日の抗体価検査の結果、同じ時にしたワクチンでもチャムにはそれほど残っておらず、打つに値する数字でした。 ワクチン接種は打った翌日でも抗体の残らない子にはまるで残っていなかったって言うケースもあったそうです。 なので、抗体が残っているかの検査をしてから、まだ充分に残っているのに打つ必要はまるで無く、またその子達の年齢、行動範囲や遊ぶ場所、住んでいる場所によってもワクチンが絶対に必要なケースと、そうではないケースがあります。 9種入っているワクチンに関しては、副作用が出る確率が無いに等しいもので、コレは新しいワクチンだそうです。その反対に、チャムには殆ど残っていなかった様に、1年で抗体がなくなってしまうケースが多いのだそうです。 今朝は朝もすごく早い時間にケイスケから電話…『ヨーコさん、朝早くに悪いんだけど、ハワイの日本領事館に今から送る書類をファックスして…』って…。時差もあるし、ハワイのランチ・ブレイク前に送らないと行けないと言う書類をプリントアウトし…送信っ!! そんな事をやっていたら2度寝も出来なくなり、夏バテで眠っている主人を残してガールズ2頭を連れて朝の散歩へ…。ちょっと電柱にかかったオシッコを読み取るガールズ…(うぅ〜んとイヌのオシッコにはアレルギー反応無しだったよな…でも鳥の糞とかかいてあったっけ??気をつけなきゃ!)今日は肉屋さんのサイトでチャムのお肉を買わなくっちゃ。 皆様も楽しい週末をお過ごし下さいね…♫

Posted in Doggies | 8 Comments

猛暑の熱中症防止対策をご愛犬に!!& 愛犬を冷やしてあげるその場所…

先日のブログでもご紹介した、この猛暑の夏にどのくらい愛犬達に水分補給をさせたら良いのか? その答えは、私の大好きなブロガー、ちっちさんから頂きご紹介したのですが、再度皆様にご紹介しますね。 標準的な水分摂取量は50ml / kg  体重20kgを超える犬は一日に1リットル以上ということになるそうです。  我が家のガールズは26〜27kgあるので、夕に1リットル以上の水分補給をして良い事になりますね。 そして今日ご紹介したいのは、猛暑の夏の散歩時の事…!! 我が家は、その時々の日陰を追いかけて散歩に行っています…こんな風に…。今年8歳のチャムは、この暑さがやけに厳しい様なのでお家のまわりを1周すると、弟の部屋で涼んでお留守番しています。若いルナは町の中を一回り散歩します。 ルナはクールベスト着用なのですが、今朝まではクールベストを来てからホースで身体を濡らしてあげていたのですが、今日はブログコメントで、とても良い情報をイエロードッグさんと言うお友達から頂きましたので、皆様とシェアー出来たらと思いご紹介いたしますね♫ まずは、犬の全身に水をかけるのはよくないらしいとの事…、 その理由には、プールから上がった後体が火照るのと一緒の事だそうです…やけに納得っ!! 表皮に近い毛細血管が縮小し、そこに血液が流れると体温が上がってしまうのだそうです。 じゃあ、何処をどぉ冷やしてあげれば良いのって事なんですが、まずは→首筋横→脇下、鼠蹊部のリンパ節を冷やすのが良いと推奨されているそうです。 パンティングも早く収まるんですって!! んじゃあ、そのリンパ節って何処にあるのって事なんですが、正しくいうと首筋の横(耳の下)、前足の脇下、後ろ足の付け根の太い動脈が通っている所の事です。 頸動脈、動脈を冷やすことで、頭部および全身に巡る血液を冷や須子とが出来るそうです。 特に頸動脈は効果的です。(冷やしてやると気持ちよさそうですよ) 脇下を冷やす時は心臓が近いので直接冷やさないよう気をつけてあげてください!との事…。 明日の朝は、イエロードッグさんに習った通りに、冷やしてあげようと思います。 ところで猛暑とは言え、今朝はいつもより気温が低かったせいかお散歩しやすいガールズ地方です。気がついたら反対側にも日陰を追って散歩しているイヌが…。やっぱりみんな考える事は一緒なんだわね…(笑)主人とルナと歩いていると横に面白い車が…!!これって日本なのに面白いと思いませんか? 全部英語でコマーシャルして…コレは絶対にお水屋さんっ!じゃあ、こっちは???なんだか日本からはかけ離れたかんじの奇麗なワゴン車…実はコレはお野菜を売ってる車なんです… 英語だけの車とかってコマーシャル的に考えてどぉなんでしょうね? まぁそれだけ英語を読める人が沢山いるって事? なぁ〜んて話しながら、由比ヶ浜商店街の中にあるちょっと座れる所に座って一休みし、ルナはそこでケフィアウォーターを飲んだりします。 まだ3歳を前にしたルナにとっては、クールベストを着たり、途中で休んでお水をかけてもらったりしながらの散歩は、ある程度の暑さ慣れにもなって良いのかなぁって熱中症防止対策を考えながらも思ったりします。 ご機嫌に歩くルナ…今朝のお散歩で見つけたこんなウォーニングボード…(悲)もちろん、お散歩はエクササイズの1つですが、イヌを擬人化しないでもらいたい…。イヌは匂いとりをし、そして自分がこの道を通った事を後から来る者(イヌ)に残すようにオシッコをするんですよ…。 トイレにオシッコをする人間とは違うんですっ!!自分の家を汚したくないのがイヌなんです。 もちろんウンチは持ち帰りますが…、ここでも水をかけると言う非化学的な事を行っちゃう行政の人間がいるんですね…バカかと思う。 チョロっとオシッコに水をかけたくらいじゃあ、もっとアンモニアの匂いが空中を漂うんだよっ!!って市役所に言いに行こうかなっ!! 本当に悲しくなる…もぉっ!!

Posted in Doggies | 6 Comments