涼しくなって…& 夏に咲くお花たち

涼しくなりましたね〜、今朝は寒いかな?なぁ〜んて思ってしまいました。
こうなってくると4つ足達のお散歩も楽しくなってまいります。
L1010023

私たち家族が何処かに行くって言うと、行くところは決まっていて河口湖のモンターニャ

モンターニャのレストランは広々していて、Fennが私の横で「ライダウン」しようと「へそ天」になろうとスペース的に問題はないのですが、モンターニャ以外の狭い場所に行った時には必ず私の足元にきちんと入っていて欲しくって…、涼しくなったのをいい事に『アンダー』の練習をまた始めました。

朝散歩の時に立ち寄るカフェ…アンダーで私の足の下に入っています。IMG_0067

ママこれで良いの? と私の顔を見て確認するFenn😍
L1010011

IMG_0066
私がお会計をしようと立ち上がってもしっかりこのまま「ライダウン」していて貰います。

お利口さんにはトリーツをあげますが、その時も上からFennに与えます。
注意する点は、ライダウンしている犬が身体を浮かせないように…です。

九州の熊本には台風が上陸したようです…。Fennの実家は大分…兄弟犬のTaoくんのお家は阿蘇山のそばです…。お二方とも大丈夫だった様で一安心です。

鎌倉の上空はこんな感じ…今にも雨がドシャ〜っと来そうです。
L1010027

雨が降るかわからないのでお花達のケアーをしてお水をあげます。
今咲いてるのはこの子達ぃ〜
パッションフルーツ
L1010029

なんとかパラソル〜(早く名前覚えなさいっ!って言われそう😅)

そして宅急便屋さんのキャンペーンでお助けマンして買った母の日のお花…
真っ赤なバラ
L1010033

この紫陽花の鉢を買って来なくっちゃ〜😅
L1010034

鉢屋さんは決めているので…後は選ぶだけ〜

About tlc4yoko

I’m living in Kamakura, Japan with British husband and 3 lovely labs. Tipi passed away on May 13th, 2011, about 12:50. Now she is running around the sky with a healthy young body and visiting us quite a lot. Now we have Boy GR called Fenn.海辺のまち鎌倉にイギリス人の主人と3匹のラブラドールと暮らしています。ティピは2011年5月13日12時50分頃にお空に帰り、病気から解放され元気な身体でお空を走り回っています。私達の所にもよく遊びに来ます。現在は、ChumlyとLunaの下にGRのFennを迎え、若いLunaとFennはイギリスより帰国された磯野麻衣子先生よりイギリスのガンドッグトレーニングを習いトレーニングに勤しんでおります。 (ブログ内に掲載されている写真、画像の無断使用を固くお断り致します。) PINTERESTにペタペタと保存してますので見に来て下さい。 http://pinterest.com/yokoaldred/ 2010年の2月〜2010年7月のブログはmixiを利用しています。
This entry was posted in Uncategorized. Bookmark the permalink.

4 Responses to 涼しくなって…& 夏に咲くお花たち

  1. チャム・リム・Y says:

    リムは、『足の下!』(ウチでは、こういう言い方・笑)が出来たんですけど・・・
    ハウルは、ずっと出来る時と、持続が出来ない時とがあるのです。
    フェン君みたいに、ずっとアンダーさせておく方法(ポイント)・・・とは?
    どうやって、教えられたんですか?
    ほんと、課題が多すぎるわ~・・・と、改めて思ってしまいます~(-_-)ゞ゛

    • tlc4yoko says:

      チャム・リム・Yさん、おはようございます&いつもコメントありがとうございます。

      アンダーのトレーニングについて、梅井先生に伺いました。
      下記の通りに進めてみてください。 しかし、この『アンダー』のトレーニングは『座れ』と言われてずぅ〜〜〜〜っと座っているんだ!『伏せ』と言われてずぅ〜〜〜〜〜っと座っているということが理解できているのが前提です。
      そうでないと、『トリーツ食い逃げ犯』になってしまいます。

      また、もし『アンダー』が出来る様になったら、今度はどこでも指さした所に入れる様に…というステップアップの練習がありますが、またそれは次の機会に…。
      お互いに頑張ろうね〜🎵

      下記は梅井先生より…

      アンダーの基礎トレーニングは
      ベンチに座り、犬を左側でお座りをさせます。
      右手でトリーツを持って、自分の足の下へ誘導します。
      誘導する際に必ず「アンダー」というコマンドで足の下に伏せの姿勢ができるようにします。

      誘導のトリーツを食べてしまうと、その仔によっては、すぐに足の下から脱出しようとしたり
      その場でお座りの姿勢になったりしますので、伏せの際に使うハンドシグナルと「アンダー」のコマンドを同時に出して
      伏せの姿勢を維持させて下さい。維持できていたら誉めて、再度、トリーツを与えます。

      一連の流れは、上記のようになりますが
      その犬の反応や、何を目的に動いているか?もしくは飼い主さんの誘導の仕方に問題はないか?なども確認しなければいけません。
      また、根本的に「お座り」「伏せ」「待て」の基礎トレーニングとコマンドの意味(コマンドが出た瞬間だけ座ること・伏せること・待つことではない)を
      飼い主さんも犬も理解できていないと「アンダー」のトレーニングは上手にできませんので注意して下さい。

  2. チャム・リム・Y says:

    ご丁寧に、ありがとうございます。
    なるほど〜

    やっぱり、基礎からやり直しです。
    ハウル、一通りは出来ると思ってましたが、持続出来ない…ってことは、出来てない…って事なんですね。
    こりゃ、ホントに良い機会になりました。
    自主練しつつ…
    実際に見て頂ける日を迎えたいと思います。
    色々と、ありがとうございました!

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s