Monthly Archives: October 2014

最近の我が家 & 成長するFenn the big boy

Fennはただ今生後、19週目になりました。ただいまのFenn は17キロ弱です。。 我が家に来てからまだ1ヶ月もたっていないのに、もうずぅ〜っと長く暮らしているかの様に暮らしています。 先日、ちょこっと私たち人間の浅はかなミス(我が家はオフィスと自宅が同じスペース内にあるので…)で、Fennの精神面を微妙に揺すぶってしまった一件があり、オシッコを2回程、まったくトレイと関係ない所でしてくれましたっ!! まるで、『ママぁ〜、ボクちんと一緒に居た方が楽しいよ〜』とでも言う様に…。 このBlogを読んで下さる皆様の中でも、パピーをコレから迎えよう賭されている方もいらっしゃるだろうし、今まさに真っ只中!!の方もいらっしゃるはず…。 私も今また体験しているのですが、動物は…そして、動物の赤ちゃんは本当に繊細です。 お洋服を着せなきゃならないって言う繊細さ…ではなく、精神面で、人間の私達が感じる以上に繊細です。 なので、彼らの精神面は真綿にくるんで育児してやって当たり前だと思います。 彼らは眠っては遊び、食べて、オシッコしウンチし…の繰り返し…そしてよく眠りますっ!! ⬇これは朝ご飯を真剣に待っているLunaに『遊んでぇ〜!!』と遊びをしかけるFenn♬ Lunaは遊び所ではなく、本気で真剣にご飯が出て来るのを待っているのですが… こうも誘われちゃあ仕方ないとばかりにベビーシッターしてくれています〜♥ そうそう、先程パピーはよく眠ると書きましたが、眠っているパピーを起こす等、以ての外なのをご存知でしたか? 眠っている彼らは、その間にもメキメキと身体も心も成長しているからです。 よく、私は事ある毎に、やんちゃ盛りや聞き分けのない小さな月齢のお子さんがいらっしゃる家庭にパピーを渡したくないと言うのはそこにもあるんです。 眠っているパピーも小さな子供にしてみたら、起こしたくなってしまう対象ですし…、人間のお母さんだってご自分の子育てと、犬の子育ての2つを両立するのは大変な事だと思うからです。 私がTipiを、息子の手が離れてから迎えたのにもそんな理由があったからです。 我が家のパピー「ボクちんのFenn」…本当によく眠ります… 左手ウルトラマン・ポーズのFenn♥ 本当によく眠ります〜 この時期になってもまだクールボードを使ってますっ!! もぉ寒いでしょ〜って思うのですが、寒くなると『ママぁ〜抱っこぉ〜』と言ってやって来ます。 『良い子ぉ〜』って言うと、お顔をピタぁ〜ッとくっつけて来ますッ♥ おババなママちんとしては、こんな事されちゃうととっても幸せ…♥ ちゃんと、抱っこのお願いポーズもあるんですよ〜(笑) Fennの右前の手を私の肩に乗せるんです…それが抱っこのお願いポーズです(笑) 次回は誰かに画像に納めてもらいますね。 パピーならではのクネクネ・ポーズ 毎日お天気さえよければ、海浜公園で色々な犬にご挨拶して遊んで頂くFenn この日は遊んで頂く前に、Fetch(持って来て〜)の練習をしました。 Fennは言わずとも私の手の平の中に持って来てくれるところがラッキー♬ 最近の我が家ですが、主人が膵炎を煩いまして、私はパピーの育児の他に2頭の成犬の面倒と、主人の看病の生活… ちょっとッて言うかパンパンです〜(><) しかし、親切なお医者さまもいらっしゃるんです…毎日往診をして下さって…本当に感謝しています。 お医者さまがいらっしゃっている最中は、3頭は静かに私の『ステイ』のコマンドに従って居ます。 さすがにパピーのFennは2度程動き、主人の匂いを嗅ぎに行ったりしてしまいましたが、その度に、静かに戻しました。 2度目だったかしら、動いた瞬間に『ダメよ』って言ったら、自分からLunaの横に戻っていました。 私は、ある程度、犬にコマンドを与える事に賛成です。しかし、全てを従わせるのではなく、彼らの頭で考えてもらう事も凄く必要だと思います。 自らが、その場で何をしたら良いかを考えるってすばらしい事だとも思います。 毎日の往診とお薬とお注射で、主人の具合も100%とは言えないけれど、よくなって来ています。 … Continue reading

Posted in Uncategorized | 6 Comments

急にお姉ちゃんになっちゃったんだもんね…のLuna (先住犬の心と身体のケア)

我が家にはパピーのFennの他に、12月で5歳になる「今まで末っ子、ママ命っ!!」のLunaと、やはり12月で11歳になる「みんなが大好き」なChumlyがおります。 パピーを迎えると言う事はパピートレーニングをしたり、トイレ・トレーニングをしたり、パピーに集中して「今!!」教えなくてはいけない事がてんこもり状態の日々を過ごす事になります。 私の集中がパピーにある事は言うまでもなく…、今回はアニマルコミュニケーションを通して、何回もChumlyとLunaには、子育てを一緒にしてもらいたい事をお願いしました。 その結果…と言うのもおかしいけれど、2頭ともとても我慢強く、忍耐をもち、そして彼らの知識の全てを使って、子育てに参加してくれています。 そんな彼らのメンタル(心)とフィジカル(身体)のケアについて、我が家ではどの様にしているかをお話ししようと思います。 パピーを迎えるにあたり、パピーが可愛いのはもう当たり前の話しで…、そして、そのパピーとこのパピーの時期にしっかり向き合っていなくてはならない事を120%理解した上でパピーを迎えるべきだと思います。 先住犬との関係が崩れたりするのも、又、先住犬とパピーとの関係が結べなくなるのも、結局は人間のとる行動次第…って事になります。 基本、我が家は、パピーがしっかり私との関係を結び、きちんと歩ける様になるまで、先住犬達とお散歩を一緒にはしません。 たまぁ〜に、お散歩途中で待ち合わせして…そこから一緒に…って言う事も、今回のFennの場合はたまぁ〜にだけ「アリ」です。 ⬇の画像は途中で合流し、一緒に友人宅まで歩いた日のものです。 パピーのFennがとても落ち着いた穏やかなエナジーをもっている子なので、そのエナジーが先住犬のLuna(恐がり)に良い影響を与え得ると思うからです。 また、先住犬の12月で5歳になるLunaはトレーニングが入っている子(引きが出る事もありますが、上手に歩けます。)なので、一緒に歩く事によって、リードを伝って、Fenn の穏やかなエナジーがLunaに入ります。 2頭ともが、リードをひいている私の事を気にかけています。後で、この写真を見たのですが、とても穏やかなすばらしい時間だったと思います。 先住犬の12月で11歳を迎える熟女Chumlyを信頼しきって甘えていますね…お腹の下から…コレももうすぐサイズ的に出来なくなりますね…(苦笑)まだ「呼戻し」が完璧でないので、パピーのFennはロングリードつきで… 3頭一緒のお外写真はFennがパピーの間は少ないので貴重な我が家 パピーとの関係をきちんとする事もとても大事なのですが、それ以上に気を使わなくてはいけないのが、先住犬との関係性です。 『おねえちゃんなんだから我慢ね…』とか『お兄ちゃんなんだから、このオモチャ、あげなさい』とか『なんでウゥ〜〜とかガゥ〜〜とか言うの、ダメでしょ!!』とか…これら諸々が、人間ではない4つ足の彼らにはまったく分からない話しなんです。 我が家では、犬のお母さん役をLunaがしてくれているので、ガウガウと言って「これ以上やったらダメだよ!」と怒ってみたり、キャヒンと鳴いて「今のは痛いよ〜、そんな風に歯を使っちゃダメ!」とか教育してくれています。 殆ど私は間には入らずLunaに任せていますが、たまにtoo much! Fennくん、そりゃあやり過ぎだよ…って思った時には『ストぉ〜〜ップ!!』と言って介入します。 私の『ストップ!』のコマンドで、Fennは座って私にアイコンタクトします。(たまに「ストップ」を2〜3回言わなくてはならない時もあります。やはりまだパピーですから…) そんなLunaから今朝は何度となく私にサインが送られて来ました。(私はACとかの才能はゼロに近くないと思っています…が、家族の事なら分かる様な気がします。) 『ママぁ〜、ママと一緒に出かけたいよ〜』って。 Fennが来てから、私がFenn の全ての面倒と日中と夜寝る前のLunaとChumlyのお散歩をやっているのですが、Lunaと長く家を離れて遊ぶことがなかったので、Lunaからの催促だったと思います。 この様なサインは見落とさない様にした方がベターです…と言うのも、この先住犬のストレスがいあっまで積み重ねて来た色々の信頼関係を崩しかねないからです。 また、日常の生活からの多大なストレスで、普段は何に対しても攻撃性を見せなかった犬が、攻撃性を見せたり… などなど、犬たちはとても繊細です。 繊細です…と言うと、洋服を着せたり、擬人化する方がとても多い事が悲しくなりますが、犬はとても敏感に人間である私達の心の動きに反応します。 パピーとなればなおの事…、母親や兄弟姉妹から早過ぎる月齢で引き離されたパピーの事を思うと、胸が痛くなります。 パピーは…①遊びたいだけ遊び、②電池切れになった様に寝かせ…、③充分な食事を与え…の繰り返し… 私がお子さんの居る家に、もし私がブリーダーだったとしたら、パピーを出したくないのには、この①〜③が子供から邪魔され損なわれる事が多いからです。 又、パピーを育てる人間殻は120%パピーに集中した時間を撮って貰いたいのに、そこに人間の子育てが入って来ると、ただただガサツな育児になる様に思えてならないのです。 話しが脱線致しましたが… …と言う事で、今朝はちょっとだけお金も持って、Lunaと一緒に出かけて来ました〜♬ 久しぶりの海へ… Lunaの頭の中は、泳げるの??ねぇ、泳いで良いの?? って言う感じかな? でも京は泳いじゃダメなんだよ〜なのです(苦笑) Lunaのニコニコ笑顔…、この笑顔がみたくって出かけて来た様なもんですッ♥ … Continue reading

Posted in Uncategorized | Leave a comment

Fennのオシッコトレーニング①とその他諸々 & the ガールズ

なんだか、FBが便利に使え過ぎてしまい、Fennがやって来てからアッと言う間に3週間が過ぎてしまいました。 しかし3週間だけ??って思う程、Fennは私達家族の中にスポッとフィットしています(笑)…もう、何十年も一緒に生活しているみたいに… アニマルコミュニケーターの太尾和子さんからは、Tipiの魂がFennを通して私の元に帰って来る…それも男の子となって…って聞いておりましたので、先入観があるといけないと思い、今回、Fennを選ぶ際にはそれを知らない主人に任せました。 Tipiは『絶対に直ぐに分かるから!』って言っていたけれど… 主人が選んだのはリッターの中でも一番大きな男の子…、コレから私達が年をとっていくのに力も強くなるであろう男の子…、もしかしたら小さめの女の子の方が良いのではないかって、真剣に悩みました。 でも私がパピー達に会いに行った大分への旅Blogにあげた画像は全てその子(Fenn)の画像だったし…、主人も私も最後まで「その男の子」が気になって気になって…だったので、結局はその子(Fenn)が我が家にやって来た訳ですが… その分、トレーニングをきちんと入れなくてはならない事…、年をとっていく私達の10年後を考えて、嵐の中や大雪の中をオシッコのために外へは行けない(家族も行っては欲しくないだろうから…)から、トイレ・トレーニングをする等…、課題はたくさんてんこもりであります(笑) まず、トイレ・トレーニングについて… 9月26日に羽田空港に降り立ったお坊っちゃまFenn…、実家の母さんの所でもオシッコはオシッコシートでさせていてくれたので、家に到着して直ぐにトイレトレイに連れて行き、コマンドの『オシッコ、オシッコ〜』を私が言いつつ、オシッコ・シートでオシッコを…、 やったぁ〜!!おりこ〜ちゃん!!と直ぐにその場で、これもタイミング良く、ご褒美をあげます!! このトレーニングのポイントは、私のコマンドで、いつ&どこでも、ゆくゆくはオシッコなりウンチをして貰う。 そして、オシッコやウンチをした場合、即座に必ず!!ご褒美のオヤツをあげる!! これは絶対にあげなくてはいけないオヤツと言うか報酬です!! 何か、人間の都合でさせたりする場合には、必ず報酬がある!それを貰うのは当たり前の事だと思います。 …しかし、天才パピーFennと思いきや…Fennもやはり誰とも変わらないパピーちゃんでありまして…、大分の母さんの所とは勝手が違うじゃないか!…とばかりに、その後のトレーニング中に、数回ミスってくれました…。 Fennのトイレ・トレーニングについて書き出す前に、コレだけは言っておきたい!! 『パピーや成犬…どちらでもかまわないけれど、トイレ・トレーニングの間違えの原因は全て人間の気づきの遅さにあります。』 ⬆の事は人間がコツをつかみ、トレーニングに集中さえすれば、トレーニングは気持ちよく入って行きます。 よく、間違えたオシッコの場所に怒り狂って犬や仔犬を連れて行き、たたく…と言うのを聞いた事がありますが、それは虐待です。 赤ちゃんをおむつから卒業させたい時に、間違えたからって誰がたたきますか?? それとまったく同じかそれ以下の事をしている人間がいかに多いのか…本当に悲しくなります。 トイレ・トレーニングにしても、トレーニング全てに置いて、成功した事を褒めて行く事が一番強く早くに入るトレーニングです。 大体、『うちの子は…バカなので…』って言ってる人間を見ると、バカ面してますものね。 何しろ、犬を大切に扱って欲しい…犬をバカ呼ばわりしないで欲しい…パピーは本当に大切に扱って欲しい!!…とFennを迎えた事によりより一層、強く感じる様になりました。 あ、また余談になりましたので…もといっ!! Fenn のトイレ・トレーニングで用意したもの。 ①ペピイ:アルミパネルトレイ(背の高いものと低いもの両方…最初に買ったのが背の高い物で、Fennはそのアルミパネルが怖い様で…結局外しました…、現在使っているのは低い方です。) ②アイアンバロン:業務用トイレシート(新聞見開きサイズと小さめのもの2サイズ) ③WishWood:サークル1250mm×1250mm(画像とは違いますが色はオフホワイトにしてカスタムで我が家に合う様にしました。) さてさて、9月26日に到着し、トイレ・トレーニングを開始したのですが、何でも最初が肝心!! コマンドでオシッコやウンチをしたら直ぐにご褒美!!は先にもお伝えしたのですが、結局、最大のご褒美は『お外に行く!!』です!! なので、オシッコ&ウンチをシートの上でしたなら、お外へ行けます。 それが何時であろうと、Fennが慣れるまでは続けます。 到着した日は夜になって、オシッコは何度かオシッコシートで済ませていたので、リラックスさせるために海浜公園で草の匂いを嗅いだりさせに行きました。 まだまだ、何が起きているのかFenn の頭では分かっていない…、いずれ、大分の母さんが迎えに来てくれるはず!!と思い込んでいるのが感じられるので、到着のその日はFenn はウンチが出るまで、リビングのトイレ・サークルの中に居てもらう事に…。 私は、Fennの一挙一動が見える様にソファで仮眠… 結局、一晩、Fennはウンチをせず…朝を迎えました。 … Continue reading

Posted in Uncategorized | 4 Comments