Monthly Archives: February 2015

誰のお散歩??って言われない様にしよ〜ねっ!!

このBlogはFacebookを読み返し、2015年11月から12月の間にFennとしてきたトレーニングや子育て、躾の内容を思い出し綴っています。 実際のFennは明日の2月12日で8ヶ月…今日の体重は30.55kgです。 去勢手術の事もおいおい書いていこうと思いますが、無事に済ませ、来週抜糸予定です。 街の中でよく見る光景なのですが、ご愛犬があなたよりも前をぐんぐん歩き、人間はピィーンと張ったリードの後ろをついて歩く…なぁ〜んてシーン、やっぱり見苦しいですよね…。 犬と暮らすことを決められた以上、しっかり直すべきだ…って思いながら、私も日々、Fennが引っ張る子にならないようにと、トレーニングに励んでおります。 前回のBlogでご紹介したトレーニングのCome! (おいで)と、今回は『Leave it! 』(放っておきなさい!)を覚えてもらうと、上記の引っ張り防止にとても役立ちます。 生後4ヶ月〜6、7ヶ月のFennとのお散歩は、毎回がトレーニングの要素を組み込んだものです。 そして4ヶ月の頃は、まだまだ『ママが一番』なので、この頃にしっかり『Come!』 のトレーニングをしておくことが肝心です。 何と言っても、この時期に教えてしまうほうが、先々になって、『ママ以上におもしろいもの』が出てからよりも簡単だということです。 この言葉は、Fennが臭い取りに夢中になってしまっている時など、わざとFennから離れ、呼び戻すときに使うのですが、お散歩時には私の その次に覚えてもらわなくてはならない言葉に『Leave it!』(放っておきなさい!)です。 この言葉は、Fennが「臭い取りに一生懸命になりそうな時」や「くんくんと臭いを会で欲しくないもののそばに行きそうになった時」「人や犬にしつこくしている時」や「それをしそうになる時」などなど、犬生においてたくさん言わなくてはならない言葉の一つです。 Fenn とのお散歩トレーニングにおいて『アっ!なんかある!!』と私の横のヒールポジションからそれたFennに私は止まり、伸びたリードがピィ〜んと張る前に私が一緒に動いていないことに気がついて自らFennが戻ってくる様なら100点満点!! そして、戻って来ようとする「瞬間」のFennに向かって『Come!』と言う事もとても大事で、私の所に戻って来る事が『Come!』なんだと言う事を教えるトレーニングの強化となります。 この頃は横についた時に『ヒール』と言っていましたが、『ヒール』のトレーニングとしてはまだ始めていませんでした。 この時期は、私の横を歩くことが楽しい事だと言うことを徹底して教えていました。 お散歩時には『Drop it』『Come』 と『Leave it』を日々強化して歩きました。 この時期に、トレーニングと同じくらい大事なのが『社会化』です。 たくさんの犬たちと関わることで、自分のおかれている状況を理解するようになったり、また、喧嘩にならないように回避できるようになったり…社会化が上手く出来ている事で、その子の犬生に置ける行動範囲が広がっていきます。 Fennはこの時期に、ラッキーな事に同じ湘南エリアに住む姉妹犬で、実家にいる時からの大の仲良しのHokulani(ホクラニ)ことHokuとHokuのお姉ちゃん犬Leia(レイア)と海岸で遊び、その海岸に集まる犬たちにとても良い社会化の場を貰いました。 前てぃな、後ろFenn 姉妹犬のHokuと海を走るFennフリスビーでも遊んでみた… Hoku に内緒話しをするFennトレーニングを入れることに関して、同じような思いでいる人が自分の周りに居てくれる事の楽しさ…、Hokuママはお空に還した先住犬と一緒に競技会に出られ、チャンピオンを取られています。 なので、こんな広い海岸で『あぁ〜、Fennあんなところで何かクンクンやってる〜』って遠くから思っても、その場にHokuママがいらっしゃると、Fennをきちんと叱ってくださいます。 本当にありがたいです。 トレーニングの強化をしてくださっているHokuママと左からChumly、FennそしてHoku トレーニングの強化その役が私の時もあります…みんなが同じ思いだったら、一気にトレーニングできるのにね… 左からHoku, Fenn, そして奥がご褒美をもらっているLuna … Continue reading

Posted in Uncategorized | 2 Comments

Drop it!! (出して) & Come! (おいで)、それと最近購入した犬グッズ優れもの

Fennを我が家に迎え4ヶ月が過ぎました…、でも、たったの4ヶ月ちょっとしか経っていないのに、なぜだかもぉずっとずう〜っと一緒に暮らして来たかの様な気がします。 その間、Facebookに写真とコメントをアップするのが本当に簡単で、ブログ更新をサボっていましたが、やはりこれも記録なので、去年の11月くらいからの事をちょっとお話ししていこうかと思います。 去年の11月初旬、主人が膵炎を患い…これはとても初期だったのがラッキーで数ヶ月お薬を飲むだけで済みましたが…、その後、膵炎を患って寝込んでいたことが原因で、エコノミー症候群ととても似ている「深部静脈血栓症」になり、救急車で彼を病院に運び19日間の入院生活となりました。 夜中に救急車を呼ぶって本当に心細かったぁ〜 入院中の彼の支えはiPhoneのFacetimeで見る我が家の4つ足の家族と人間の家族のみんなの笑顔だったと思います。 我が家のその頃の4つ足たち…Fennがまだ幼顔…❤︎ そして、こちらも幼いTaroちゃん❤︎ そして、こうして家族みんなでお見舞いに来てくれたKeisukeの家族たち… こんな事があったので、Fennを迎え1ヶ月ちょっとした頃から、私はFennのトレーニングと主人の入院する病院通いに日々追われ、11月は何をしたのかまったく思い出せません。 Facebookを頼りにこの頃何をFennにしていたかを思い出すと、トイレトレーニングの強化…これについては前回のブログでご紹介しましたが、まだまだ引き続き頑張っておりました。 そして、この頃はお外のお散歩の時に、大好きな枝を咥えたり…枝ならいいけれど、咥えて欲しくない物などもたくさん道には転がっているので、口に入れたものを『出して!』の練習が始まりました。 我が家は『Drop it!!』(だして!)のコマンドで出してもらいます。 そして、名前を呼ばれて私の元に来る…、これは呼び戻しのトレーニングの出発地点ですね。 名前を呼ばれてもムシャクシャと公園で草を食べたりしているFennや、ボールをフェッチしておいでと走り出すFennですが、ボールがある所ら辺の匂いが気になり、フェッチして帰るのをわあすれてしまったFenn…、そんなFennとは反対方向にスタスタと歩き去る私に『えぇ〜、ママぁ〜!!』って走って私の元にやって来るFennがとても可愛かったのを思い出します。 この2つのトレーニングは、Fennの犬生、彼の命をも守るであろう、とても大切なトレーニングです。 『Drop it!』(だして!)の練習…口にしてはいけないもを口にした時にちゃんと出してくれるのは本当にありがたい、このトレーニングも、Fennの生涯をもってやり続けるトレーニングです。 [… sVOrTxSt] ボール遊びの中でも、呼び戻しのトレーニングは欠かさず入れ込みます。呼び戻しがきくことで命を救えるかもしれないのですから… 長毛のFennのシャンプーの日のお役立ちグッズを購入しました。 メトロポリタン社のエアーフォースコマンダー 2年保証付き、そして温風で水分を吹き飛ばしてくれます。 この季節になるとティピの闘病生活を思い出します。 毎日、みんなで民族大移動のように、幼いLunaも一緒に通院しました。 お空にいるティピの仲間たち…、お時間あったらぜひお参りしてあげて下さい。 ♥フィリー姉♥  ♥エス姉♥ ♥ ダスティ♥ ♥︎シーラ♥︎ ♥︎りんちゃん♥ ♥ れんちゃん♥ ♥ るんちゃん ♥ そして我が家の♥ティピ♥…は森の墓地にいまぁ〜す。 お時間あったら、お参りしてあげて下さいませ… そして、こちらは私のFacebook!! https://www.facebook.com/yoko.aldredyasuda 4つ足の君たちの為に出来る限りの情報発信を続けています。 お時間あったらぜひどうぞ〜

Posted in Uncategorized | 2 Comments