急にお姉ちゃんになっちゃったんだもんね…のLuna (先住犬の心と身体のケア)

我が家にはパピーのFennの他に、12月で5歳になる「今まで末っ子、ママ命っ!!」のLunaと、やはり12月で11歳になる「みんなが大好き」なChumlyがおります。

パピーを迎えると言う事はパピートレーニングをしたり、トイレ・トレーニングをしたり、パピーに集中して「今!!」教えなくてはいけない事がてんこもり状態の日々を過ごす事になります。

私の集中がパピーにある事は言うまでもなく…、今回はアニマルコミュニケーションを通して、何回もChumlyとLunaには、子育てを一緒にしてもらいたい事をお願いしました。

その結果…と言うのもおかしいけれど、2頭ともとても我慢強く、忍耐をもち、そして彼らの知識の全てを使って、子育てに参加してくれています。

そんな彼らのメンタル(心)とフィジカル(身体)のケアについて、我が家ではどの様にしているかをお話ししようと思います。

パピーを迎えるにあたり、パピーが可愛いのはもう当たり前の話しで…、そして、そのパピーとこのパピーの時期にしっかり向き合っていなくてはならない事を120%理解した上でパピーを迎えるべきだと思います。

先住犬との関係が崩れたりするのも、又、先住犬とパピーとの関係が結べなくなるのも、結局は人間のとる行動次第…って事になります。

基本、我が家は、パピーがしっかり私との関係を結び、きちんと歩ける様になるまで、先住犬達とお散歩を一緒にはしません。

たまぁ〜に、お散歩途中で待ち合わせして…そこから一緒に…って言う事も、今回のFennの場合はたまぁ〜にだけ「アリ」です。

⬇の画像は途中で合流し、一緒に友人宅まで歩いた日のものです。1924393_10202804845381801_4887213084832003238_n
パピーのFennがとても落ち着いた穏やかなエナジーをもっている子なので、そのエナジーが先住犬のLuna(恐がり)に良い影響を与え得ると思うからです。

また、先住犬の12月で5歳になるLunaはトレーニングが入っている子(引きが出る事もありますが、上手に歩けます。)なので、一緒に歩く事によって、リードを伝って、Fenn の穏やかなエナジーがLunaに入ります。

2頭ともが、リードをひいている私の事を気にかけています。後で、この写真を見たのですが、とても穏やかなすばらしい時間だったと思います。

先住犬の12月で11歳を迎える熟女Chumlyを信頼しきって甘えていますね…お腹の下から…コレももうすぐサイズ的に出来なくなりますね…(苦笑)10176259_10202846385700283_6548143216767283615_nまだ「呼戻し」が完璧でないので、パピーのFennはロングリードつきで…
3頭一緒のお外写真はFennがパピーの間は少ないので貴重な我が家10641110_10202846385980290_7305731183122828721_n

パピーとの関係をきちんとする事もとても大事なのですが、それ以上に気を使わなくてはいけないのが、先住犬との関係性です。

『おねえちゃんなんだから我慢ね…』とか『お兄ちゃんなんだから、このオモチャ、あげなさい』とか『なんでウゥ〜〜とかガゥ〜〜とか言うの、ダメでしょ!!』とか…これら諸々が、人間ではない4つ足の彼らにはまったく分からない話しなんです。

我が家では、犬のお母さん役をLunaがしてくれているので、ガウガウと言って「これ以上やったらダメだよ!」と怒ってみたり、キャヒンと鳴いて「今のは痛いよ〜、そんな風に歯を使っちゃダメ!」とか教育してくれています。

殆ど私は間には入らずLunaに任せていますが、たまにtoo much! Fennくん、そりゃあやり過ぎだよ…って思った時には『ストぉ〜〜ップ!!』と言って介入します。

私の『ストップ!』のコマンドで、Fennは座って私にアイコンタクトします。(たまに「ストップ」を2〜3回言わなくてはならない時もあります。やはりまだパピーですから…)

そんなLunaから今朝は何度となく私にサインが送られて来ました。(私はACとかの才能はゼロに近くないと思っています…が、家族の事なら分かる様な気がします。)
『ママぁ〜、ママと一緒に出かけたいよ〜』って。

Fennが来てから、私がFenn の全ての面倒と日中と夜寝る前のLunaとChumlyのお散歩をやっているのですが、Lunaと長く家を離れて遊ぶことがなかったので、Lunaからの催促だったと思います。

この様なサインは見落とさない様にした方がベターです…と言うのも、この先住犬のストレスがいあっまで積み重ねて来た色々の信頼関係を崩しかねないからです。

また、日常の生活からの多大なストレスで、普段は何に対しても攻撃性を見せなかった犬が、攻撃性を見せたり…
などなど、犬たちはとても繊細です。

繊細です…と言うと、洋服を着せたり、擬人化する方がとても多い事が悲しくなりますが、犬はとても敏感に人間である私達の心の動きに反応します。

パピーとなればなおの事…、母親や兄弟姉妹から早過ぎる月齢で引き離されたパピーの事を思うと、胸が痛くなります。

パピーは…①遊びたいだけ遊び、②電池切れになった様に寝かせ…、③充分な食事を与え…の繰り返し…
私がお子さんの居る家に、もし私がブリーダーだったとしたら、パピーを出したくないのには、この①〜③が子供から邪魔され損なわれる事が多いからです。
又、パピーを育てる人間殻は120%パピーに集中した時間を撮って貰いたいのに、そこに人間の子育てが入って来ると、ただただガサツな育児になる様に思えてならないのです。

話しが脱線致しましたが…

…と言う事で、今朝はちょっとだけお金も持って、Lunaと一緒に出かけて来ました〜♬

久しぶりの海へ…10686973_10202850212555952_6358220736374606904_n
Lunaの頭の中は、泳げるの??ねぇ、泳いで良いの?? って言う感じかな? でも京は泳いじゃダメなんだよ〜なのです(苦笑)

250271_10202850212315946_9039184954114323197_n
Lunaのニコニコ笑顔…、この笑顔がみたくって出かけて来た様なもんですッ♥
1656418_10202850212435949_8313880967473132959_n
『早く波打ち際に行こうよ〜〜〜♬』なLuna

コングを放って弾けて走って…大満足なLunaと一緒に、トコトコ歩いて海岸のはずれの方にあるPETON J.J.Houseに行ってきました。10659218_10202850260997163_1044602068065127293_n

1902744_10202850261197168_7813305170011238241_n

10520088_10202850263677230_9129058049122769144_n

舌長俗なLuna
10469417_10202850263837234_7456769809460358952_n
私はアイスココア、Lunaは持参の山羊ミルク…10530879_10202850264197243_315581898144455432_n

だんだん日差しが冬へと移り変わって行くのが砂の上の私達の影で分かります。544908_10202850260877160_3765886764404886743_n
家の近所のインターナショナル・スクールのHalloweenのデコレーションの前で…のLuna♥10408620_10202850284597753_8499626229211809852_n
家に帰って、爆睡しておりますLuna…
ちょっとだけでもストレス軽減したのなら良いな…、又行こうね、ママと2人で♥

Lunaからのサインで、今日のBlogには『先住犬の心と身体のケア』について、深く思ったので、チョチョっと書いてみました。

きっと、皆様が思っておられる以上に、犬は繊細で敏感な生き物です。

そして、パピーを迎える事はとても幸せな事でもありますが、多頭で暮らしていらっしゃる場合は、先住犬達のケアも今まで以上にしてあげないといけない事を忘れずに…!

新しくパピーを迎えられるお家の人間たちは、皆が1つになり、同じ事を徹底して教える事が大切です。
そして、人間の赤ちゃん以上に繊細で敏感なのが犬のパピーです。

きちんとした意味での繊細、そして敏感だと言う事を、くれぐれも忘れないで欲しいです…

お空にいるティピの仲間たち…、お時間あったらぜひお参りしてあげて下さい。

フィリー姉♥  ♥エス姉♥ ♥ ダスティ♥ ♥︎シーラ♥︎ ♥︎りんちゃん♥ ♥ れんちゃん♥ ♥ るんちゃん ♥
そして我が家の♥ティピ♥…は森の墓地にいまぁ〜す。

お時間あったら、お参りしてあげて下さいませ…💓

そして、こちらは私のFacebook!!

https://www.facebook.com/yoko.aldredyasuda

4つ足の君たちの為に出来る限りの情報発信を続けています。
お時間あったらぜひどうぞ〜

About tlc4yoko

I’m living in Kamakura, Japan with British husband and 3 lovely labs. Tipi passed away on May 13th, 2011, about 12:50. Now she is running around the sky with a healthy young body and visiting us quite a lot. Now we have Boy GR called Fenn.海辺のまち鎌倉にイギリス人の主人と3匹のラブラドールと暮らしています。ティピは2011年5月13日12時50分頃にお空に帰り、病気から解放され元気な身体でお空を走り回っています。私達の所にもよく遊びに来ます。現在は、ChumlyとLunaの下にGRのFennを迎えました。 (ブログ内に掲載されている写真、画像の無断使用を固くお断り致します。) PINTERESTにペタペタと保存してますので見に来て下さい。 http://pinterest.com/yokoaldred/ 2010年の2月〜2010年7月のブログはmixiを利用しています。お読みになりたい方はメール下さい。
This entry was posted in Uncategorized. Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s