Monthly Archives: March 2013

春ですねぇ〜 & イージーウォークハーネスを習得したルッちゃん

クシャミと目のかゆささえなかったら、この季節が大好きです。 ちょっと寒いかなぁってくらいの寒さだったり、日中はTシャツで過ごせる…そんなこの季節が大好きです。 さくらもこの週末が満開だったのかなぁ♥ 奇麗でしたよ〜、鎌倉周辺の桜…なんだか我が家の周りの桜は、今年に限りとってもお花をたくさんつけた様な気がします。こんな所にも…♥ やっぱり生きる力って凄いですね〜桜じゃないけれどこんな所にも…ちょっとの隙間から、陽の光をもらって生きています…踏まれない様にね〜今日はタラタラと長いお散歩をして、お花が咲き乱れる春は本当に気持ち良いですね。私の大好きな木に咲くお花…その後、海浜公園に立ち寄りちょっとだけ走ったりしてきました。パパに『ここまでボールを持っておいで!』って言われてます。 1㍍先でポロッと落とすんじゃなくって『ここまでっ!!』って言われてます〜(笑) 去年の夏に胃腸炎の様なものをやってガク〜〜ッと体重が落ちたチャム…でも最近見直したご飯などで、コートも凄く良い感じ…。でも、体重はまだ1キロも増えていないので、お肉を増やす事にしました。最近見直されたガールズのご飯 そうそう、ルナがイージーウォークハーネスを使い出して1週間とちょっと…、犬って賢いですね〜。 ルナは最初の2〜3日は違和感があってかパーフェクトに反応していましたが、その後だんだんその違和感が何で起こるのかを分かった様です。 良いのか悪いのかちょっと微妙ですが、ルッちゃん、習得いたしました…です。 ただひたすらに歩いているだけの時には良いのですが、他に反応するものがあったりすると、もうハーネスをつけているのか忘れてしまう様です。 いつも通りに今日は夕方からいつものリードでお散歩しています…なぜかイージーウォークハーネスが効いたのか、今日はまるで引っぱりもせず…私もゆったりと散歩が出来ました。 1歩進んで2歩下がる…ようですが、気長に地道に訓練です〜(笑) 話は変わりますが、今年の春の私の『土のないガーデン』はなんだか今までになくグリーンが生き生きしています。 もぉ3年になるんです…ティピがお空に引っ越してから…。 これはティピの大好きだった野バラ…バラの育て方の上手なニコルのママに挿し木をして頂き今年はこんなになりましたぁ〜♫もっと近くで見ると…それに…今年はどぉした事か…もう10年くらい前に花屋のおじさんに『モッコウバラありますか?』って言ったら『季節が終わりだから、これでいいならあげるよ』っていわれて貰ったモッコウバラがなんだか凄く大きくなってます。フェンスを上手い具合にはって行って、後少ししたら黄色い可愛いバラの花を咲かせます。 モッコウバラは私の猫の親友、ハンサムが大好きだったお花です。 今年の春に新しいお花の家族に加わったクリスマスローズ…、これは色がどんどん変わる珍しいクリスマスローズです。 今春には後もぉ2つ、新しいお花の家族が私の『土のないガーデン』にやってきます。

Posted in Diary, Doggies, Uncategorized | 4 Comments

海浜公園へ向う気持ちとイージーウォークハーネス

イージーウォークハーネスをつけての初日は、ガールズの野菜を買いたかったのもあり、町に向ってのお散歩でした…、やっぱり、町に向うのはそれほどルナにとっては楽しくないんですよね…って言う事が、今朝の海浜公園への道を歩いて感じました(笑) ルナはティピがそうだった様に、海への道が大好きです♬ そうなるともぉイージーウォークハーネスと一体どっちが勝つのでしょう…(笑) 最初の5分くらいのオシッコだ、ウンチだ、あのにおいを嗅ぎたいって言うのは、このイージーウォークハーネスでコントロール出来るのですが、いざ、海風をルナが拾ってからは、やはり、ルナの4本足は急ぎ足になります(笑) そんな様な子達もたくさんいると思うのですが『イージーウォークハーネスを付けているのに何故うちの子には効かないの??』と渋らず、いつもの様にヒールで歩くトレーニングを繰り返します…、5歩歩いてルナが前に出たら私は止まり、ルナが私の元に戻って来るのを待ち、戻ったら褒める…を繰り返すんです。 ……………、何度繰り返したでしょう(笑) でも、ルナ自身は何かを感じているので、そんな以前の様ではないのですが、やっぱり大好きな海浜公園と海が目の前にあるから…、子供といっしょですね〜、こ〜ゆ〜所って。 イージーウォークハーネスを付けたルナ…海浜公園に着いて、誰もいない空いてるスペースでボール遊び♬ ここでなのですが、私はイージーウォークハーネスを外し、ルナを走らせました。 これを付けている時には私の横を静かに歩くんだって言う事を植え付けたかったので、そうして見ました。 また、ルナに関しては「呼び戻し」が効くので、基本、何も付けていなくてもリードを付けていても同じ事なのです。 「呼び戻し」が効かない子には、他の方法を考えないと…ですね。 …例えば、イージーウォークハーネスを取ったらカラーを付けるとか… 何かあった時に、カラーも何も付けていないとなると、日本では公園での犬の立場は凄く低いので気をつけた方が良いと覆います。 ボールで遊ぶ、ハジケたルナ♬遊び疲れて、ちょっと場所を移動して一休みのチャムとルナチャム達の食事の見直しをしてからの、彼らのウンチ…とっても良いです。 『これぞウンチの見本〜♬』と言いたいくらいのウンチです。 毎日3回に分けてウンチをするのですが、これだけ奇麗な生食のウンチが腸を通って排泄されていたら、腸も素晴らしく奇麗になっているはずです…(笑)

Posted in Doggies | 2 Comments

イージーウォークハーネスッ♬ちゃんちゃんっ!!

本当に親戚犬とのおつき合いって楽しいものでもあるし、とても良い情報交換の場でもあります。なかでも今回、ちょっとした会話から『イージーウォークハーネス』を購入する事になり、それも新色のピンピンピンク〜っ!を購入しました。 これは、ルナのお散歩の最初の10分の為です。 色々なところの『匂いを嗅ぎたい』…、『オシッコはあそこで…』…、『ウンチはここでしたいの〜』と引っ張るのです。 私とルナのお散歩は『最初の10分が勝負どころ』だったのです。 その5〜10分が過ぎてしまえば、落ち着いて私の横を歩くのですが…、私にとってはその5〜10分が凄く長く感じます。また、それが楽しい時かと言うと、私は引っ張られない様にコントロールしようと、シーザーの教えの様に『リラックスして毅然とした態度で…』等はほど遠く…、後ろから来る主人に『ルナに伝えるタイミングが遅かったよ…』等と言われようものなら、ムカムカぁ〜っと来たりもする訳で…(笑) しかし、この『イージーウォークハーネス』を使ってみたら、その最初の10分も何もかもがまったく楽チンでした。 こんな事で、ルナとの散歩を全てリラックスして楽しいものにするのなら、もっと速く買っておけば良かったと思いました。 訓練のツールは何を使っても良いのだと私は思っています。 暮らしている犬達の犬種によっても使うものが違ってきますし…。 ただ、人間側の私達も、愛犬と歩く散歩を愛犬に集中して100%楽しまなきゃ …って事です。(人間がペチャクチャと喋っている間、ただただ伏せてつまんなさそうに待っているイヌ達を良く見かけますが…) 殆どコントロール出来るけれど、オシッコやウンチをするまでが…って方がいらっしゃったら、『イージーウォークハーネス』はとてもお勧めです♬ ただしぃ〜っ!! 基本の躾…これがとても必要だって事を人間側がしっかり分かっている事と、その基本の躾をしっかりしている事が大前提です。(これをつけてもそれでも引っ張る子を私は知ってますから…) これだけに頼っても、まったく意味がありません。 コマンドできちんと座り、コマンドでしっかり待つ…、そのくらいの事が出来るのが大前提って意味です。 そ〜ゆ〜方達へのお散歩がとっても楽になるツールだと実感しました。

Posted in Doggies | 2 Comments

本のご紹介…それもお馬さんの本

私がBlogに書く内容は殆どが我が家のガールズの事、そして主人と私とガールズの生活…、そこに1人息子のKeisuke家族が登場したり…、そしてたまにこれはと思った物をご紹介…などなどです。 今回のBlogは、ずいぶん前にアメリカに住む親友から紹介された本…これは洋書だったのですが、また私の本棚から持って来てもう1度読み直そうかと思っています。 ご存知の方もいらっしゃるかも知れませんが、今回はこの本をご紹介します。 『THE FARAWAY HORSES  Buck Brannaman with William Reymond』ホースウィスパラーとして知られた、バック・ブラナマンの半生を綴ったものです。そして、この本は日本語にもなっていますので、ぜひ、興味のある方には読んで頂きたいです。 日本語版『馬と共に生きる バック・ブラナマンの半生』 英語になってしまいますが、『Buck the film』です。http://www.youtube.com/watch?v=ighrNbl7eWY もご紹介します。 3月の初めに行った河口湖で子供の頃からの夢だった乗馬のレッスンを受ける様になり、これからどっぷり馬の世界に入り込んで行く自分が感じられ、ドキドキしています。 レッスンを受けているのはパディーフィールドと言う乗馬クラブなのですが、そこの先代のご主人(今はもう亡くなったそうですが…)はホースウィスパラーと言う言葉が知られていなかった日本に確かに存在したホースウィスパラーだったと聞きます。 イギリスにもホースウィスパラーなる人達が居るのかしら? 日本における馬事情も、馬肉を食べちゃう国なので、ちょっと〜って気もしますが、これからはしっかり知って行きたいと思います…。

Posted in Diary | 4 Comments

春到来?とガールズのご飯の見直し & 私と乗馬

モンターニャでの楽しい時間を過ごし帰って来た私達の住む鎌倉は、春の陽気でした。もぉヒーターも使っていません。 なんだか今年は又しても猛暑の夏でもやって来るのでしょうか… 今回のモンターニャは初日のみ、ルナの親戚犬、リム&ハウル家とご一緒だったのですが、私は今年入って直ぐにあった愛犬達の食事のセミナーに参加する事が出来なかったので、そのセミナーのお話なんかも凄く伺いたかったのです。 全てをここでお話し出来ませんが『そぉなんだぁ〜、やっぱりね!』って言うのがあったのでそれをご紹介しますね。 我が家は、旬なお野菜が10種類位ピューレにしてある物をとても便利に使っているのですが、最近、私自身が野菜と果物のジュースを飲む様になって、回転数の速い物は栄養素を破壊してしまうと言う事も学びましたし…、またジュースは1回ごとに作った方が新鮮!と言う事もあり、お掃除の楽なジューサーを主人は買い足しました。 そんな事から、何事も口にする寸前に用意するのが一番なのでは?と思っていたら、やはり本村先生もその様に仰った様です。 そして、10種類もの野菜がなくても全然構わないから、その場で包丁で切ってあげて…と言う事でした。 なので、鎌倉の我が家へ帰ってからは、私達がジュースにするお野菜を3〜4種類きってあげる事にしました。 これは帰宅後の翌日のガールズと私の朝ご飯… ガールズの中味は… カンガルーの骨入りミンチ 大根、にんじん(チャムはアレルギーがあるのでルナだけ)、ジンジャー、小松菜、ほうれん草、舞茸、ブロッコリー(昨夜の残り物でスティーマーにかけたもの)、納豆、ウズラの卵×3個(葉っぱの舌で見えませんが…)…そしてガーリック(少々) そしてハーブ等は… ローズヒップ、ビール酵母、アルファルファ、ケルプ、プロヒアル、バイタミンE、フラックスシードオイル(若いルナだけ) お野菜でガールズ用に買った物と言ったら、舞茸くらいかなぁ? って事は、毎日私達が食べるお野菜をその場で切ってあげるって言うので問題ないって事が分かりました。 本村伸子先生は、毎年、アメリカである学会に出席され、その度にご自身で出版された本の内容にアップデートが必要な際にはセミナーで発表して下さると同時に、改訂版として本も出されています。 我が家で、キッチンに置いている本の中には本村伸子先生の『もう迷わない! ペットの健康ごはん』があります。お持ちでない方はぜひ、購入される事をお勧めします。だまされたと思って買われても¥2625です♬ ちょっとしたランチと思って頂ければ、あなたのご愛犬の為になるたくさんの素晴らしい知識がびっしりと詰め込まれています。 本村伸子先生は『決して人間の無理になる様な事はしないで下さい』って仰るそうです。 我が家は、私の食生活を主人が管理してくれて、私はガールズの食生活を管理しています(笑) 後で書きます乗馬への思いと同じに、私の元へやって来た子達を、世界一幸せにしてあげたいのは私の願いでもあります。 そして、この子たちの楽しそうな笑顔を見る事が私たちの一番の幸せなのですから…ご飯を作る事も私の喜びな訳です…あはは …ってな訳で、我が家にあるお野菜をいれて全て手作り生食を始めています。 これは、夜ご飯… そうそう、セミナーの話をして下さったルナの親戚犬のYさんから『ヨーコさん、いつも小松菜とかほうれん草で切って捨てる部分があるでしょ〜?、あそこに一番栄養があるんですって!!』…との事でした。 本当に勉強になります。 さてさて…、モンターニャでの3泊4日は、それはもう心身共にリフレッシュしたと言うか…、毎回、生き返った様になって帰ってきます。 そして今回は私にとって55歳にして夢が叶ったと言いますか…、乗馬のレッスンを受け始める事が出来ました。 まだ2鞍しかクラスを取っていませんが、並足、早足、そしてちょっとギャロップみたいな走りも出来る様になりました。そして次回の3鞍目のレッスンでは「駆け足」に入ります。 幼い頃の私は、今と同様に変わっておりまして、男の子の様に木に登ったり、親友のRと一緒に彼女の家で飼っていた黒っぽかったと思う犬と一緒に山の中(彼女の家の裏山)に10メーターのロープを彼女の父親から貰い、それを持って遊びに行ったりしていました。 お家の中でお人形さんごっこってのは本当に記憶にありません(苦笑) そんな私が3つ習いたい物がありました…。 1)タップダンス 2)油絵 3)乗馬 タップダンスはその頃簡単に習えなかったのか、普通のお稽古事とはちょっと違ったからか直ぐに祖父に却下されました(苦笑) 我が家は私の事に関しては何に置いても祖父が決めていたので、祖父に『ダメ!』と言われたら、それに関して明るい未来はない訳です(苦笑) 次の油絵…、これは、良さそうに思うのですが、彫刻家で日展の審査員もしていた祖父は、私が絵を習ったり字を習ったりするのを凄く嫌がりました。 油絵も1)のタップダンスと同様に『絵は習って描くものではない…心で描く物だ』と言う一言で却下されました…なので、未だに絵に関しては独学で描いています。 そして、3)の乗馬に関しても『馬場は汚い』とか『足がO脚になる』とか色々と言われ却下されました。 私としては、足がO脚になろうと、乗馬をしたかったのですが… … Continue reading

Posted in Diary, Doggies | 10 Comments

Keisuke & そうや、翌朝を迎え…& 3泊目のよるご飯〜♥

何しろモンターニャに滞在中の私達はよく眠るんです…結局、昨夜だって10時に彼らが温泉から帰って来た事すら知らずに爆睡し、あれだけ『Keisukeっ!!明日の朝は6時だからねっ!!』って言っていたのに、ドアをノックするそうやとKeisukeに6:15に起こされましたっ(><) 新鮮な空気とこの静けさに、身体が本当に休まります。 昨日あった雪は殆どなくなっている山道…、ラッキーだったなぁ、ガールズ〜♬ Keisukeは感じてくれただろうか…この静けさ…そして、どこを見ても『エゴのエの字がないのがこの山道』です。 何も望まず、何も取り上げない…静かな時が流れています。 8時の朝ご飯に間に合う様にモンターニャへ帰り、ガールズお朝ご飯を済ませ1階のレストランへ… そうやは『お子様プレート』に大はしゃぎ…(手前は大人の朝ご飯)『雪遊びがしたぁ〜い』って言うそうや…、そうだよね、子供は雪遊びですよね!! まだかろうじて雪の残っているモンターニャのドッグランで、そうやと雪遊び〜♬ 「お店やさんごっこ」Lunaもお初の「お店やさんごっこ」に参加なう〜♬ 私とは「お店やさんごっこ」なんだけれど、やっぱりお父さんとは男の子っぽい遊びをするんだね〜、そうや…本当に楽しそ〜♬ もう1度お馬さんに載りたいと言うそうやの為にパディーフィールドへ行き、そうやはミスピギー(お馬さんなのになんでピギーなの〜??)に乗り、大満足…。 その後ただただ広〜い広場へKeisukeとそうやを連れて行ったのですが、この広さに圧倒されていました(笑) そりゃあ、初めて来たらみんな圧倒されますよね… 圧倒されたKeisukeにたくさんたくさんボールで遊んでもらって、ガールズは大満足♬そうやもガールズと一緒になって遊んで遊んで〜で、お父さんモテモテでたいへぇ〜ん♬Keisukeとそうやは、この後一足先に帰って行きました。 モンターニャの夜ご飯…オーナーのあきさんの新メニューの1つです。 一皿目から舌鼓を撃ちまくり… 二皿目…おいちぃの一言!三皿目…と続き、四皿目…もうご機嫌に美味しいです…(お家に帰ったら厳しくベジタリアンに徹しなきゃぁ〜)私自身、色々と食生活に気を使わなくてはならない検査結果を持っているのですが、旅行の間は楽しく何でも頂こうって思っています。 楽しく幸せに思って食べる事こそ健康な精神に繋がりますものね…。 そうそう、ChumとLunaの元気に泳ぐ姿をBlogに載せ忘れていたので、ちょっと笑えちゃうChumのダイブ〜…と、Lunaのお得意のジャンプ〜オーナーのあきさんから『Lunaのジャンプはやっぱり年代違いとは言え、兄弟犬ハウルととっても似てますね〜』ってお褒めの言葉を頂きましたぁ〜♬ だってハウたんのジャンプはそうとう見物です…カッコいいんです〜。モンターニャBlogのこれを見てくださぁ〜い!!

Posted in Uncategorized | 2 Comments

1泊目はハウたん&リム家とご一緒ぉ〜〜、そして、Keisuke&そうやと過ごすモンターニャ

3月に入って直ぐにモンターニャに向ったのは大正解!! それも、今回はKeisukeとそうやが途中で1泊遊びに来てくれる事になり、主人も前々からいつも頭の中が大忙しなKeisukeに、ぜひ、あの山道のシィ〜ンとした静けさを味わって貰いたかったので、とても幸せな時を過ごしました。 残念だったのは、お嫁ちゃんの千尋さんが来れなかった事…、私達の大好きなあの場所をぜひ見せてあげたかったけど…次回にはぜひ!! 出発する前に、又してもChumは吐き…、心配していましたが、そこがやはり泊り慣れたモンターニャなので、取り合えず行こう!と言う事になり、出発 モンターニャに到着した日は、Lunaの兄弟犬のリム&ハウルがスキーの帰りに1泊されると言うので久しぶりの再会を主人も私もとっても楽しみにしておりました。 その夜は、スタッドレスタイヤを購入したにもかかわらず、雪のシーズンに1回もモンターニャに来れなかった私達の為に神様がギフトを下さったかの様に、夜ご飯の間に雪が降り5㌢くらいでしょうか積もってくれました。 翌朝の、山道のお散歩も山道へたどり着くまでの道が凍ってますぅ〜(><)滑らない様に歩くのが大変…、Lunaがとっても良い子で、いつもの様に最初の5分を『あっちでおシコしたいかもぉ〜』って引っ張らないでくれました。Chumはお腹を冷やさない様にって…お気に入りの可愛い洋服を着ています〜♬とりあえず何事もなく一晩目を過ごしたChumです。よかったぁ、雪が残っています〜♬ 本当にラストチャンスでモンターニャに来る事が出来ましたぁ〜♬雪の中のブルーなルッちゃん(笑) いつもの様に主人と私の間を行ったり来たり…、Lunaはみんなの何倍も運動してます。この子は自然の中にいる事を身体中で喜び、それを表わします。『さぁ、Go to Anandesh!!』で主人に元に飛んで行きます。雪のボールを作って放ったら食べちゃったLuna…『口の周りにまだ雪が残ってるよぉ〜』ボリュームたっぷりの朝ご飯…旅行の最中は普段、家ではベジタリアンに徹している私も、出される美味しいご飯を楽しんで頂きます♬ Lunaの年代違いの兄弟犬、ハウルと楽しくボール遊び…ママにべったりのリム…そしてリムとハウルのパパ…リム&ハウルのパパとママには、ガールズ達との旅行の楽しさを教えて頂いたと言っても過言ではなく、日本語の分からない主人にも、親切に優しく話しかけて下さり、本当に感謝の気持ちを隠せません。 そして、このモンターニャもリム&ハウルのパパとママに紹介して頂きました♬ 人間の親戚付き合いをしない我が家にとって、Lunaの親戚犬の家族達とのおつき合いは、とっても意味深いものです♬ 今回はハウたんと一緒にボール遊びも出来たしぃ〜、本当にどうもありがとうございましたぁ〜。また一緒に遊んで下さぁ〜い。 午後からはお昼頃到着したKeisukeとそうやと一緒に『ミルクランド』へ…。 途中で見えた堂々とした富士山…やっぱり富士山は奇麗だなぁ…数年前に「盲導犬クィール」を訓練した多和田さんとクィールのお母さん犬を飼っていらっしゃった水戸さんと一緒に開催したイベント『家庭犬の訓練』の開催場所の富士ハーネスの直ぐそばでした。 『ミルクランド』ではちっちゃな子山羊がたくさん産まれています。そうやの周りをウロチョロ…そして、ピョンピョン飛び回る山羊の赤ちゃんに思わずホッコリしてきます。私の手からも餌を食べます…けっこう人間慣れしてるんですね、この様な所で飼育されている子達は… お母さん山羊は柵の中から出て来れないのですが、子山羊たちは自由自在なのでそこら中に小ちゃな子山羊のウンチがあります(苦笑)体調が完璧でないChumが子山羊のウンチを食べない様に、ここはLunaにも我慢してもらって、車の中にUターン(><)ちょっとの間はお昼寝でもして貰う事になりました。『あいがも〜』ってそうやが言って私はとってもビックリ〜♬ 5歳って時が読めるんですね〜(笑)てっきり小学校1年生になってからひらがなを習うんだと思ってました。 そうやが『あいがも〜』って叫んだ後に、主人が『たぁ〜きぃ〜』って叫んだ先に立派なターキーがこちらを見ていました。その後、ドッグランで走りたがっていたChumやLunaのために、そうやがボールを投げ…ちょっとは今回の旅でそうやとLunaの間隔が狭まった様な気がします。 その後、『馬に乗りたい♬』と言うそうやの希望で、今回はウェスタン・スタイルの『パディーフィールド』へ遊びに行きました。 引き綱でそうやと私はフィールドを1まわりっ! 私はこれだけでは気持ちがおさまらず、Keisuke達が帰ったらきちんとしたレッスンを受ける事にしました。 柵ギリギリの所で引き綱で乗馬を楽しむそうやと私を待つChumとLunaの事を、昔はジョッキーで活躍された人なんだろうと思う綱を引いてくれた人に『穏やかなワンちゃん達ですね〜』と褒めて頂きました。『ChumやLunaが穏やかでいられるのも、ここ、パディーフィールドの馬達が穏やかだからなのかも知れませんね』…とお話ししたら、やはり馬の中でも穏やかではない子もいるそうで、でもここにいる子達はみんな穏やかだと話して下さいました。 引き綱で乗馬をするそうや…極上の笑顔に私達まで癒されます。こんなに小ちゃな頃から馬に乗れるなんて、羨ましいぞぉ〜ッ♬…な、アタクシです〜♬私の乗馬への思いについては後日またブログにすると致します…。 夜ご飯…、Keisukeに甘えるChum♥『お子様ディナー』に大喜びのそうや…『ちゃんと食べなさいっ!』とお父さんから言われてちょっとすね気味…(笑)Keisukeとそうやはご飯が終わってから、近所の温泉へ… 私は…と言うと、10時頃帰って来た彼らの事をまるで覚えてない私…朝までストレートで爆睡でしたぁ。

Posted in Diary, Doggies | 4 Comments